新幹線 子供料金

新幹線の子供料金について

新幹線に子供と一緒に乗る時、知っておきたいのが、子供料金の年齢区分と料金。
ここでは、子供料金について解説していきます。

 

まず、JRで定められている子供料金について確認しておきましょう。

おとな 12歳以上(小学校卒業前の12歳は「こども」)
こども 6歳から12歳未満(小学校入学前の6歳は「幼児」)
幼児 1歳から6歳未満
乳児 1歳未満

このように定められています。

 

「おとな」はもちろん大人料金。
中学生以上であれば大人料金が適用されます。(学生は条件を満たせば学割利用可)

 

では、子供料金はどのように設定されているのでしょうか?

 

新幹線の子供料金の設定と注意点

「こども」料金

基本的に「こども」の区分に当てはまる小学生は、大人料金の半額です。
新幹線を利用する際も、自由席・普通車指定席を利用する場合は、大人料金の半額

 

しかし、注意しなければならないのは、グリーン車に一緒に乗る場合。
小学生が一人でグリーン車に乗ることはないと思いますが、同伴の場合にグリーン車に乗って座席を利用すると子供料金は適用されません
グリーン車の場合は小学生でも「大人料金」が必要です。(乗車券は子供料金)

 

 

乳児・幼児の料金

原則、乳児・幼児は新幹線は無料です。

 

ただし、以下の場合に「こども」の料金になりますので注意が必要です。

■「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合
この場合、3人目から「こども」の料金が必要。
お母さん一人で、幼児を3人連れて乗る場合、2人分は無料、1人は「こども」扱いということですね。

 

■幼児・乳児が一人で指定席・グリーン車を利用する場合
例えば、両親と幼児一人が一緒に指定席に乗る場合、抱っこして乗れば無料、1席確保すれば「こども」の料金ということですね。

 

■幼児が単独で乗る場合
駅のホームまで見送り、一人で新幹線に乗せる場合は「こども」の料金。

 

 

小学生の子供を連れて一緒に新幹線に乗る場合、幼児を連れて指定席に乗る場合など、いくら料金が半額とはいえ、楽しい家族での旅行も出費が大きいですね・・・。

 

そんな家族での旅行におススメしたいのが、日本旅行『新幹線&宿泊』プラン
子供同伴での設定もでき、全てネットで予約することができます。
何しろ、新幹線往復&宿泊の合計料金が抜群に格安なので、一度価格をチェックしてみてください。
ほとんどの区間では、これが新幹線に最も格安に乗る方法です!

 

子どもが乳幼児の場合は、自由席を利用しても安いですが、このプランの方がもっと格安です。