新幹線 回数券

新幹線回数券の購入方法は?

新幹線の「回数券」は、決まった区間を行き来する機会が多い人、家族など複数で同じ区間往復する場合に、お勧めしたい格安きっぷの一つです。
ここでは、JR各社が発売する「新幹線回数券」についてわかりやすくご紹介します。

 

「新幹線回数券」とは

「新幹線回数券」とは、JR各社が発売する「新幹線で使える特別企画乗車券」のことをいい、「グリーン車用」「普通車指定席用」「普通車自由席用」があります。
これらの回数券には、「乗車券+特急券の2枚つづり」、「20枚つづり」(東京〜大阪のみ)のものなどいろいろなタイプがありますが、「6枚つづり」のものが最も多く販売されています。

 

金券ショップで販売している「新幹線格安チケット」も、ほとんどはこの回数券。
利用方法などは全て回数券のルールと同じです。

 

「新幹線回数券」の特徴は

回数券は通年で発売されており、有効期間は3ケ月に設定されています。
また、繁忙期(4月27日〜5月6日、8月11日〜20日、12月28日〜1月6日)には利用することができない他、途中下車もできないなどの決まりがありますので、利用する前にはJRのサイトで確認しておくことをお勧めします。

 

 

「新幹線回数券」の購入方法は

「新幹線回数券」の購入は、JR駅の窓口や提携先の旅行会社などでも購入可能で、利用日時がわかっているときは、同時に座席指定をすることもできます。
また、「金券ショップ」でも「新幹線格安チケット」として売っている回数券を購入することができます。
この場合、自由席の回数券はそのまま乗車することができますが、指定席の回数券の場合は、駅で座席指定を受けてから新幹線に乗車します。

 

 

「新幹線回数券」の払戻しは

新幹線回数券の払戻しを希望する場合は、有効期間内のもので、表紙をともなう全券未使用の場合のみ払戻し可能です。
なお、金券ショップで購入した回数券は、駅の窓口では払戻しができませんので注意が必要です。

 

 

普通料金よりは多少格安に新幹線に乗ることができる回数券。
利用する時は、「有効期限」「利用可能日」の確認をお忘れなく!

 

新幹線の回数券はお得か?

新幹線の回数券は通常料金に比べればもちろん格安です。
しかし、回数券を使うと本当にお得なのか?

 

実際の料金を比較してみましょう。

 

例1.東京〜姫路

東京〜姫路間の指定席回数券は6枚で89,820円(1枚あたり14,970円)。
通常料金16,160円と比べると1,190円格安です。

 

しかし、この区間では往復割引やエクスプレス予約なども使えます。
往復割引なら片道の料金は15,170円と回数券の方が安いですが、エクスプレス予約の料金は14,920円と回数券より50円安いです。
さらに、エクスプレス予約のIC早特を使うと13,890円なので、回数券より1,080円安くなります。

 

例2.大宮〜仙台

大宮〜仙台の指定席回数券料金は6枚で58,020円(1枚あたり9,670円)。
通常料金10,360円と比較すると、690円格安です。

 

大宮〜仙台では、えきねっと「トクだ値」、「モバイルSuica特急券」でも格安に新幹線に乗ることができます。
えきねっとの「お先にトクだ値」なら30%割引で7,240円、35%割引で6,730円。
「えきねっとトクだ値」の10%割引で9,310円、15%割引で8,790円。
「モバイルSuica特急券」の「モバトク」でも9,570円、「スーパーモバトク」なら8,600円。
いずれも回数券を利用するより格安です。

 

 

このように、会員制の割引予約などと比べると、回数券の料金は安いとはいえません。
当然、トップページ(新幹線に最も格安に乗る方法)のように往復・1泊で比較すれば新幹線ツアーには勝てません。

 

 

回数券はこんな場合に有効

会員制予約に登録していない場合や、3人で同じ区間を日帰りで往復する時、6人で片道新幹線・片道飛行機で往復する時などには有効です。
その他の場合、会員制予約新幹線ツアーを利用した方が格安です。