新幹線 格安切符 年末年始・GW・お盆

GW・お盆・年末年始に使える切符と使えない切符

JR各社が発売している新幹線の「お得なきっぷ」は、購入できる期間、予約変更の可否、利用できる条件なども含め、いろいろな利用規定があります。
その一つに、使用できる期間があり、GW・お盆・年末年始に使える切符と使えない切符があります。

 

ここでは、GW・お盆・年末年始に使える切符と使えない切符についてご紹介します。
まずは、JRが定める繁忙期について確認しておきましょう。

 

JRの定める繁忙期とは?

新幹線切符には時期に関する設定があり、「通常期」「閑散期」「繁忙期」という時期があり、「閑散期」「繁忙期」には、それぞれ特急券の料金が変わります。
さらに、そのJRが定める繁忙期の中でも、特に混雑する時期(4月28日〜5月6日、8月11日〜20日、12月28日〜1月6日)には利用できない切符があります。
いわゆる、最も新幹線が混雑するゴールデンウィーク・お盆・年末年始の期間のことですね。

 

当然ですが、特に料金が安いきっぷはこの期間には使えないことも多く、通常ほど格安に新幹線に乗ることはできません。
新幹線でお得なきっぷを利用するときには、この利用できない期間の確認は重要です。

 

繁忙期中の(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始)に使えない切符の例
■回数券
回数券はゴールデンウィーク・お盆・年末年始の利用ができない仕組みになっています。
また、「金券ショップ」の新幹線格安チケットは「回数券のバラ売り」がほとんどで、基本的にこの期間には利用することができません。

 

■JRで販売している「お得なきっぷ」の一部
東京ディズニーリゾート往復きっぷ、九州往復割引きっぷなど・・・。
(切符ごとに確認が必要です)

 

繁忙期に使えない切符はある?

JRの定める繁忙期は、3月21日〜4月5日、4月28日〜5月6日、7月21日〜8月31日、12月25日〜1月10日の各期間。
学校でいう春休み・GW・夏休み・冬休みに当たります。
ただし、夏休みや冬休みでも、特定の切符が利用できないお盆・年末年始の期間を外せば、この繁忙期内でもほとんどの「お得なきっぷ」の利用は可能です。
家族旅行などでも時期の変更が可能な方は、時期を少しずらせば格安に家族旅行に行くことができます。

 

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始に使える新幹線の割引切符とは?

事前予約できる新幹線切符には、利用に際しての注意事項が記載されていますので、「お得なきっぷ」独自のルールが優先して適用される形になります。
そのひとつ、JR西日本の「こだま早特往復きっぷ」には、「ゴールデンウィーク、お盆、年末年始にもご利用いただけます」との記載があります。
そのほかの「お得なきっぷ」についても、予約の際に確認することをお勧めします。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始でも使える切符の例
■通常の切符
当然ですが、駅の窓口や券売機で購入した切符は使用可能。

 

■JRで販売している「お得なきっぷ」の一部
のぞみ早特往復きっぷ、ひかり・こだま自由席用早特きっぷなど・・・。

 

「ゴールデンウィーク・お盆・年末年始に使えて、しかも格安な新幹線の切符」
普通に考えれば、誰もがそれを利用しようとするので、早めに購入しないと売り切れてしまいます。

 

なお、「えきねっと」「エクスプレス予約」などの会員制割引サービスや、格安な新幹線ツアー(ホテルパック)は繁忙期中はもちろん、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始でも利用可能です。
通常期等に比べれば料金はアップしますが、それでも駅で切符を購入するより安いことには変わりありません。

 

年末年始やお盆にはJR・新幹線で使えない格安切符に注意!関連ページ

新幹線切符の購入方法
新幹線切符の購入方法について。新幹線を初めて利用する方、少しでも新幹線に格安に乗りたい方、新幹線切符購入前に参考にしてください。
格安予約方法は?
新幹線の切符は格安に予約できるのか?新幹線切符の事前購入から、会員制ネット予約サービス、ツアーのネット予約の方法について解説。
新幹線は電話予約可能?
新幹線の電話予約について解説。JR西日本とJR九州の電話予約で料金は安くなるのか?ネット予約がいいのか、それとも電話予約がいいのか?
新幹線乗車券・特急券
新幹線料金の仕組みについて。新幹線の乗車券・特急券についての解説。初めて新幹線に乗る方、久しぶりに自分で切符を購入する方必見です。
新幹線の空席確認方法
新幹線の空席状況は確認することができるのか?ここではJRサイバーステーション他、新幹線の空席を調べる方法を紹介します。