新幹線 格安 往復

新幹線を格安にする往復きっぷ

新幹線には、片道で安く乗れる方法もあれば、往復が条件で安く乗れる方法もあります。

 

ここでは、往復することで料金が安くなる方法に絞ってご紹介していきます。
同じ区間を往復する方、途中下車などをお考えの方も参考にしていただければと思います。

 

往復で新幹線料金を格安にするには?

新幹線料金を安くすることができるものにはいろいろありますが、金券ショップで売っている格安チケット、エクスプレス予約やえきねっとなどの新幹線予約サービスの割引などは、往復することが条件ではないのでここからは省きます。

 

では、同じ区間の往復が条件で料金が安くなるものをご紹介しましょう。

 

往復タイプのお得なきっぷ

JRが販売している「お得なきっぷ」や「トクトクきっぷ」の中には、同じ区間の往復が条件で安くなるものがあります。
例えば、JR東海で言えば、『のぞみ早特往復きっぷ』『九州往復割引きっぷ』『東京ディズニーリゾート往復きっぷ』など。
JR西日本で言えば、『こだま早特往復きっぷ』『東京往復スーパー早特きっぷ』など。
JR九州で言えば、『東京往復割引きっぷ』『九州新幹線&のぞみ早特往復きっぷ』など。

 

これらは、他にも条件はありますが、同じ区間の往復が条件で料金が安くなります。
格安な分、制限も多く、途中下車もできませんし、変更もできません。

 

 

新幹線ツアー

トップページで料金を比較していますが、新幹線を使った旅行代金が最も安くなるのが新幹線ツアー。
旅行会社によっては区間の変更はできるものもありますが、利用する区間は行きも帰りも同じ区間で、新幹線の途中下車も途中乗車もできません。
往復同じ区間新幹線を利用し、ホテルも予約しなければならない方にはおススメです。

 

 

往復割引

片道の距離が600キロを超えるような長距離の時に利用できる往復割引。
同じ区間の往復が条件ですが、唯一途中下車&途中乗車することができます。
事前に予約・購入する必要もなく、利用する当日でも割引が効くのがこの制度。
条件をクリアすれば、全国どこでも使え、学割と同時に使うこともできます。

 

 

同じ区間の往復が条件で安くなる方法は、大きくわけるとこの3つ。
しかし、利用できる範囲は大きく違います。

 

最も広い範囲で利用できるのは「往復割引」。
JRの元々の割引制度なので、距離の条件をクリアすれば全国で利用することができます。

 

次に広い範囲をカバーしているのは、新幹線ツアー
主要都市間の往復なら、全国の多くの都市をカバーしています。
しかし、旅行会社の設定次第なので、利用できる都市とそうでない都市、料金が抜群に格安な区間もあれば、大差がない区間もあります。

 

最も範囲が狭いのは、「お得なきっぷ」。
JRが区間を設定しているため、お得なきっぷがある区間とない区間があります。
特に利用者が多い、東京と名古屋・京都・大阪の間には格安なきっぷは存在しません。
それでも、長距離で利用する場合など、設定がある区間で利用すると料金はかなり格安です。

 

新幹線での往復時に使いたい!お得&格安な往復きっぷ関連ページ

新幹線切符の購入方法
新幹線切符の購入方法について。新幹線を初めて利用する方、少しでも新幹線に格安に乗りたい方、新幹線切符購入前に参考にしてください。
格安予約方法は?
新幹線の切符は格安に予約できるのか?新幹線切符の事前購入から、会員制ネット予約サービス、ツアーのネット予約の方法について解説。
新幹線は電話予約可能?
新幹線の電話予約について解説。JR西日本とJR九州の電話予約で料金は安くなるのか?ネット予約がいいのか、それとも電話予約がいいのか?
新幹線乗車券・特急券
新幹線料金の仕組みについて。新幹線の乗車券・特急券についての解説。初めて新幹線に乗る方、久しぶりに自分で切符を購入する方必見です。
新幹線の空席確認方法
新幹線の空席状況は確認することができるのか?ここではJRサイバーステーション他、新幹線の空席を調べる方法を紹介します。
年末年始・GW・お盆は注意
JR新幹線の繁忙期に使える切符と使えない切符について解説。ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の新幹線旅行の前にぜひご確認ください。
乗り換え切符の購入方法
JR・新幹線の乗り換え・乗り継ぎ切符の購入方法を解説。切符の購入方法によっては、乗り換えが簡単な方法と面倒な方法も。最も楽でお得な乗り換え切符の購入方法とは?