新幹線 格安切符探し方

新幹線の格安切符・割引切符の探し方

新幹線には、通常の料金より安く乗れる方法がいくつかあります。

 

しかし、それをどうやって探せばいいのか?
また、どんな場合に、どんな方法を使って新幹線に乗ったら格安になるのか、しっかり調べて比較しない限りはなかなかわかりません。

 

そこで、このページでは、新幹線の格安切符・割引切符の探し方と、どんな場合にどんな方法を使えばいいのか、簡単なガイドラインをご紹介したいと思います。

 

新幹線の格安切符・割引切符を探す順序

新幹線に安く乗れる方法は大きく分けて5つあります。
順にご紹介していきましょう。

 

1.新幹線ツアー

往復新幹線とホテルがセットになった新幹線のツアー
利用できる区間や列車、ホテルにある程度の制限がありますが、料金的には最も格安です。
特に、東海道・山陽新幹線で利用すると、他の方法より安いです。

 

おすすめの格安な個人手配型新幹線ホテルパック

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

2.お得なきっぷ

JR東海・西日本・九州で販売している「お得なきっぷ」。
JRが販売している正規の割引切符で、使える区間や条件は予め設定されています。
料金的にはツアーほど安くありませんが、中には本当にお得感たっぷりなきっぷもあります。

 

3.会員制予約サービス

エクスプレス予約・プラスEX・e5489・JR九州インターネット予約サービス・えきねっとなどの会員制予約サービス
事前に会員登録し予約すれば、通常の料金より安く切符を購入することができます。
特に、JR東日本の新幹線は、割引率の高い切符を購入できれば、この方法が最安値です。

 

4.JRの割引制度を使う

往復割引・学生割引などのJRの割引制度
適用される条件が決まっており、その条件に該当すれば割引料金で新幹線に乗ることができます。
年末年始やお盆など年中利用可能ですが、料金的には大して安くはありません。

 

5.新幹線格安チケット

チケットショップで販売している格安チケットは、回数券の1枚売りがほとんど。
利用できない期間があり、有効期限があることにも注意が必要です。
「格安チケット」という名前が付いているので安いイメージがありますが、料金的には大して安くはありません。

 

 

例外もありますが、基本的にはこの5パターンから探すと新幹線に安く乗ることができます。
料金的に安いのはこの順ですが、例外もあれば、ケースによって異なる場合もあります。

 

そこで、次にケースごとに方法の選び方をご紹介していきましょう。

 

【ケース別】新幹線格安切符の選び方

宿泊を伴う場合

宿泊する場合、特に東海道・山陽新幹線を利用するなら、新幹線ツアーが圧倒的に安いです。
基本的に最も安いのは新幹線ツアーですが、東北・上越新幹線などを利用する場合、会員制「えきねっと」で割引率の高い切符(お先にトクだ値)を往復購入した方が安い場合もあります。
また、年末年始やお盆など、事前にツアーの予約ができなかった場合なども、会員制予約サービスの方が安い場合もあります。

日帰りの場合

日帰りの場合、会員制予約サービスの会員の方は、早めに予約することでさらに安く新幹線に乗ることができます。
会員でない方は、まずお得なきっぷを探してみましょう。
探してみて利用する区間に設定がなければ格安チケットを利用すると若干安くなります。

新幹線と在来線を乗り継いで往復する場合

この場合も、新幹線ツアーが安いです。
新幹線ツアーによっては、全国の新幹線と在来線を同時に予約することもできるので、当日の乗り継ぎも簡単です。

 

乗り継ぐ場合は割引がなかなか効かず、乗継割引・往復割引などのJRの制度や一部のお得なきっぷ以外には割引が効きません。

行きと帰りの乗車区間が違う場合

往復の乗車区間が違うと、ツアーや往復割引が使えません。
こんな場合は、まず片道のお得なきっぷを探してみましょう。
該当区間のものがあれば、お得なきっぷや格安チケットを組み合わせて利用しましょう。

 

また、予約サービスの会員の方は、往復で利用区間が違っても全く問題ありませんので、通常通りの予約でOKです。

子連れ家族旅行の場合

基本的にはツアーが安いのですが、自由席を使った方がいい場合もあります。
それは、小学生未満の幼児の座席を確保する場合です。
指定席で座席を確保すると、子供料金がかかりますが、自由席の場合は無料です。
自由席を利用する料金と、ツアーの料金を比べてみましょう。

 

以上、簡単にいくつかのケースで考えてみました。
この他にもいろいろなケースがありますが、基本的には上の1〜5の順に料金を調べていくといいですね。

 

新幹線格安トップページで料金を比較していますので、こちらも参考にしてください。