東海道・山陽新幹線 格安

東海道・山陽新幹線に格安に乗りたい方へ!

東海道・山陽新幹線には、いくつか料金を格安にする方法があります。
どちらかといえば、その種類は東北新幹線などに比べて多いです。

 

しかし、一部の方法を除いては「多少安くなる程度」なので、本当に格安に東海道・山陽新幹線に格安に乗ろうと思えば、その手段はしっかり選ばなければなりません。

 

では、東海道・山陽新幹線で利用できる方法を全てご紹介します。

 

東海道・山陽新幹線の料金を格安にする全ての方法

東海道・山陽新幹線には、以下の方法で通常料金より格安に乗ることができます。
東海道・山陽新幹線の場合、新幹線ホテルパック抜群に格安なので、宿泊する方は必ずチェックしておきましょう。

 

エクスプレス予約

会員制割引予約「エクスプレス予約」が利用できるのは、東京〜博多間の東海道・山陽新幹線全線。
それ以外の区間では利用できません。

 

エクスプレス予約を利用するには、エクスプレスカードまたはJ-WESTカードが必要で、申し込んでから2〜3週間の時間がかかります。
基本的には、1人で利用する時には専用ICカードを使い、家族などで利用する時にはチケットを発券して利用します。

 

料金的には、金券ショップの格安チケット回数券)と同じくらいですが、「早特」で予約すると安くなります。

 

e5489

JR西日本の列車予約サービスで、山陽新幹線・九州新幹線の他、北陸新幹線(北陸発)や在来線の特急など幅広く予約することができます。
「J-WESTネット会員」になると、格安な切符の選択肢が増え、「J-WESTカード」を利用すると、エクスプレス予約も利用可能です。
料金的には、「J-WESTネット会員」になれば格安なきっぷを購入できますので、利用する区間・条件に合えばお得です。

 

お得なきっぷ・トクトクきっぷ

JR東海の「お得なきっぷ」、JR西日本の「トクトクきっぷ」は、駅や旅行会社で誰でも購入できます。
それぞれ利用できる範囲が違い、「お得なきっぷ」は東京・名古屋方面など東海道新幹線からの出発、「トクトクきっぷ」は大阪・広島など山陽新幹線からの出発。

 

多くの種類の割引きっぷがありますが、それぞれ購入期限や設定区間が違います。
料金的には、利用したい区間にきっぷの設定があればお得です。

 

格安チケット・回数券

回数券も「お得なきっぷ」に含まれますが、複数枚単位で売っているので、1人では使いにくいのが難点。
ところが、金券ショップなどで1枚単位で販売されており、回数券の設定がある区間であれば、金券ショップで1枚から購入可能です。
それが「新幹線格安チケット」。

 

料金的にはそれほど安いわけではなく、通常料金の1割引前後が多いです。

 

新幹線ツアー(ホテルパック)

東海道・山陽新幹線には、いくつかの方法で安く乗ることができますが、劇的に格安なわけではありません。
ところが、この新幹線ツアー(ホテルパック)の料金だけは格安
同じ区間を往復し、1泊以上宿泊するなら、ほとんどの場合はこれが最も安いです。
参考ページ:新幹線に最も格安に乗る方法

 

おすすめの新幹線ホテルパックツアー⇒日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

 

その他の割引

JRの割引制度(学割・往復割引など)は当然利用することができます。
もちろん、株主優待券や「ぷらっとこだま」などツアー以外の旅行商品も利用することができます。
また、自由席を利用しても、指定席よりは安くなりますが、他の方法ほど安くはなりません。

 

 

以上、東海道・山陽新幹線で利用できる方法を挙げましたが、それぞれ設定区間やルールが違います。
往復・片道など、どのように新幹線に乗るかでも、全く利用できる手段も違いますので、各自利用できるものを選んで活用しましょう。