「モバトク」で新幹線に乗る!予約方法と料金・座席は?

チケットレスで新幹線に割引料金で乗れるモバイルSuica特急券
乗車当日に新幹線を予約しても「モバトク」で、必ず料金は安くなります。

事前予約が必要な「スーパーモバトク」ほど安くはありませんが、使いやすいのは「モバトク」でしょう。

ここでは、モバイルSuica特急券「モバトク」の列車・区間・料金の他、予約方法・使い方や注意点などもわかりやすく解説します!

「モバトク」とは?

「モバトク」とは、モバイルSuica特急券での予約・購入方法の1つで、スマホ等を利用してチケットレスで改札を通り、新幹線に乗ることができます。
利用できるのは会員登録した本人のみですが、新幹線料金は通年で割引になります。

「モバトク」が使える列車・区間は?

「モバトク」が利用できるのは、東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線
東海道・山陽新幹線(エクスプレス予約利用の場合を除く)と九州新幹線には、基本的には乗れません。

「はやぶさ」「こまち」など全列車で利用が可能。
普通車指定席・グリーン車に加え、グランクラスの予約も可能。
指定席と料金は同じですが、自由席に乗ることもできます。

 料金はいくら安くなる?

「モバトク」を利用すると、料金はどれくらい安くなるのか?
いくつかの区間で、通常きっぷと料金を比較してみます。

区間 通常きっぷ モバトク 差額
東京-宇都宮・高崎 4,930円 4,210円 720円
東京-福島 8,750円 8,230円 520円
東京-仙台(はやぶさ) 11,200円 9,970円 920円
東京-新潟 10,570円 8,690円 1,880円
東京-金沢 14,120円 13,380円 740円
東京-山形 11,340円 10,180円 1,160円
東京-秋田 17,290円 15,540円 1,750円
東京-新青森 16,840円 15,430円 1,410円

普通車指定席利用時の料金と差額です。
料金は特別安くなるわけではありませんが、回数券や学割を除いて東京-仙台で「はやぶさ」の料金が安くなるのは「モバトク」くらいです。

この他の区間の料金と差額も簡単に調べることができます。
公式サイトJR東日本「モバイルSuica特急券のお値段検索

年末年始・GW・お盆も料金は同じ

 

「モバトク」の料金は一年中同じ料金なので、年末年始・GW・お盆も同額。

もちろん、繁忙期・閑散期による料金の変動もありません。

そして、どの列車に乗っても料金は変わらず、「はやぶさ」でも「やまびこ」でも同じ料金です。

「モバトク」の予約方法・使い方

モバイルSuica特急券「モバトク」はどのように予約し、利用すればいいのでしょうか?

「モバトク」の予約方法と期限は?

「モバトク」を予約するには、まずモバイルSuicaへの会員登録が必要です。
そして、モバイルSuica特急券を利用するには、クレジットカードを登録します。
モバイルSuicaの利用には年会費1,030円(税込)がかかりますが、ビューカードを利用する場合のみ年会費はかかりません。

モバイルSuica特急券を購入できるようになったら、専用アプリを利用して新幹線に乗車する日時・座席等を指定し、列車を予約します。指定席等を利用する場合、シートマップで座席を選ぶことができます。

モバトクの予約ができるのは、乗車日の1ヶ月前10時から当日の列車出発6分前まで
そして、事前予約登録で1ヶ月前よりさらに1週間早く予約することも可能です。

「スーパーモバトク」は前日23時40分までしか予約はできず、事前予約登録も利用することはできません。

使い方・受取り方法

モバトクはチケットレスなので、駅の券売機等でチケットを受取る必要がありません。
受取りをするのは、持っているスマホなどの携帯端末。

列車を予約したら、その情報をスマホ等にダウンロードします。
これがチケットを受取った状態と同じで、そのスマホを改札へタッチして通り、指定した列車へ乗車します。

変更・払戻しのルール

「モバトク」は変更・払戻しが可能です。
予約した列車の発車時刻前なら変更可能で、変更後に指定席を利用する場合は6分前までに手続きをする必要があります。
変更に手数料は必要なく無料です。
参考JR東日本モバイルSuica特急券「変更」

「モバトク」は列車の出発時刻前なら払戻しが可能。
払戻手数料は1枚につき310円です。
参考JR東日本モバイルSuica特急券「払いもどし」

なお、スーパーモバトクは変更が不可。

払戻手数料も高いので、スーパーモバトク利用の方は注意が必要です。

モバトク利用時はここに注意!

モバトクはいつ利用しても、必ず料金は割引になります。
しかし、その割引額が大きくはなく、料金を重視する方は慎重に選択する必要があります。
モバトクを利用する時には、以下の点には注意しましょう!

家族・2人以上は利用不可

モバトクが利用できるのは、会員登録した本人のみ。
家族旅行や2人以上で新幹線に乗る時には利用できません。

もし、2人以上で利用する時には全員が会員である必要があります。
また、子供料金の設定がないので、子どもがいる家族は利用することはできません。

使用できるのは新幹線の区間のみ

モバイルSuica特急券「モバトク」は新幹線の区間でしか利用することができません。
在来線への乗継ぎも可能ですが、在来線の料金は別にかかってしまいます。

例えば、東京から仙台へ行く時、通常きっぷを利用すれば、東京駅まで新宿や渋谷から在来線で行っても、新幹線のきっぷで乗車することもできます。
しかし、モバトクを利用する場合、東京駅までの料金は別途必要です。
ただし、この在来線料金が、モバトクの割引額より少なければ、モバトクを利用した方がお得です。

往復割引は併用不可

新幹線は601キロ以上の区間で、往復分の乗車券を購入すると、往復割引で乗車券が1割引になります。
この往復割引が使える区間でも、モバトクと併用することはできません

どちらかを選択しなければなりませんが、基本的にはモバトクの方が安いです。

学割とも併用不可

片道101キロ以上の区間は、学生は学割を利用することができます。
学割を利用すると、乗車券は2割引になります。
ただし、学割が使える区間でも、モバトクとの併用はできません

往復割引と同じくどちらかを選ぶ必要がありますが、基本的には学割を利用した方が安いです。
特に、601キロ以上の区間では往復割引と学割は併用できるので、モバトクよりも料金は安いでしょう。

モバトクの料金は安くない!

モバイルSuica特急券はネットで簡単に新幹線の座席ができ、しかも一年を通して必ず料金が割引になります。
1人で出張で利用する方にとっては非常に便利なサービスです。

しかし、モバトクの料金はそれほど安いわけではありません。
まず、モバトクよりもスーパーモバトクの方が間違いなく安いです。
そして、全区間で利用できるわけではありませんが、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用した方が安い区間は多いです。

さらに、往復+宿泊で新幹線を利用する場合、新幹線ホテルパックの方が安いです。

いくつかの区間で料金を比較してみましょう!

往復方法 東京-仙台 東京-秋田 東京-金沢
通常きっぷ 10,890円 17,290円 14,120円
往復割引 なし 16,810円 なし
モバトク 9,970円 15,540円 13,380円
回数券 10,750円 14,260円 なし
トクだ値10 9,790円 16,000円 12,700円
学割 9,700円 15,380円 12,650円
スーパーモバトク 8,960円 13,510円 12,030円
お先にトクだ値30 7,610円 12,450円 なし
新幹線パック 約6,600円~ 約11,800円~ 約10,500円~

新幹線パックの料金は2人以上で利用するパックの片道新幹線料金です。
これらと比較すると、モバトクは決して安いとは言えません。

もし、他の方法が利用できる時は、えきねっと・新幹線ホテルパックなどの料金も調べて比較してみましょう!