新幹線eチケットサービスは交通系ICカード・モバイルSuicaで割引!

JR東日本が運営する「えきねっと」の「新幹線eチケットサービス」。
モバイルSuica特急券の廃止に伴い、新たに開始されました。
モバイルSuica特急券と同じく、チケットレス&割引料金で新幹線に乗ることができます。

このサービスを利用できるのは、東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線。
では、「新幹線eチケットサービス」は、どのようなサービスで、どのように利用するのでしょうか?

これから利用を検討されている方に、簡単にご紹介します。

 

往復+宿泊なら新幹線eチケットより安い!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルを同時予約できる格安な新幹線ホテルパック。
特に2人以上で利用するパック料金は格安
往復+宿泊する方は「新幹線eチケット」よりもずっとお得です!
ネット予約した新幹線チケットは、自宅などへ無料宅配。
3日前まで予約できますが、お得なプランは完売前に予約しましょう!

 

「新幹線eチケットサービス」とは?

「新幹線eチケットサービス」とは、きっぷを受取ることなく、ネット予約した新幹線にチケットレスで乗れるサービスで、改札は事前に登録した交通系ICカード・モバイルSuicaで通ります。
では、登録から新幹線の予約、乗車方法などを紹介しましょう。

登録・利用方法

まず、「新幹線eチケットサービス」を利用するには「えきねっと」に会員登録します。
そして、決済用のクレジットカードと、改札を通るための交通系ICカードまたはモバイルSuicaを登録します。
これで、ネットで新幹線を予約し、チケットレスで乗ることができます。
登録した交通系ICカード・モバイルSuicaで改札をタッチすれば通ることができます。

「えきねっと」の年会費は無料

会員登録が必要な「えきねっと」ですが、年会費は無料。
決済にどんなクレジットカードを利用しても、利用にかかる年会費は必要ありません。
なお、モバイルSuicaを利用する場合、ビューカードを決済に用に登録する場合のみ年会費は無料ですが、その他のカードを利用する場合には1,050円の年会費がかかります

「新幹線eチケット」の料金

「新幹線eチケット」の料金は、指定席・グリーン車・グランクラスは片道200円割引。
繁忙期は+200円、閑散期は-200円(一部区間は±340円)です。
そして、自由席も利用できますが、自由席の料金は通常きっぷと同じです。

なお、「新幹線eチケット」を利用せず、紙のきっぷを発券すると割引はありません。
そして、「新幹線eチケット」で「トクだ値・お先にトクだ値」を利用すると安くなります。

新幹線の予約はスマホ・PCから

「えきねっと」では、新幹線をネットで予約することができます。
スマホ・パソコンなど、それぞれにログインし列車を予約します。
予約は1ヶ月前から、出発4分前までが基本ですが、事前受付も可能です。

人数は6人まで予約OK

えきねっと」で予約できる人数は、一度に1人~6人まで。
同伴者の交通系ICカードを登録しておけば、一度に複数分の予約も可能です。

また、子供料金の設定もあるので(100円の割引)、家族での旅行にも利用可能。
その時も、同じく交通系ICカードの登録が必要です。

事前受付は1ヶ月より1週間前から

通常、新幹線の指定席チケットは乗車日の1ヶ月前から購入することができます。
しかし、「えきねっと」では、それよりさらに1週間前から申し込むことができます
1週間前から予約申込みが可能で、申込みの結果はきっぷの発売日(1ヶ月前)にわかります。

特に、年末年始・GW・お盆など、指定席を早く確保したい時に有効に利用することができます。

トクだ値・お先にトクだ値で割引!

えきねっと」で「新幹線eチケット」を利用すると、片道200円割引になります。
しかし、それ以上に安くなるのが、「トクだ値・お先にトクだ値」。

「えきねっとトクだ値」は当日午前1時40分まで購入でき、割引率は5・10・15%
設定された区間・列車のみ利用することができます。
「お先にトクだ値」の購入は13日前の午前1時40分までで、割引率は25・30・35%
えきねっとでは「トクだ値・お先にトクだ値」を利用すると料金が安くなります。

どちらも、「新幹線eチケットサービス」でチケットレスで利用します。
座席数が限定されますが、購入できれば通常予約より安いです。

 

「新幹線eチケット」のメリット・デメリット

まず、「新幹線eチケット」には、次のようなメリットがありとても便利です。

  • 窓口・券売機に並ばなくてもいい。
  • ネットで簡単に新幹線を予約することができる。
  • トクだ値・お先にトクだ値でさらに安くなる。
  • 同伴者の座席も予約できる。

しかし、これとは逆に、いくつかのデメリットも考えられます。

往復割引・学割が使えない

「新幹線eチケット」は乗車券と特急券が一体になったサービスです。
乗車券が割引になる往復割引・学割は、チケットレスでは利用できません。
往復割引・学割を利用する時も、「えきねっと」で座席の予約はできますが、乗車券は窓口等で別途購入しなければなりません。

利用できるのは新幹線区間のみ

新幹線を利用する前後に、JRの在来線を利用する方も多いでしょう。
しかし、「新幹線eチケット」が利用できるのは新幹線の区間のみ。
在来線の特急を利用する場合など、別途きっぷの購入が必要です。

割引が200円のみ

「新幹線eチケット」で安くなるのは、片道200円のみ。
しかも、自由席には割引はありません。
「トクだ値・お先にトクだ値」を利用すれば安くなりますが、通常予約時の料金は決して格安と呼べるものではありません。

安い「お先にトクだ値」が購入できない

「新幹線eチケット」を利用して、最も安く新幹線に乗れるのは「お先にトクだ値」。
早めの予約が必要ですが、25・30・35%の割引で、新幹線料金は格安です。
しかし、座席数がかなり限定され、簡単には購入することができません。
特に、週末の旅行に利用したい時間帯のものは、ほとんど空席がないのが現実です。

 

なお、「お先にトクだ値」が購入できない時にも、往復+宿泊するなら新幹線ホテルパックを利用すると安いです!
2人以上の場合、お先にトクだ値より新幹線パックの方が安いことが多いです!

 

往復+宿泊なら「新幹線eチケット」より安い!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルを同時予約できる格安な新幹線ホテルパック。
特に2人以上で利用するパック料金は格安
往復+宿泊する方は「新幹線eチケット」よりもずっとお得です!
ネット予約した新幹線チケットは、自宅などへ無料宅配。
3日前まで予約できますが、お得なプランは完売前に予約しましょう!