同じ新幹線の同じ座席に乗るなら、一番格安がいい!

全国の新幹線には、いくつかの格安に乗る方法があります。
しかし、同じ区間で同じ座席でも、その方法によって料金は違います。

このサイトでは、「新幹線に格安に乗る方法」を全て整理してご紹介します!
そのいずれかを利用すれば、間違いなく新幹線料金は安くなります

 

そして、もし「同一区間往復+宿泊」で新幹線に乗るなら、まず最初に新幹線ホテルパックの料金を確認してください!

新幹線往復+宿泊ならこれが最も格安です!

新幹線ホテルパック

新幹線の往復+宿泊を同時にネットすると合計料金が格安!
ほとんどの区間で最低価格で新幹線に乗ることができます。
予約したチケットは自宅など指定場所へ無料配送。
3日前まで予約することができます。

これで往復・宿泊を予約すると、他の割引きっぷより安く新幹線に乗ることができます
1人で利用してもほとんどの区間で最安値ですが、2人以上の旅行は特に格安
往復・宿泊の新幹線旅行なら、まずこれを利用するのが安いです。

では、この新幹線ホテルパックを含めて、全国の新幹線の料金を格安にする方法を全てご紹介しましょう!

新幹線に格安に乗る方法をすべて解説!

これから「新幹線に格安に乗る方法」を全てご紹介します。

しかし、新幹線の路線や区間によって使える方法は違います。
そして、同じ区間でも、きっぷの購入方法によって料金は変わってしまいます。

では、順にご紹介しましょう!

1.往復+宿泊なら「新幹線ホテルパック」

同一区間の往復+宿泊で新幹線に乗るなら、基本的にはこれが格安
特に東海道・山陽新幹線で旅行や出張に行く方はこの料金は必見です!
1人で利用してもほぼ最安値ですが、2人以上の旅行はまずこれが最も格安です。

ネットで新幹線・ホテルの両方を簡単に予約することができ、予約した新幹線チケットは自宅へ郵送、またはコンビニなどでも受取ることができます。

基本的には選んだ列車の指定席を利用するので、出発当日のきっぷ購入も不要。
区間によってはグリーン車を利用しても安く、子供料金もあるので家族旅行も格安です。

新幹線パックは格安!パックは新幹線に一番格安に乗る方法?

全国対応のおすすめ新幹線パック日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

2.会員制の「新幹線ネット予約サービス」

ネットで新幹線のチケットを格安に予約できる会員制の新幹線割引予約サービス。
宿泊予約を必要としない新幹線での往復などは、これを利用すると安いです。

ところが、新幹線のネット予約サービスは1つではなく6つあります。
しかも、各サービスごとに予約できる路線、格安になる路線が違います。

「エクスプレス予約」は早特が安い!

東海道・山陽新幹線を割引価格でネット予約できる会員制の予約サービス。
利用には年会費1,080円が必要ですが、一年中割引料金で新幹線に乗ることができます。

通常予約の「EX予約サービス」は当日の乗車直前でも予約でき、普通車指定席料金は東京-名古屋なら11,090円が10,110円に、東京-新大阪なら14,450円が13,370円になります。

また、往復割引の適用区間なら「EX予約サービス(往復割引)」でさらに格安!
東京-広島なら、往復割引乗車券利用時の片道料金17,910円が16,290円に。

そして、事前予約が必要な6つの「早特きっぷ」はさらにお得!
使える区間はきっぷごとに限定されますが、早特の料金は格安です。

ただし、エクスプレス予約で乗れるのは新幹線の区間のみで、それ以外の在来線ねの乗継ぎには別途料金が必要です。

エクスプレス予約は本当にお得か?料金を他のきっぷと比較!

「スマートEX」の早特はお得!

エクスプレス予約と同じく、東海道・山陽新幹線の予約ができるサービス。
利用に必要なのは、改札を通るための交通系ICカードと決済用のクレジットカード。
専用クレジットカードも不要で、年会費は無料。

ただし、通常予約(スマートEXサービス)は安くなく、通常きっぷの200円引きのみ
往復割引の適用区間では「スマートEXサービス(往復割引)」も使えますが、同じく往復割引乗車券より片道200円安くなるのみです。

ところが、年会費無料ながら早特の料金は全てエクスプレス予約の早特と同額です。
6つある「早特きっぷ」を利用すると格安に新幹線に乗ることができます。

エクスプレス予約と同じく、新幹線の区間以外は安くなりません。

スマートEXで新幹線の予約前に※お得な活用法と注意点を解説!

「e5489」は北陸新幹線も格安に!

山陽・九州新幹線と北陸新幹線の予約ができる会員制サービス。
e5489からJ-WESTネット会員に登録すると、いくつかの格安きっぷが購入可能。
大阪・神戸から九州方面への往復にも使える「スーパー早特きっぷ」は安いです。

さらに、J-WESTカードを利用するJ-WESTカード会員になると、会員限定の格安きっぷも利用することができます。
J-WESTカード(エクスプレス)を利用すれば、これらの格安きっぷをe5489で購入し、さらにエクスプレス予約で東海道・山陽新幹線も割引料金で予約することができます。

e5489で山陽・九州・北陸新幹線に格安に乗るための解説

「JR九州インターネット列車予約」で格安ネット予約

九州新幹線と山陽新幹線などを割引料金で予約することができます。
きっぷの予約には会員登録が必要ですが、年会費は無料です。
割引きっぷの種類は豊富で、JQカード会員ならさらに会員限定の格安きっぷも購入可。
公式サイトで区間・乗車日を指定すると、利用できる格安きっぷの全ての料金が表示されるので、簡単に料金を比較してきっぷを選択することができます。

JR九州インターネット列車予約で新幹線に格安に乗る!

「えきねっと」は「トクだ値」で格安!

東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線の予約ができる会員制サービス。
会員登録は無料で専用クレジットカードも不要で、1~6名までの予約が可能。

えきねっとを利用して新幹線料金が安くなるのは「トクだ値」「お先にトクだ値」。
一部の区間では「トクだ値」で5~15%割引、「お先にトクだ値」で25~35%割引に。

ただし、全区間・全列車に割引の設定があるわけではなく、東京-金沢など一部の区間は「トクだ値」で10%割引にしかなりません。
さらに、「お先にトクだ値」は完売が早く、普通車指定席は発売直後の購入が必須です。

1人で新幹線に乗る時に「お先にトクだ値」が往復とも購入できる場合、新幹線ホテルパックを利用するより安いです。

「えきねっと」で新幹線に乗る!予約方法と格安なチケット

モバイルSuica特急券

同じく東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線の予約ができる会員制サービス。
チケットレスでスマホなどを利用して改札を通るため、利用できるのは会員本人のみ。
モバトク・スーパーモバトクという2つの方法で新幹線に安く乗ることができます。

特に安いのは前日までに予約が必要な「スーパーモバトク」。
この設定区間は少なく、東京-新青森・東京-盛岡などでは利用することができません。
なお、ビューカード以外のカードで決済する場合、年会費が1,030円かかります。

モバイルSuica特急券で新幹線に格安に乗る!わかりやすい解説

 

以上が、ネットで新幹線を予約できる会員制新幹線予約サービスです。
利用する路線で使えるサービスに会員登録すれば新幹線を安く予約できます。

3.お得なきっぷ・トクトクきっぷ

JR東海・西日本・九州では、新幹線にも安く乗れる割引きっぷを販売しています。
これらの切符の購入には会員登録は必要なく、誰でも購入することができます

購入できるのは駅の窓口や券売機と、旅行会社の窓口など。
利用できる区間や購入期限などに制限はありますが、使えるきっぷがあればお得です。

回数券もこの中に含まれ、JR東日本でも一部の区間で販売があります。
また、JR東海・西日本・九州では「早特きっぷ」など早割の一部も購入可能です。

この「お得なきっぷ・トクトクきっぷ」などが使える区間やきっぷの種類は、全てJR各社の公式サイトで確認することができます。

「お得なきっぷ」で新幹線に乗る!購入方法&購入場所は? 新幹線の回数券ってお得?回数券のルールと料金を解説

4.JRの割引制度とシニア割引

JRにはいろいろな割引制度があり、これを利用すると新幹線料金は安くなります。
代表的なのは往復割引や学割で、一定の条件を満たせば誰でも利用することができます

往復割引なら、片道601キロ以上の同一区間の往復分乗車券を同時に購入すると1割引。
学割なら、片道101キロ以上の区間で、学割証の発行をうけて乗車券を購入すると2割引。
いずれも、乗車券のみの割引ですが、学生は併用も可能です。

また、これらの割引以外に、JRではシニア対象の割引サービスを展開しています。
ジパング倶楽部・フルムーン夫婦グリーンパスの他、おとなび(西日本)・50+(東海)・大人の休日倶楽部(東日本)・ハロー!自由時間クラブなど、会員制のシニア割引を利用しても新幹線に格安に乗ることができます。

新幹線の「割引」一覧※新幹線で使える割引きっぷがわかる!

5.金券ショップの格安チケットと株主優待券

新幹線の駅周辺にもある金券ショップでは、新幹線格安チケットを販売しています。
金券ショップで売っているチケットのほとんどは回数券で、数枚セットでの販売が基本の回数券を1枚単位で購入することができます。

また、区間によっては、回数券以外のお得なきっぷなどを販売していることもあります。
ただし、回数券などの販売がない区間では、金券ショップでも販売はありません。

JRの株主であれば、株主優待券を利用することもできます。
割引率はJR各社で違い、1枚でJR東日本は2割引、JR東海は1割引、JR西日本は5割引。
それぞれ管轄区間でしか利用できませんが、乗車券・特急券の両方が割引対象です。
そして、株主優待券は金券ショップ等でも購入することができます。

「新幹線格安チケット」金券ショップでの購入方法&駅での使い方

6.自由席を利用する

一部の列車を除き、新幹線には座席を指定しない自由席があります。
当然、普通車指定席に乗るより料金は安く、基本的には通常期指定席料金の520円引き。
差額は時期・列車の種類・区間によって変動しますが、料金はどの列車も同じで、「のぞみ」の自由席も「こだま」の自由席も同じです。

大人の料金は大した差額ではありませんが、乳幼児は自由席に乗ると原則無料
幼児がいる家族旅行には自由席を利用するとお得です。
また、自由席用のお得なきっぷなどを利用してもお得です。

新幹線自由席の格安な利用法※自由席料金はどんな時にお得?

7.最速列車以外を利用する

新幹線は最速列車以外の列車に乗ると料金は安くなります
例えば、東北新幹線の「はやて・やまびこ」、北陸新幹線「あさま」、東海道・山陽新幹線「ひかり・こだま・さくら」の指定席通常きっぷ料金は、最速列車に比べて安いです。

そして、えきねっとでも「トクだ値・お先にトクだ値」で安くなることが多く、エクスプレス予約・スマートEXの「早特」でも、特に「こだま」の料金は安くなります。

「こだま」は格安な方法も豊富!

東海道・山陽新幹線の各駅停車列車「こだま」には安いチケットが多くあります。
まず、エクスプレス予約・スマートEXでは、「EXこだまファミリー早特」「EXこだまグリーン早特」で東海道新幹線(東京~新大阪)の「こだま」が安くなります。

また、東海道新幹線の「こだま」は「ぷらっとこだま」を利用しても安くなります。
そして、山陽新幹線の「こだま」は「バリ得こだま」を利用すると格安です。
この「ぷらっとこだま」「バリ得こだま」は1人で片道から利用でき料金も格安ですが、利用できる区間は限られます。

新幹線「こだま」の利用は格安?こだまのメリットと注意点

 

以上、新幹線に格安に乗る方法をまとめて簡単にご紹介しました。
しかし、新幹線に一番安く乗ろうと思えば、利用する区間ごとに使える「格安きっぷ」を全て調べ、料金を比較しなければなりません。

そこで、正しい新幹線料金の比較方法をご紹介します。
これを知っていれば、新幹線の料金で損することはありません。

絶対損しない!新幹線料金の比較方法とは?

ご紹介した通り、新幹線には格安に乗る方法がいくつもあります。
そして、それぞれの路線で利用できる方法が違います。

そこで、各路線ごとに使える方法をまとめてご紹介します。
そして、実際に普通車指定席の料金で比較してみましょう!

ただし、「往復+宿泊」する場合、新幹線の料金は片道だけで比較してはいけません!
その理由は、宿泊するなら、ほとんどの区間で新幹線ホテルパックが一番安いからです。

東海道・山陽新幹線

東海道・山陽新幹線の場合、区間にもよりますが以下の料金を比較します。

◎回数券・新幹線格安チケット
◎往復割引・学割
◎お得なきっぷ(設定がある区間のみ)
◎エクスプレス予約・スマートEX
◎ぷらっとこだま・バリ得こだま
◎新幹線ホテルパック

参考ページ東海道・山陽新幹線に格安に乗る方法をまとめて紹介します!

これを、新幹線のみを利用する方は片道・往復の料金で、往復&宿泊する方は合計料金で比較します。
では、実際に料金を比較してみましょう!

【例】東京-新大阪

東京-新大阪の新幹線料金を全て調べてみると、片道料金が最も安いのは?
「のぞみ」ならエクスプレス予約・スマートEXの「EX早特21」の11,000円。
「こだま」なら「EXこだまファミリー早特」の9,900円。

しかし、料金を往復+1泊(5,900円)の合計で比較すると…

往復方法 片道料金 往復+1泊合計 差額
のぞみ通常きっぷ 14,450円 34,800円 なし
スマートEXひかり 13,940円 33,780円 ▲1,020円
回数券 13,690円 33,280円 ▲1,520円
エクスプレス予約 13,370円 32,640円 ▲2,160円
学割 12,700円 31,300円 ▲3,500円
EX早特21 11,000円 27,900円 ▲6,900円
新幹線パックのぞみ 約10,650円 27,200円 ▲7,600円
ぷらっとこだま 10,500円 26,900円 ▲7,900円
EXこだまファミリー早特 9,900円 25,700円 ▲9,100円
新幹線パックこだま 約9,050円 24,000円 ▲10,800円

このように「往復+宿泊」で比較すると、「のぞみ」に最も格安に乗れるのも新幹線ホテルパック。「こだま」が最も格安なのも新幹線ホテルパックです。

【例】東京-広島

次に、往復割引も使える東京-広島で、往復+宿泊(4,800円)の料金を比較します。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計 差額
のぞみ通常きっぷ 19,080円 42,960円 なし
往復割引 17,910円 40,620円 ▲2,340円
回数券 17,700円 40,200円 ▲2,760円
学割+往復割引 16,740円 38,280円 ▲4,680円
EX予約往復割引 16,290円 37,380円 ▲5,580円
EX早特土休日 15,500円 35,800円 ▲7,160円
EX早特21 14,000円 32,800円 ▲10,160円
新幹線パック1人 約13,000円 30,800円 ▲12,160円
新幹線パック2人 約11,000円 26,800円 ▲16,160円

この区間の片道料金が最も安いのは、エクスプレス予約・スマートEXの「EX早特21」。
しかし、「往復+1泊」で比較すると、新幹線ホテルパックは1人利用時と2人以上での料金が違いますが、どちらも最も格安に新幹線に乗ることができます。

九州・山陽新幹線

九州・山陽新幹線の場合、区間にもよりますが以下の料金を比較します。

◎回数券・新幹線格安チケット
◎往復割引・学割
◎トクトクきっぷ・JR九州割引きっぷ
◎e5489・JR九州インターネット列車予約
◎エクスプレス予約・スマートEX(山陽新幹線)
◎バリ得こだま(山陽新幹線)
◎新幹線ホテルパック

参考ページ九州新幹線に格安に乗る方法※割引きっぷの予約も簡単です!

では、同じように片道料金と「往復+1泊」の料金を比較してみましょう!

【例】新大阪-熊本

今度は慎重に料金を比較する必要がある例です。
同じように往復+1泊(4,500円)の合計料金を比較してみましょう!

往復方法 片道料金 往復+1泊合計 差額
みずほ通常きっぷ 18,850円 42,200円 なし
さくら往復割引 17,470円 39,440円 ▲2,760円
WEB早特3 16,000円 36,500円 ▲5,700円
eきっぷ+往復割引 15,710円 35,920円 ▲6,280円
学割+往復割引さくら 15,500円 35,500円 ▲4,680円
e早特+往復割引 14,810円 34,120円 ▲8,080円
スーパー早特きっぷ 12,860円 30,220円 ▲11,980円
新幹線パック1人 約12,500円 29,500円 ▲12,700円
スーパー早特21 12,000円 28,500円 ▲13,700円
新幹線パック2人 約9,400円 23,300円 ▲18,900円

この区間では、2人以上で往復する場合、最も格安なのは新幹線ホテルパックです。
しかし、1人で往復する場合、21日前までに予約できれば「スーパー早特21」が安いです。

東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線

東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線の場合、区間にもよりますが以下の料金を比較します。

◎回数券・新幹線格安チケット
◎往復割引・学割
◎えきねっと
◎モバイルSuica特急券
◎e5489(北陸新幹線のみ)
◎新幹線ホテルパック

参考ページ東北・上越・秋田・山形新幹線に格安に乗る方法
参考ページ北陸新幹線にも格安に乗る方法があります。

では、実際に料金を比較してみましょう!

【例】東京-金沢

例として、e5489を含めて比較する必要がある東京-金沢で比較します。
同じように往復+1泊(4,900円)の合計料金を比較してみましょう!

往復方法 片道料金 往復+1泊合計 差額
通常きっぷ 14,120円 33,140円 なし
eきっぷ 13,480円 31,860円 ▲1,280円
モバトク 13,380円 31,660円 ▲1,480円
トクだ値10 12,700円 30,300円 ▲2,840円
WEB早特1 12,700円 30,300円 ▲2,840円
学割 12,650円 30,200円 ▲2,940円
e早特1 12,130円 29,160円 ▲3,930円
スーパーモバトク 12,030円 28,960円 ▲4,180円
新幹線パック1人 約10,750円 26,400円 ▲12,700円
新幹線パック2人 約10,350円 25,600円 ▲18,900円

この区間では、1人でも2人以上でも最も格安なのは新幹線ホテルパックです。

MEMO
なお、東北・秋田・山形・上越新幹線の区間で、えきねっと「お先にトクだ値」が往復とも確保できた場合、1人での往復はお先にトクだ値の方が安いことが多いです。ただし、2人での往復には新幹線ホテルパックの方が安いことが多いです。

このように、宿泊する場合、新幹線料金は片道のみで比較してはいけません

もちろん、日帰りや宿泊先が決まっている方は別ですが、一般的な「往復+宿泊」の新幹線旅行の場合、必ず旅行にかかる合計料金で比較しましょう!

これが新幹線に最も格安に乗る方法です

新幹線ホテルパック

新幹線の往復+宿泊料金が超格安な新幹線パックです。
新幹線とホテルをネットで同時に予約することができ、予約したチケットは自宅に郵送されます。
新幹線の選択肢が多いので、予約の不自由さを感じません。