「EXのぞみファミリー早特」は土日祝日で2人以上がお得!

エクスプレス予約・スマートEXで購入できる早割の1つ「EXのぞみファミリー早特」。
土日祝日限定で、2人以上でのみ利用することができます。

この「EXのぞみファミリー早特」が使える区間や料金は?
そして、これを利用するのは本当にお得なのか?

「EXのぞみファミリー早特」について詳しくご紹介します。

「EXのぞみファミリー早特」とは?

「EXのぞみファミリー早特」とは、エクスプレス予約・スマートEXの会員のみ購入できる「早特」きっぷの1つで、乗車日の3日前までの予約が条件。
そして、土休日のみ2人以上でしか利用することができません。

エクスプレス予約・スマートEXの通常予約と違い、区間も限定されますが、間違いなく料金は安くなります。
「EXのぞみファミリー早特」が利用できる区間は?

利用できる区間・座席は?

「EXのぞみファミリー早特」が利用できるのは、東京・品川・新横浜~名古屋・京都・新大阪・新神戸の「のぞみ」停車駅区間のみで、比較的近距離の区間です。

そして、利用できるのは普通車指定席・グリーン車。
大人料金と子供料金の設定があります。

料金は?

「EXのぞみファミリー早特」の料金と、エクスプレス予約・スマートEXの通常予約時の料金を同時に比較してみましょう!

区間 スマートEX エクスプレス予約  のぞみファミリー
東京-名古屋 10,890円  11,090円 9,770円
東京-京都 13,710円  12,830円 11,800円
東京-新大阪 14,250円  13,370円 12,340円
東京-新神戸 14,900円  13,910円 12,600円

通常料金やスマートEXの料金より安いのはもちろん、エクスプレス予約の料金より、全区間で1,000円程度安くなります。

予約方法・使い方

「EXのぞみファミリー早特」の予約は、通常予約と同じように、エクスプレス予約・スマートEXの会員専用サイト・アプリにログインし、乗車日・区間・人数等を選択します。

選択した区間が「EXのぞみファミリー早特」の適用区間で、3日前までに土休日の列車を2人以上で予約する場合、画面に「EXのぞみファミリー早特」が表示されます。
あとは、それを選択して予約するだけです。

そして、乗車する前には、専用発券機などできっぷを発券します。
2人以上で利用するので、ICカードを利用することはできません。

「EXのぞみファミリー早特」の注意点は?

エクスプレス予約・スマートEXの早特には、必ず通常きっぷとは違う制限があります。
必ず購入前に確認しておきましょう!

長距離区間には設定がない

「EXのぞみファミリー早特」の設定があるのは、東京・品川・新横浜発着の一部の区間のみ。
東京-岡山・広島・博多などの長距離区間には設定がありません。

このような長距離区間では、「EX早特」を利用するとお得です!
「EXのぞみファミリー早特」と同じく、子供料金の設定もあり、平日でも利用することができます。

年末年始・GW・お盆は利用不可

家族で帰省や旅行に行くことが多い年末年始・GW・お盆ですが、この期間中は利用することができません。
予約するのが3日以上前でも、設定が除外されていますので予約はできません。

指定列車・座席以外は利用不可

他の早特きっぷと同じように、指定した列車の座席以外は利用することができません。
乗り遅れた場合も、後続列車の自由席に乗ることもできませんので、乗り遅れの可能性がある場合は、必ず事前に変更の手続きをしなければなりません。

1人や平日は利用不可

「EXのぞみファミリー早特」は2人以上で土休日限定なので、平日や1人では購入することはできません。

平日や1人で新幹線を利用する時に、他に条件に該当する「早特」がなければ、通常予約で予約しなければなりません。

平日や1人の方は、こちらのページを参考にどうぞ!
新幹線「のぞみ」に格安に乗る15の方法を解説!

「EXのぞみファミリー早特」より安い方法は?

もう1つ注意しなければならないのは、「EXのぞみファミリー早特」の料金は必ずしも最安値ではないということです。
確かに、通常予約の料金よりは安いですが、同じ区間にはまだ他に安い方法もあります。

それらの方法が利用できる時、「EXのぞみファミリー早特」を利用すると損します

21日以上前なら「EX早特21」が安い!

「EXのぞみファミリー早特」が使える区間では、「EX早特21」を利用することもできます。
料金を比較してみると…

区間 EXのぞみファミリー早特 EX早特21
東京-名古屋 9,770円 8,800円
東京-京都 11,800円 10,800円
東京-新大阪 12,340円 11,000円
東京-新神戸 12,600円 11,400円

片道料金を比較すると、全区間、「EX早特21」の方が安いです。

ただし、利用できるのは普通車指定席のみで、子供料金の設定はなし。
利用できる新幹線の時間帯も限定されますが、大人のみで21日前までに予約できるなら、「EX早特21」の方がお得です。

宿泊するなら新幹線ホテルパックが安い!

同じ区間を新幹線で往復し、行き先で宿泊するなら、EXのぞみファミリー早特より新幹線ホテルパックの方が安いです。

例えば、「EXのぞみファミリー早特」で大人2人で東京から大阪まで往復し、大阪で1泊6,300円のホテルで宿泊すると、往復+1泊で1人30,980円、2人で61,960円かかります。

ところが、これを新幹線ホテルパックで予約すると、1人27,300円、2人で54,600円。
EXのぞみファミリー早特を利用するよりも、2人で7,360円お得です。

当然、他の区間でも同じように、新幹線ホテルパックの方が格安!
宿泊するなら「EX早特21」を利用するよりも安いです。

 

往復+宿泊ならこちらの方が安いです!

新幹線ホテルパック

往復新幹線とホテルの同時ネット予約が可能。
特に東海道・山陽新幹線は安く、宿泊するなら家族旅行もEXのぞみファミリー早特で往復するより格安です!
3日前までの予約で新幹線チケットは自宅に届きます