新横浜-新大阪の新幹線【片道・往復】料金を格安にする!

新横浜-新大阪の距離は527.6キロ。
所要時間は「のぞみ」約2時間15分、「ひかり」約2時間35分、「こだま」約3時間35分。

料金は「のぞみ」指定席14,120円、「ひかり・こだま」13,810円、自由席13,290円。
この料金はいくつか方法で安くなります。

そして、新横浜-新大阪の料金が最も格安なのは?
実際の料金を比較した結果、「のぞみ」の片道料金が最も安いのは「EX早特21」の10,900円、「こだま」なら「EXこだまファミリー早特」の9,800円。

しかし、それ以上に、往復&宿泊する方にとって安いのは?

往復+宿泊ならこれが格安!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルを同時予約すると格安な新幹線ホテルパック。
新横浜-新大阪で利用すると1人約8,000円、2人なら約16,000円お得
宿泊費を引いた「のぞみ」の片道料金9,800円はこの区間の最安値!
3日前まで予約可能で、新幹線チケットは出発までに自宅に届きます。
往復+宿泊する方は、この新幹線パックを利用するのが最も安いです!

ここでは、新横浜-新大阪の新幹線料金を一覧でご紹介します!
普通車指定席・自由席はもちろん、グリーン車の料金や子供料金まで、エクスプレス予約・スマートEXや学割料金も簡単にわかります。

新横浜-新大阪の新幹線(指定席・自由席)料金

新横浜・新大阪駅とも、「のぞみ・ひかり・こだま」の全てが停車します。
どの列車でも移動はできますが、利用するチケットによって料金が違います。

新横浜-新大阪の通常きっぷ(乗車券+特急券)の料金は、

14,120円 のぞみ指定席

13,810円 ひかり・こだま指定席

13,290円 自由席

そして、この料金は、以下の方法で安くすることができます。

13,920円 スマートEXのぞみ
13,610円 スマートEXひかり・こだま

13,290円 回数券(6枚79,740円)
13,040円 エクスプレス予約
12,430円 学割のぞみ指定席
12,120円 学割ひかり・こだま指定席
12,010円 EXのぞみファミリー早特

11,600円 学割自由席
11,550円 学割+e特急券
10,900円 EX早特21
10,400円 ぷらっとこだま(繁忙期11,600円)

9,800円  EXこだまファミリー早特
約9,800円 新幹線ホテルパックのぞみ
約7,600円 新幹線ホテルパックこだま

では、この新横浜-新大阪で使える割引きっぷについて、詳しくご紹介しましょう!

(14,120円)指定席通常料金

新横浜-新大阪は「のぞみ」の切符を駅で購入すると、普通車指定席で14,120円。
「ひかり・こだま」の指定席は、「のぞみ」より安く13,810円です。
この料金は通常期の料金で、繁忙期は+200円、閑散期には-200円の変動があります。

(13,290円)自由席通常料金

自由席の料金は「のぞみ」でも「ひかり・こだま」でも同額。
新横浜-新大阪の自由席料金は13,290円で、繁忙期・閑散期も同じです。
この自由席の料金は、スマートEXで予約しても割引にはならず、エクスプレス予約を利用すると安くなりますが、指定席の料金とは同じ。そして、学生は学割で安くなります。

(13,920円)スマートEX

東海道・山陽新幹線はスマートEXで予約することができます。
スマートEXは年会費無料ですが、通常予約(スマートEXサービス)は200円引きのみ。
新横浜-新大阪では「のぞみ」指定席は13,920円、「ひかり・こだま」は13,610円。
自由席の料金は通常きっぷと同じ13,290円です。
そして、新横浜-新大阪の普通車指定席は「EX早特21」「EXのぞみファミリー早特」「EXこだまファミリー早特」の3つの早特を利用すると安くなります。

(13,290円)回数券・新幹線格安チケット

新横浜-新大阪では、普通車指定席用の回数券を購入することもできます。
回数券は6枚1セット79,740円での販売で、1枚あたりの料金は13,290円。
「のぞみ・ひかり・こだま」のどの列車でも利用できます。
有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆には利用できません。
また、金券ショップへ行けば、回数券は1枚単位での購入も可能です。
料金は回数券と大差はなく13,300円前後と考えておいた方がいいでしょう。

(13,040円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引料金で予約することができるエクスプレス予約
通常予約(EX予約サービス)で予約すると、新横浜-新大阪は13,040円。
指定席・自由席とも料金は同じで、時期による料金の変動もありません。
いつ予約しても1,080円安くなりますが、利用には年会費1,080円がかかります。
そして、スマートEXと同じく「EX早特21」「EXのぞみファミリー早特」「EXこだまファミリー早特」でさらに安くなります。

(12,430円)学割

片道の距離が101キロ以上ある新横浜-新大阪では学割の利用も可能です。
学校で学割証を発行してもらい、きっぷを購入すると乗車券は2割引。
新横浜-新大阪では、乗車券8,420円が6,730円になります。
学割利用時の料金は「のぞみ」指定席12,430円、「ひかり・こだま」12,120円、自由席11,600円。条件を満たせば、年間通してこの料金です。
そして、エクスプレス予約の会員は「e特急券」と学割で11,550円になります。

(12,010円)EXのぞみファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEXのみ購入できる「EXのぞみファミリー早特」。
3日前までの予約が必要で、土休日のみ2人以上なら利用が可能。
普通車指定席以外にグリーン車にも乗ることができ、子供料金の設定もあります。
新横浜-新大阪の大人料金は12,010円で、通常料金より2,110円お得です。
なお、年末年始・GW・お盆などは利用することができません。

(10,900円)EX早特21

同じくエクスプレス予約・スマートEXで購入できる「EX早特21」。
新横浜-新大阪の「のぞみ」指定席の片道料金は最も安い10,700円。
ただし、利用できるのは普通車指定席のみで、朝6時台と11~15時台出発の「のぞみ」に限定されます。
そして、21日前までの予約が必要で、それ以降は予約できません。
年末年始・GW・お盆は設定除外日なので利用不可。

(10,400円)ぷらっとこだま

指定した「こだま」限定で格安に乗れる「ぷらっとこだま」。
1人で「こだま」に乗るなら、新横浜-新大阪で最も安いです。
料金は通常10,400円ですが、繁忙期には11,600円になります。
当日の購入はできず、ネットで5日前まで、店頭で前日までの購入が必要。

(9,800円)EXこだまファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEXで購入できる「EXこだまファミリー早特」。
3日前までの予約が必要ですが、平日・土休日とも2人以上なら利用できます。
新横浜-新大阪の料金は「こだま」指定席が9,800円。
指定席以外にグリーン車の利用でき、子供料金の設定もあります。
年末年始・GW・お盆などは利用することができません。

(約9,800円)新幹線ホテルパック

往復新幹線とホテルをセットで予約すると安い新幹線ホテルパック
新横浜-新大阪を往復+宿泊するなら、合計料金はこれが最も格安です!
例えば、横浜から大阪へ行き、1泊5,600円のホテルに宿泊するパックの料金は1人25,200円。このパック料金から宿泊費を引いた新幹線料金は実質片道9,800円
このパックで利用するのは、往復とも「のぞみ」指定席。
そして、往復「こだま」を利用するパックはさらに安い22,800円。
この時の片道料金は実質7,600円と格安です。

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

指定席の料金について解説!

新横浜-新大阪は「のぞみ」で約2時間15分、「こだま」3時間35分。
所要時間には1時間20分の差があります。
そして、直通「のぞみ」の本数は多いですが、「こだま」は1時間に1本の運行。
この区間で最も利用しやすいのは「のぞみ」です。

しかし、簡単に安くならないのが「のぞみ」の料金です。
まず、回数券や金券ショップの新幹線格安チケットでも、安くなるのは片道800円。
学生は学割で指定席が1,690円安くなりますが、スマートEXでは片道200円しか安くならず、エクスプレス予約も通常予約では1,080円しか安くなりません。

新横浜-新大阪で「のぞみ」指定席料金が最も安いのは「EX早特21」の10,900円。
21日前までに購入しなければならず、さらに列車の時間帯が限定されます。
そして、この購入期限を過ぎると、土休日しか利用できない「EXのぞみファミリー早特」以外に安い方法はありません。

ところが、往復+宿泊する新幹線旅行なら、新幹線ホテルパックを利用すれば「のぞみ」の料金は格安にすることができます。
もし、通常きっぷで往復し1泊5,600円で宿泊すると、往復+1泊の合計は33,840円。
これを新幹線ホテルパックで予約すると、往復+1泊で1人25,200円。
往復で1人8,640円安く、2人なら17,000円以上お得です。

もちろん、「こだま」を利用するなら、「ぷらっとこだま」「EXこだまファミリー早特」なども安いです。しかし、往復+宿泊の料金で比較すると、やはり安いのは新幹線ホテルパック。

新横浜-新大阪の往復+1泊(5,600円)料金の比較

往復方法 往復+1泊の合計 通常きっぷ利用時との差額
のぞみ通常料金 33,840円 なし
金券ショップチケット 約32,200円 ▲1,640円
エクスプレス予約 31,680円 ▲2,160円
学割(のぞみ指定席) 30,460円 ▲3,380円
EXのぞみファミリー早特 29,620円 ▲4,220円
EX早特21 27,400円 ▲6,440円
ぷらっとこだま 26,400円 ▲7,440円
EXこだまファミリー早特 25,200円 ▲8,640円
新幹線パック(のぞみ) 25,200円 8,640円
新幹線パック(こだま) 22,800円 ▲11,040円

1泊5,600円の同じホテルで宿泊した時の「往復+1泊」料金を比較しました。
新横浜-新大阪では、新幹線ホテルパックを使った時、「のぞみ」料金は最安値

おすすめの格安新幹線パック

 

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

新横浜-新大阪で利用すると、1人8,640円2人で17,280円お得
往復+宿泊の合計で比較すれば「のぞみ」料金は最安値です!
ネット予約した新幹線チケットは出発までに自宅へ宅配。
3日前まで予約できますが、お得なプランは早く完売します。

横浜-大阪の新幹線について詳しく(Q&A)

新横浜-新大阪の指定席・自由席の料金や新幹線の予約方法など、今までご紹介したものを少し整理しながら確認してみましょう。

新幹線の予約方法は?

東海道・山陽新幹線は、エクスプレス予約スマートEXの2つで予約が可能です。

新横浜-新大阪で、新幹線が予約でき、料金が割引になるのはこの2つ。
これ以外に、えきねっとe5489でも新幹線の予約はできますが、料金は割引にはならず、きっぷの受取りも不便です。

もし、これから新幹線を予約したいのであれば、スマートEXなら年会費は無料で、クレジットカードと交通系ICカードを登録すれば、すぐに予約が可能です。
ただし、年会費は無料ですが、通常予約の料金は片道200円しか安くなりません。

それに対して、エクスプレス予約は年会費が1,080円かかります。
しかし、新幹線料金は年間通して安く、年末年始・GW・お盆も割引料金。
年会費を払っても、新横浜-新大阪を一度往復すれば元は取れます。
ただし、利用開始までに時間がかかるため、今すぐには列車の予約はできません。

 

 新横浜-新大阪で使える「早割」は?

新横浜-新大阪では5つの「早割」を利用することができます。そして、事前予約ができるなら、さらに2つの方法が利用できます。

この区間で利用できる早割は次の5つで、いずれもエクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入することができます。

  • EX早特21:のぞみ指定席、朝6時台と11~15時台出発限定
  • EXのぞみファミリー早特:のぞみ指定席・グリーン車、2人以上・土休日限定
  • EXグリーン早特:グリーン車のみ、朝6時台のぞみ・終日ひかり
  • EXこだまファミリー早特:こだま指定席・グリーン車、2人以上
  • EXこだまグリーン早特:こだまグリーン車のみ

「EX早特21」のみ21日前までに予約、それ以外は3日前までの予約が必要です。

全て年末年始・GW・お盆は設定除外日なので利用不可。

 

そして、これ以外に、事前予約が可能なら、「ぷらっとこだま」「新幹線ホテルパック」も利用可能です。

「ぷらっとこだま」は店頭なら前日まで購入可。

新幹線ホテルパックはネットで3日前まで予約でき、早割より料金は格安です!

 

金券ショップの新幹線格安チケットは安い?

料金は回数券と同じくらいで片道13,300円前後でしょう。

金券ショップへ行くと売ってる新幹線格安チケット。

基本的には回数券のバラ売りで、1枚から購入することができます。

料金は回数券と大きな差はなく、回数券が1枚13,290円なので、それに近い値段ですが、当然、店舗によって若干販売価格は違います。

金券ショップで買った新幹線チケットも、ルールは回数券と同じで、有効期間内の年末年始・GW・お盆以外の時期にしか利用はできません。

指定席に乗る際は、駅の窓口や券売機で座席指定手続きをしてから乗車します。

 

自由席に乗るのはお得?

新横浜-新大阪では、自由席の料金はあまり安くなりません。

自由席に乗って得するのは2つのケース。

1つは学割を利用する学生で、片道料金13,290円が11,600円まで安くなります。

そして、もう1つは、乳幼児がいる家族の場合、乳幼児は自由席なら無料

子供料金も不要なので、家族全員で自由席に乗ると旅行費用は安くなります。

この2つのケースでも、往復&宿泊する新幹線旅行なら、新幹線ホテルパック指定席に乗った方が安いです。

 

子供料金と家族の旅行費用

子どもがいる家族であれば、子供料金も知っておきたいところですね。
そこで、新横浜-新大阪の新幹線の子供料金と、家族での旅行費用を安くする方法を考えてみましょう。

まずは、子供料金を確認しましょう。

新横浜-新大阪の子供料金

新横浜-新大阪の通常きっぷの子供料金です。(グリーン車除く)

7,060円 のぞみ指定席

6,900円 ひかり・こだま指定席

6,640円 自由席

この料金は、以下の方法で安くすることができます。

7,100円 ぷらっとこだま
6,960円 スマートEXのぞみ
6,800円 スマートEXひかり・こだま
6,520円 エクスプレス予約
6,000円 EXのぞみファミリー早特
約5,100円 新幹線ホテルパックのぞみ
4,890円 EXこだまファミリー早特
約4,300円 新幹線ホテルパックこだま

以上、全て通常期の料金です。
スマートEXは繁忙期・閑散期に料金が変わります。

子供料金について解説

基本的には、通常きっぷなど子供料金は大人の半額。
対象は小学生の子どもですが、幼児も指定席で座席を確保すると子供料金がかかります。
詳しくは⇒新幹線の子供料金について

割引きっぷも、基本的には片道料金は大人料金の半額です。
しかし、「ぷらっとこだま」は子供料金が通常きっぷより高いです。

新横浜-新大阪で子どもと一緒に新幹線に乗るなら、「のぞみ」は「EXのぞみファミリー早特」、「こだま」は「EXこだまファミリー早特」が安いです。
乗車日より3日以上前なら、今からスマートEXに登録すれば購入可能。

なお、子どもと一緒に宿泊する新幹線旅行なら、新幹線ホテルパックこれ以上に安いです。

家族旅行を格安にする!

家族旅行も、日帰りや宿泊先が決まっている場合は、「EXのぞみファミリー早特」や「EXこだまファミリー早特」を利用するとお得です。
しかし、宿泊も予約する場合は、家族旅行も新幹線ホテルパックがお得!

実際に、大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人4,000円×3人)の合計料金を比較してみましょう!

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
のぞみ通常料金 35,300円 82,600円
エクスプレス予約 32,600円 77,200円
EXのぞみファミリー早特 30,020円 72,040円
ぷらっとこだま 28,900円 69,800円
自由席(幼児) 26,580円 65,160円
新幹線パック(のぞみ) 約24,700円 61,600円
EXこだまファミリー早特 24,490円 60,980円
新幹線パック(こだま) 約19,500円 53,600円

※「自由席(幼児)」は、幼児が自由席に乗った場合

片道料金も1泊2日の旅行費用も、安いのは「こだま」の新幹線ホテルパックと「EXこだまファミリー早特」です。
しかし、新横浜-新大阪は「こだま」に乗ると、片道3時間35分、往復7時間以上。
子どもを連れて乗りたくないですよね?

子どもがいる家族旅行なら、新横浜-新大阪のおすすめは「のぞみ」。
そして、子どもが幼児であっても、自由席よりも新幹線ホテルパックで指定席に乗るのが安いです!

「のぞみ」利用の新幹線ホテルパックなら、通常きっぷを使うよりも、3人で往復+1泊21,000円お得です!

格安な新幹線パック ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

新横浜-新大阪のグリーン車料金

最後に、グリーン車料金についてご紹介しましょう。
新横浜-新大阪のグリーン車の通常料金は…

18,900円 のぞみ

18,590円 ひかり・こだま

これが、グリーン車の正規料金ですが、この料金も以下の方法で安くなります。

18,700円 スマートEXのぞみ
18,590円 回数券(6枚11,540円)
18,390円 スマートEXひかり・こだま
17,810円 エクスプレス予約
14,070円 EXのぞみファミリー早特
14,070円 EXグリーン早特
12,200円 新幹線ホテルパックのぞみ
11,900円 ぷらっとこだま(繁忙期13,100円)
11,100円 EXこだまグリーン早特
10,800円 EXこだまファミリー早特
約9,700円 新幹線ホテルパックこだま

以上が新横浜-新大阪のグリーン車で使える割引きっぷです。

グリーン車の料金を解説!

新横浜-新大阪のグリーン車通常料金は、のぞみ18,900円、ひかり・こだま18,590円。
この料金は、学割を除けば、エクスプレス予約・スマートEX・回数券・新幹線格安チケット・ぷらっとこだま・新幹線ホテルパックで安くすることができます。

まず、回数券の料金は「ひかり・こだま」の通常料金と同額です。
金券ショップの格安チケットも回数券なので、これ以上の安さは期待できません。
そして、スマートEXで安くなるのは、普通車指定席と同じ片道200円。
エクスプレス予約でも、通常予約では1,090円しか安くはなりません。

グリーン車料金も、安いのはエクスプレス予約・スマートEXの「早特」。
「のぞみ」は「EXのぞみファミリー早特」と「EXグリーン早特」が同額で安く、「EXグリーン早特」は、列車の時間帯が限定されますが、平日でも1人でも利用することができます。

また、「こだま」なら「EXこだまファミリー早特」と「EXこだまグリーン早特」が安く、「EXこだまグリーン早特」は1人でも利用可能です。

そして、往復+宿泊するなら、それ以上に安いのが新幹線ホテルパック
「のぞみ」でも「こだま」でも、宿泊費を引いた実質の片道料金は新横浜-新大阪の最安値です!

 

新横浜-新大阪の新幹線基本情報

新横浜-新大阪の新幹線について、距離・所要時間などのデータと、空席状況・時刻表などを簡単に調べることができるサイトをご紹介します!

距離・所要時間と停車駅

新横浜-新大阪の営業キロ数は527.6キロ。
片道101キロ以上なので、学割は利用可。
片道601キロに満たないため、往復割引は利用できません。

所要時間は列車によって違い、

のぞみ:約2時間10分~15分
ひかり:約2時間35分~40分

こだま:約3時間35分

新横浜-新大阪間の「のぞみ」停車駅は、名古屋・京都のみ。
「ひかり」は列車により、小田原・三島・静岡・浜松・豊橋などに停車。
停車駅が多いため「のぞみ」より所要時間が若干かかります。
そして、「こだま」は各駅に停車し「のぞみ・ひかり」の通過を待ちます。

時刻表と始発・終電

新横浜駅の時刻表 新大阪駅の時刻表
新横浜駅と新大阪駅の時刻表を確認することができます。

新横浜発:始発6:00、最終22:23
新大阪発:始発6:00、最終21:42

空席情報

JRサイバーステーション空席案内
このサイトで空席の有無を確認することができます。