「EXこだまファミリー早特」は「ぷらっとこだま」よりお得?

エクスプレス予約・スマートEXには6つの「早特」きっぷがあります。
その1つが「EXこだまファミリー早特」。

「EXこだまファミリー早特」が利用できる区間や料金、購入の条件や注意点などを紹介!
「ぷらっとこだま」とも料金を比較します。

「EXこだまファミリー早特」とは?

「EXこだまファミリー早特」とは、エクスプレス予約・スマートEXの会員のみ購入できる早割の1つで、その名称の通り、3日前までに予約すると東海道新幹線「こだま」に格安に乗ることができます。
この「EXこだまファミリー早特」について詳しくご紹介しましょう!

利用できる列車・座席・条件は?

「EXこだまファミリー早特」で乗れるのは、「こだま」の普通車指定席グリーン車
2人以上の利用が条件で、子供料金の設定もあります。

2人以上であれば、大人2人でも、大人1人・子ども1人でもOK。
利用できる区間で、出発日の1ヶ月前から3日前までに購入します。

MEMO
「EXこだまファミリー早特」は「こだま」の利用が基本ですが、名古屋-京都・新大阪間は、一部の「ひかり」(491号・495号)も利用することができます。

使えるのは東海道新幹線区間のみ

「EXこだまファミリー早特」が設定されているのは、東海道新幹線の区間(東京~新大阪)の「のぞみ」停車する駅の区間のみで、山陽新幹線区間(新大阪~博多)には設定がありません。

東京・品川・新横浜-名古屋・京都・新大阪、名古屋-京都・新大阪の区間以外では利用することができません。

料金は?

「EXこだまファミリー早特」の普通車指定席「大人」料金の一例です。

区間 通常料金 EXこだまファミリー早特 差額
東京-名古屋 10,880円 7,900円 ▲2,980円
東京-京都 13,600円 9,800円 ▲3,800円
東京-新大阪 14,140円 9,900円 ▲4,240円
名古屋-京都 5,590円 4,100円 ▲1,490円
名古屋-新大阪 6,350円 4,200円 ▲2,150円

東京-新大阪など、「こだま」の通常料金と比較するとかなり格安なのがわかります。
「のぞみ」が停車する区間で「こだま」を利用するとこのように料金は安くなります。

なお、「のぞみ」も安くなる方法があるので、こちらも参考にしてください。
参考ページ⇒新幹線「のぞみ」に格安に乗る15の方法を解説!

予約・購入方法と使い方

「EXこだまファミリー早特」が使えるのは、東海道新幹線の「のぞみ」停車駅の区間。
そして、2人以上で「こだま」の普通車指定席またはグリーン車を利用する時です。
エクスプレス予約・スマートEXで、この条件で3日前までに予約する時、「こだま」を選択すると、画面に「EXこだまファミリー早特」の選択肢が表示されますので、それを選択すれば予約は完了します。

MEMO
予約画面で「ひかり・さくら・こだまのみ検索」すると簡単です。

そして、「EXこだまファミリー早特」は2人以上で利用するので、「きっぷ」を専用発券機で発券しなければなりません。会員本人もICカードではなく、きっぷを発券して乗車します。

もし、2人で新幹線に乗る時に、2人ともエクスプレス予約かスマートEXの会員であっても、別々に予約するのではなく、1人がまとめて予約しなければなりません。

「EXこだまファミリー早特」の注意点

次に「EXこだまファミリー早特」の注意点を確認しておきましょう!

設定除外日がある

「EXこだまファミリー早特」は利用できない期間があります。

エクスプレス予約・スマートEXの「早特」には年末年始・GW・お盆など設定除外日があり、この「EXこだまファミリー早特」も利用することができません。

2018年は5月3日~6日、8月11日~12日、12月28日~1月4日は利用できません。

もし、この期間中に「こだま」に安く乗りたい方は「ぷらっとこだま」を利用すると安くなりますが、繁忙期料金なので、通常期ほど安くはありません。

乗り遅れに注意!

「EXこだまファミリー早特」は指定した列車の座席のみ利用可能です。
もし、指定した列車に乗り遅れた場合、他の列車の自由席にも乗ることができません。
乗り遅れそうな場合、必ず出発時刻前に変更の手続きを行いましょう。

乗車できるのは新幹線区間のみ

「EXこだまファミリー早特」は通常きっぷと違い、新幹線の駅~新幹線の駅の区間しか利用することができません。
通常きっぷの場合、東京-新大阪なら「東京都区内~大阪市内」で前後の在来線にもそのまま乗ることができますが、エクスプレス予約・スマートEXで予約した場合は、乗車区間は新幹線の区間に限定されます。

「ぷらっとこだま」と比較してみる!

東海道新幹線の「こだま」に格安に乗る方法として有名なのが「ぷらっとこだま」。
この「ぷらっとこだま」と「EXこだまファミリー早特」はどちらがお得なのか?
料金を中心にこの2つを比較してみましょう!

料金以外を比較

まずは、料金以外を比較してみます。

比較項目 EXこだまファミリー早特 ぷらっとこだま
購入方法 エクスプレス予約・スマートEXのみ ネット・店頭
購入期限 3日前 ネット5日前、店頭は前日
区間 のぞみ停車駅のみ 静岡・浜松も設定あり
人数 2~6人 1人からOK
座席 指定席・グリーン車 指定席・グリーン車
乗り遅れ 無効 無効

「EXこだまファミリー早特」はエクスプレス予約・スマートEXでしか購入できませんが、「ぷらっとこだま」は店頭(JR東海ツアーズ・JTB)でも購入可能。
そして、店頭なら前日でも購入することができます。

また、「ぷらっとこだま」は「のぞみ」停車駅区間だけでなく、静岡・浜松発着の区間でも利用することができます。

購入方法・購入期限や区間にも違いがありますが、注目したいのは人数。
「EXこだまファミリー早特」は2人以上が条件なのに対し、「ぷらっとこだま」は1人でも利用することができます。

料金を比較

では、料金はどちらが安いのか?
まずは、普通車指定席の大人料金のみで比較してみましょう。

区間 EXこだまファミリー早特 ぷらっとこだま
東京-名古屋 7,900円 8,300円
東京-京都 9,800円 10,300円
東京-新大阪 9,900円 10,500円
名古屋-京都 4,100円 4,300円
名古屋-新大阪 4,200円 4,400円

普通車指定席の大人料金は、全てEXこだまファミリー早特の方が安いです。
次に、家族で利用した時の料金を比較してみましょう。

家族旅行は「EXこだまファミリー早特」が安い!

「ぷらっとこだま」も「EXこだまファミリー早特」も、子供料金の設定があります。
しかし、「ぷらっとこだま」の子供料金は安くありません。
子供料金を含めた家族旅行時の料金を比較すると、さらに差が開きます。

大人2人・子ども2人の往復の合計料金で比較してみましょう。

区間 EXこだまファミリー早特 ぷらっとこだま
東京-名古屋 47,400円 55,200円
東京-京都 58,760円 69,200円
東京-新大阪 59,400円 70,800円
名古屋-京都 24,600円 28,800円
名古屋-新大阪 25,200円 30,400円

このように、子供料金を含めて比較すると、「EXこだまファミリー早特」の方がずっと安いのがわかります。
しかし、「EXこだまファミリー早特」は2人以上が条件。
1人で「こだま」を利用するなら「ぷらっとこだま」が安いです。

比較のまとめ

  • 1人なら「ぷらっとこだま」、2人以上は「EXこだまファミリー早特」が安い
  • 家族旅行なら絶対に「EXこだまファミリー早特」
  • 「ぷらっとこだま」は店頭で前日でも購入可