「EXグリーン早特」は「ひかり」のグリーン車がお得です!

エクスプレス予約・スマートEXには、早めに予約すると料金が安くなる「早特」きっぷが6つあります。その1つが「EXグリーン早特」。

この「EXグリーン早特」について詳しく解説します!

「EXグリーン早特」とは?

「EXグリーン早特」とは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる早割のきっぷの1つで、設定された区間の列車を3日前までに予約すると、グリーン車に安く乗ることができます。

利用できる列車の時間帯や区間が限定されますが、料金は間違いなく安いです。

利用できる列車・時間帯は?

「EXグリーン早特」で乗れる新幹線は限定されています。
使用できるのは、朝6時台に乗車駅を出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」。
当然、座席はグリーン車のみです。

区間も限定!

「EXグリーン早特」の設定がある区間は、東京・品川・新横浜-名古屋・京都・新大阪・新神戸のみで、どちらの駅からも利用することができます。

「EXグリーン早特」の料金

「EXグリーン早特」の料金を「のぞみ」グリーン車の通常料金と比較してみましょう。

区間 通常料金 EXグリーン早特 差額
東京-名古屋 14,680円 11,830円 ▲2,850円
東京-京都 18,690円 13,860円 ▲4,830円
東京-新大阪 19,230円 14,400円 ▲4,830円
東京-新神戸 19,800円 14,710円 ▲5,170円

この他の区間の料金は公式サイトで確認できます。

東京-新大阪の普通車指定席料金は14,450円、東京-新神戸は15,100円。
普通車指定席に乗るよりも「EXグリーン早特」でグリーン車に乗った方が安いです。

予約・購入方法

「EXグリーン早特」はエクスプレス予約かスマートEXで予約・購入します。
設定がある区間で、3日前までに新幹線の予約をする時、対象の列車(6時台の「のぞみ」と終日「ひかり」)を選択すると、「EXグリーン早特」が表示されます。
これを選択し手続きを進めれば予約は完了します。

使い方・乗車方法

「EXグリーン早特」も通常の予約と同じように利用します。
会員本人のみで利用する場合、エクスプレス予約会員なら専用ICカードで、スマートEX会員なら登録した交通系ICカードで改札を通ります。
2人以上の場合は、専用券売機できっぷを発券し改札を通ります。

「EXグリーン早特」はここに注意!

「EXグリーン早特」には、通常予約とは違う注意点があります。
簡単にご紹介しましょう!

子供料金の設定がない

「EXグリーン早特」には子供料金の設定がありません
利用できるのは大人のみなので、子どもと一緒にグリーン車に乗るときには、他の方法で乗る必要があります。

そんな時に利用できるのが「EXのぞみファミリー早特」。
設定区間は「EXグリーン早特」と全く同じで、大人のグリーン車料金も同額。
そして、子供料金の設定がありますが、利用できるのは土休日に限られます。

 長距離区間では使えない

「EXグリーン早特」が使えるのは東海道新幹線を中心とした比較的短い距離の区間。
東京-広島・博多などの長距離区間では利用することができません。

ところが、長距離区間には「グリーン車」にも乗れる別の早特が存在します。
それが、「EX早特」。

「EX早特」の予約期限も3日前まで。
そして、グリーン車も利用可能で、子供料金の設定もあります。

設定除外日に注意

「EXグリーン早特」にも設定除外日があります。
このきっぷが使えないのは年末年始・GW・お盆など。

2018年は5月3日~6日、8月11日~12日、12月28日~1月4日は利用できません。

変更・乗り遅れに注意

「EXグリーン早特」の購入期限は乗車日の3日前までです。
この期間中の変更なら、空席があれば「EXグリーン早特」にも変更することができます。
しかし、3日前を過ぎてしまった場合、変更はできますが、通常予約の料金になってしまいます。もし変更するなら、可能な限り3日前までに変更しましょう!

また、「EXグリーン早特」は指定した列車・座席以外に乗ることができません。
もし乗り遅れそうな時は、必ず出発前までに変更しましょう。

他の早特と比較!

エクスプレス予約・スマートEXには、「EXグリーン早特」と同じくグリーン車に安く乗れる「早特」があります。「のぞみ」「ひかり」のグリーン車も利用できるのは、「EXのぞみファミリー早特」「EX早特」の2つ。

この2つと「EXグリーン早特」はどう違うのか?比較してみましょう。

比較対象 EXグリーン早特 のぞみファミリー早特 EX早特
予約期限 3日前 3日前 3日前
区間 近距離区間 近距離区間 長距離区間
列車 ひかり・早朝のぞみ 終日のぞみ 終日のぞみ
人数 1~6名 2~6名 1~6名
利用日 除外日以外 除外日以外の土休日 除外日以外
子供料金 なし あり あり
平日 利用可 利用不可 料金アップ

比較してみると「EXグリーン早特」の特徴的なのは、列車がほとんど「ひかり」であることと、子供料金の設定がないことです。
区間や人数によって、「EXのぞみファミリー早特」や「EX早特」と使い分けるといいでしょう。

宿泊するなら新幹線パックの方が安い!

「EXグリーン早特」の料金は、東京-新大阪・新神戸など、普通車指定席の通常料金よりも安いです。
しかし、宿泊する時には、そんな安いチケットよりも新幹線ホテルパックの方が安いです。

例えば、東京-新大阪を「EXグリーン早特」で往復すると28,800円です。
そして、1泊6,900円のホテルに泊まると、往復+1泊で35,700円。

これを新幹線ホテルパックで予約すると、往復+1泊料金は32,600円。
「EXグリーン早特」で往復するよりも、1人3,100円安くなります。
しかも、このパックなら早朝以外の「のぞみ」を利用することもできます。

「EXグリーン早特」まとめ

  • 利用できる列車は早朝「のぞみ」と終日「ひかり」
  • 東京・品川・新横浜-名古屋・京都・新大阪・新神戸のみ
  • 子ども同伴で土休日なら「EXのぞみファミリー早特」を使おう
  • 長距離区間なら「EX早特」を使おう
  • 宿泊するなら新幹線ホテルパックの方が安い