新幹線【往復割引】の基本と活用法※往復割引の料金は安くない!

JRには往復分の乗車券を同時に購入すると、新幹線にも安く乗れる割引制度があります。
それが「往復割引」。

「この往復割引についてもっと詳しく知りたい!」
「往復割引で新幹線に乗ると、本当にお得なのか?」という方へ!

まず、往復割引の条件やきっぷの購入方法など基本を詳しくご紹介します。
さらに、新幹線料金が安くなる往復割引の活用法を解説。
そして、往復割引よりもっとお得な方法を全てご紹介します!

 

同じ区間を往復+宿泊する方は、往復割引よりこちらが安いです!

宿泊するなら往復割引より格安!

新幹線ホテルパック

出発3日前まで新幹線とホテルの同時予約が可能。
ネットで予約したチケットは出発までに自宅へ届きます。
往復割引では往復3,000円程度しか安くなりませんが、このパックで安くなるのは10,000円以上
特に東海道・山陽新幹線では他の格安きっぷよりも安いです。

往復割引が使えない東京-新大阪などの区間で使っても安いです!

新幹線で使える往復割引きっぷの基本

新幹線で往復割引を利用するには、どんな条件をクリアしていればいいのか?
また、対象の距離・区間、割引率や計算方法などの基本を解説します。

この往復割引を簡単に説明するなら…

  • 片道601キロ以上の区間で往復分の乗車券を同時に購入
  • ⇒これで乗車券(運賃部分)が1割引
  • 乗車当日にも購入可能
  • 通年で割引適用
  • 普通車指定席・自由席・グリーン車の全て乗車可

往復割引の距離は601キロ以上

往復割引の条件の1つに、乗車区間の距離があります。
往復割引になるのは、片道の営業キロ数が601キロ以上の区間での往復のみ。
この601キロ以上の区間の乗車券を往復分同時に購入すると割引になります。

参考JR西日本「往復割引乗車券」

例えば、東京-新神戸間の距離は589.5キロなので、往復分の乗車券を同時に購入しても往復割引にはなりません。
しかし、片道約644キロある東京-姫路なら往復割引になります。

MEMO
なお、新幹線の乗車区間の距離が600キロ以下でも、前後に利用する在来線の距離を合わせて601キロ以上であれば往復割引は適用されます。例えば、千葉から新神戸までの距離は627.8キロなので、この区間の往復分の乗車券を同時に買えば、往復割引になります。

割引になるのは「乗車券」の1割

往復割引で割引になるのは乗車券のみで、割引率は1割引
新幹線のきっぷは乗車券+特急券で構成されますが、このうち割引の対象は乗車券のみ。
例えば、新横浜-広島なら、乗車券11,340円が往復割引で1割引になり10,200円に。
往復割引では特急券の料金は安くなりませんので、普通車でもグリーン車でも自由席でも、どの座席に乗っても割引額は同じです。

往復割引料金の計算方法

往復割引が適用されたきっぷの料金は以下のように計算します。

乗車券×0.9(1円単位の端数切り捨て)+特急券料金=往復割引の片道料金

乗車券と特急券の料金は、ヤフー路線情報などで出発地・到着地を入力すれば調べることができますので、往復割引適用時の新幹線料金は簡単に計算することができます。

なお、東海道・山陽新幹線の区間であれば、スマートEX運賃ナビを使って同じように発駅・着駅を選択すると、往復割引適用時の料金を簡単にチェックすることができます。

きっぷの有効期間と購入時期

JRの乗車券には有効期間があります。
有効期間は乗車する距離によって違い、往復割引が適用になる601キロ~800キロは5日間、801キロから1,000キロまでは6日間と決められています。

そして、往復乗車券の有効期間はその2倍
800キロまでは10日間、1,000キロまでは12日間です。

東京-岡山は732.9キロなので、往復乗車券の有効期間は10日。
東京-広島なら894.2キロなので、往復乗車券の有効期間は12日間です。

参考JR東日本(乗車券の有効期間)

そして、乗車券は出発当日でも購入することができます
指定席特急券の購入を急ぐ場合、1ヶ月前から購入することも可能です。
ただし、乗車券には有効期間がありますので、あまりにも長い旅行や出張の時には有効期間を確認して購入しましょう。

往復割引きっぷの購入方法

往復割引の切符を購入するにはどのように購入すればいいのでしょうか?

まず、往復割引きっぷは往復同じ区間でのきっぷ購入が条件です。
片道601キロ以上の区間の乗車券を、往復分同時に購入した時に割引が適用されます。
同じ区間を往復する時でも、最初に往復分の乗車券を買わないと割引になりません。

なお、新幹線の乗車に必要な特急券は同時に買っても別で買っても構いません
指定席・自由席・グリーン車などの特急券は、行きの分と帰りの分を分けて買うこともできますので、先に「往復乗車券と行きの特急券」を購入し、帰りの列車に乗る前に帰りの特急券を購入しても問題はありません。

きっぷの購入場所はネットでもOK

新幹線の往復割引きっぷを購入できるのは、駅の窓口や旅行会社の窓口
新幹線の通常きっぷが購入できる場所なら間違いなく購入することができます。

そして、JR東日本の「えきねっと」やJR西日本の「e5489」などを利用してネットで往復割引乗車券を購入することもできます。

MEMO
後ほどご紹介しますが、東海道・山陽新幹線はエクスプレス予約・スマートEXで「往復割引」商品をネット予約することができます。

あくまでも、必要なのは往復分の乗車券を同時に購入すること。
券売機でもきっぷは購入できますが、距離の条件を満たせば往復割引になるので、必ず往復分の乗車券を同時に購入しましょう。

乗継ぎ・乗り換えのある切符の購入方法

新幹線と在来線特急を乗り継いで移動する区間があります。
例えば、東京から松山へ行く場合、岡山まで新幹線を利用し、岡山から在来線特急を利用します。

この時、乗車券は新幹線と在来線区間は同時に往復分購入すればよく、新幹線・在来線を切り離して購入する必要はありません。
東京-松山の場合では、別々で購入すると岡山-松山は往復割引の適用にはなりませんが、東京-松山分の乗車券を同時に購入してしまえば、その全区間分が往復割引の対象です。

往復割引きっぷの使い方は?

往復分の乗車券さえ購入していれば、特急券を往復分同時に買っても問題ありません。
帰りの列車の時間が決まらない時には、帰り分の特急券は後で買っても問題ありません。

もし、事前に往復分の乗車券・特急券を買っている場合、行きには行きの乗車券・特急券を使い、帰りには帰りの乗車券・特急券を使います。
きっぷの発駅・着駅を確認して改札へ通しましょう。

途中下車・乗車も可能

往復割引は他の格安なきっぷとは違い、途中下車・途中乗車も可能です。
例えば、仙台から京都へ行く時、仙台-京都間の乗車券があれば、一度東京で降りて宿泊し、翌日その乗車券を再度利用することも可能。
広島から東京へ行く時、一度京都で降りて観光に行くこともできます。
ただし、この場合、特急券は途中下車後には無効になってしまいますので、広島-京都、京都-東京と分けて購入しましょう。

以上が、往復割引きっぷの買い方・使い方を含む基本です。

新幹線が安くなる!往復割引きっぷの活用法

往復割引を利用すると、乗車券のみ1割引になります。
これはどの区間でも、どの列車・座席の乗っても同じです。

しかし、往復割引を使いながら、さらに料金を安くする方法が4つあります。
利用できる方は、往復割引乗車券を購入するよりもこれを使った方がお得です!

(1)スマートEXサービス(往復割引)

東海道・山陽新幹線は、スマートEXを使って座席を予約することができます。
普通に片道分を予約すれば、通常きっぷの料金より200円安くなります。

このスマートEXには「スマートEXサービス(往復割引)」というきっぷがあり、片道601キロ以上の区間で往復分を同時に予約すると、料金は往復割引乗車券を駅で購入した金額よりさらに片道200円安くなります。

例えば、東京-福山の普通車指定席通常きっぷの料金は片道17,860円です。
これが往復割引乗車券を使うと、片道16,780円になります。
しかし、「スマートEXサービス(往復割引)」なら片道料金は16,580円です。

(2)EX予約サービス(往復割引)

東海道・山陽新幹線では、もう一つエクスプレス予約を利用することができます。
例えば、東京-福山なら片道料金は16,330円なので、往復割引乗車券よりも安いです。

さらに、エクスプレス予約にも「EX予約サービス(往復割引)」というきっぷがあり、同じように往復割引が使える区間で往復分を同時予約するとさらに料金は安くなります。

これを利用すると、東京-福山の片道料金は15,050円になります。

(3)学割と併用(学生のみ)

学生に限っては、新幹線で学割を利用することもできます。
片道601キロ以上の区間であれば、両方の条件を満たせば併用が可能。

乗車券の料金は、往復割引で1割引、さらに学割で2割引になります。
東京-福山なら、片道料金は14,830円なので、EX予約サービス(往復割引)より安いです。

さらに、学生であれば、次にご紹介する割引料金の特急券(e特急券)を利用するとお得!
この区間の片道料金は13,300円まで安くなります。

(4)割引料金の特急券

往復割引で割引になるのは乗車券だけですが、特急券を安く購入すれば、乗車券・特急券の両方が安くなります。

このような安い特急券を購入するには、エクスプレス予約・e5489・JR九州インターネット列車予約などの会員で、特定クレジットカードの会員である必要がありますが、間違いなく料金は安くすることができます。

例えば、熊本から新大阪へ行くなら、通常きっぷの料金は片道18,850円です。
この料金は、往復割引乗車券を利用すれば、片道料金は17,780円です。
しかし、割引料金の特急券「eきっぷ」を利用すれば、片道料金は15,710円。
さらに、3日前までに購入する「e早特」を使うと、片道14,910円になります。

東海道・山陽新幹線の場合、エクスプレス予約会員なら「e特急券」で同じことができますが、学割を利用することができる学生以外は「EX予約サービス(往復割引)」を使った方が料金は安いです。

なお、東北・北海道・秋田新幹線には、このような特急券単体で安くなるきっぷはありませんので、この方法を使うことはできません。

 

このような4つの方法で、往復割引乗車券の料金はさらに安くすることができます。

ところが、この往復割引の活用法よりもさらに安い方法があるのです。

往復割引より格安な往復方法とは?

往復割引で乗車券が1割引になり、さらにそれを安くする方法をご紹介しました。
しかし、区間によっては、これよりも安い方法がありますので、実際の料金を比較しながらご紹介しましょう!

早割の方が安い!

往復割引を活用するよりも、基本的に早割の方が料金は安いです。

例えば、東京-福山で「EX予約サービス(往復割引)」を使うと片道料金は15,050円です。
しかし、この区間ではエクスプレス予約・スマートEXで「EX早特」が3日前まで購入可能。
「EX早特」は平日14,900円、土休日14,700円とさらに安いです。
そして、もっと安いのが「EX早特21」で片道料金は13,900円。
(学生は学割・往復割引・e特急券の13,300円の方が安いです)

これは東海道・山陽新幹線に限らず、他の新幹線でも同じ。
東北・北海道・秋田新幹線でも、「お先にトクだ値」など早割を利用した方が安いです。

新幹線「早割」の徹底解説!早割の料金って本当に安いの?

宿泊するなら新幹線パックはもっと安い!

往復割引の適用区間は、新幹線でも片道約3時間、往復6時間以上。
日帰りする方もいるかもしれませんが、多くの方は宿泊するでしょう。
そんな時には、往復割引や早割よりも、さらに安いのが新幹線ホテルパック

例えば、東京-福山を最も安いEX早特21で往復し、1泊6,900円で宿泊します。
この1泊2日の往復+宿泊の合計料金は34,700円です。

ところが、これと同じ新幹線・ホテルをパックで予約すると、往復+1泊の合計料金は30,900円。
宿泊費を除いた新幹線の片道料金は、実質12,000円と超格安です!

宿泊するなら往復割引より安い!

新幹線ホテルパック

同一区間での往復+宿泊なら往復割引よりこれが安い!
3日前までに新幹線とホテルをネットで同時予約すると、チケットは出発までに自宅など指定場所へ届きます。
特に東海道・山陽新幹線では他の格安きっぷよりも安いです。