新大阪-博多の新幹線【片道・往復】料金を格安にする!

山陽新幹線の新大阪-博多間は618.5キロ。
所要時間は、のぞみ・みずほ・さくら約2時間30分、こだま約4時間20分~5時間。

料金は、のぞみ・みずほ指定席15,600円、ひかり・こだま・さくら15,280円、自由席は14,750円

この料金は、どうすれば安くなるのか?
そして、新大阪-博多の新幹線に一番格安に乗るには?を調査しました。

その結果、片道料金が最も安いのは…7,600円の「バリ得こだま」。
そして、のぞみ」に最も格安に乗れるのが

「のぞみ」往復+宿泊はこれが安い!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線ホテルパック。
新大阪-博多の実質片道料金は、のぞみ9,300円~10,400円、こだま7,300円
「のぞみ」通常きっぷで往復するより、1人約10,000円、2人なら25,000円お得!
往復+宿泊の合計料金で比較すると、これが一番安いです!
ネット予約した新幹線チケットは自宅へ届くので、きっぷの購入は不要。
3日前までの予約できますが、お得なプランは早く完売します。

それでは、新大阪-博多の指定席・自由席・グリーン車の料金を一覧で紹介!
大人・子供料金の正規料金と割引きっぷの料金が全てわかります。

新大阪-博多の新幹線料金(指定席・自由席)

新大阪-博多で利用できるのは「のぞみ・ひかり・こだま」と「みずほ・さくら」。
列車の本数が圧倒的に多い「のぞみ」を利用するのが便利です。

新大阪-博多の通常きっぷ料金(乗車券+特急券)は…

15,600円 のぞみ・みずほ指定席

15,280円 ひかり・こだま・さくら指定席

14,750円 自由席

そして、この料金は非常に多くの方法で安くなります!

15,400円 スマートEXのぞみ・みずほ
15,080円 スマートEXひかり・こだま・さくら
14,620円 往復割引のぞみ・みずほ指定席
14,420円 スマートEX(往復割引)のぞみ・みずほ
14,300円 往復割引ひかり・こだま・さくら指定席
14,100円 スマートEX(往復割引)ひかり・こだま・さくら
13,770円 往復割引自由席
13,640円 学割のぞみ・みずほ指定席
13,520円 回数券(6枚81,120円)
13,490円 エクスプレス予約(EX予約サービス)
13,320円 学割ひかり・こだま・さくら指定席
12,850円 学割+往復割引のぞみ・みずほ指定席
12,790円 学割自由席
12,530円 学割+往復割引ひかり・こだま・さくら指定席
12,510円 e特急券・eきっぷ+往復割引
12,310円 エクスプレス予約EX予約サービス(往復割引)
12,000円 学割+往復割引自由席
12,000円 EX早特(平日)
11,530円 学割+e特急券・eきっぷ
11,200円 EX早特(土休日)
10,740円 学割+往復割引+e特急券・eきっぷ
10,480円 スーパー早特きっぷ
10,400円 新幹線ホテルパック(のぞみ1人)
9,300円 新幹線ホテルパック(のぞみ2人)
8,660円 こだまスーパー早特きっぷ
7,600円 バリ得こだま・ひかり

7,300円 新幹線ホテルパック(こだま2人)

※通常期の料金ですが、スマートEX・学割・往復割引などは繁忙期・閑散期に変動

新大阪-博多の新幹線料金は20以上の方法で安くなります。
では、この区間の正規料金と割引きっぷについて、それぞれ解説しましょう!

(15,600円)通常きっぷ

新大阪-博多の通常料金は、「のぞみ・みずほ」指定席で片道15,600円。
「ひかり・こだま・さくら」は320円安く、片道15,280円。
そして、自由席の通常きっぷ料金は、どの列車に乗っても同じで14,750円。
普通車指定席の料金は、繁忙期に+200円、閑散期には-200円。
駅の窓口や券売機で、片道きっぷを購入するとこの料金です。

(15,400円)スマートEX

東海道・山陽新幹線をネットで簡単に予約できるスマートEX
通常予約(スマートEXサービス)を利用すると、通常きっぷの200円引き
新大阪-博多は、のぞみ・みずほ15,400円、ひかり・こだま・さくら15,080円。
自由席の料金は通常きっぷと同額で、割引にはなりません。
そして、往復分を予約する「スマートEXサービス(往復割引)」を利用すると、往復割引乗車券を利用するよりも、片道200円安くなります。
また、「EX早特」を利用すると安いです。

スマートEXについて詳しく

(14,620円)往復割引

片道601キロ以上の新大阪-博多では、条件を満たせば往復割引が適用されます。
往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券が1割引になり片道980円お得
往復割引乗車券を利用した新大阪-博多の料金は、のぞみ・みずほ14,620円、ひかり・こだま・さくら14,300円、自由席13,770円。
繁忙期・閑散期は料金が変動しますが、一年中利用が可能。
当日に切符を購入しても有効で、学割とは同時に使えます。

往復割引について詳しく

(13,640円)学割

片道101キロ以上の新大阪-博多では、学生は学割も利用可。
学割を利用すると、乗車券9,790円が2割引になり7,830円。
のぞみ・みずほ13,640円、ひかり・こだま・さくら13,320円、自由席12,790円。
学割利用時は、駅の窓口で往復分の乗車券を購入すると往復割引も適用され、乗車券は7,040円になるので、片道2,750円お得です。
学割+往復割引で、のぞみ12,850円、ひかり・こだま12,530円、自由席12,000円。
そして、エクスプレス予約会員なら「e特急券」、J-WESTカード会員またはJQカード会員は「eきっぷ」を購入し、学割・往復割引で乗車券を購入すると、片道10,740円まで安くなります。

学割について詳しく

(13,520円)回数券・新幹線格安チケット

新大阪-博多では、普通車指定席用の回数券を利用することができます。
回数券は6枚1セットでの販売で、この区間の1枚料金は13,570円。
全列車で利用が可能で、のぞみ通常料金より安くなるのは片道2,080円。
ただし、有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用できません。
なお、金券ショップの新幹線格安チケットは、この回数券の1枚売りです。
料金は店舗によって違いますが、回数券とほとんど同じで13,600円前後。

回数券について詳しく

(13,490円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を会員限定で割引予約できるエクスプレス予約
年会費が1,100円かかりますが、年末年始・GW・お盆も割引料金。
新大阪-博多の料金は、通常予約(EX予約サービス)で13,490円、往復割引を使う「EX予約サービス(往復割引)」で12,310円です。
そして、早割の「EX早特」を利用すると、さらに安くなります。

エクスプレス予約について詳しく

(12,000円・11,200円)EX早特

エクスプレス予約・スマートEX会員のみ利用できる「EX早特」。
これが利用できるのは、「のぞみ」の普通車指定席とグリーン車。
3日前までの予約が必要で、年末年始・GW・お盆は利用できません。
平日と土休日で料金が違い、新大阪-博多は平日12,000円、土休日は11,200円。

EX早特について詳しく

(10,480円)スーパー早特きっぷ

新大阪-博多で使えるネット限定の早割きっぷ「スーパー早特きっぷ」。
これが購入できるのはe5489またはJR九州インターネット列車予約で、購入期間は乗車日の1ヶ月前から14日前まで。
料金は片道10,480円と安く、「みずほ・さくら」も利用可。
予約後に変更ができないことや、乗り遅れても後続列車の自由席に乗れないというルールには注意が必要です。

スーパー早特きっぷについて詳しく

(8,660円)こだまスーパー早特きっぷ

e5489から購入できる「こだまスーパー早特きっぷ」。
「こだま」普通車指定席のみ利用することができ、料金は片道8,660円。
購入期間は1ヶ月前から14日前までで、購入後の変更は不可。
大人だけでなく、子供料金の設定もあります。

こだまスーパー早特きっぷ(公式サイト)

(7,600円)バリ得こだま・ひかり

「こだま」と一部「ひかり」限定で安くなる「バリ得こだま・ひかり」。
料金は半年くらいで変わりますが、現在の新大阪-博多の料金は片道7,600円
「こだま」指定席が基本ですが、「ひかり」グリーン車は500円アップで乗車可。
片道ずつネットで出発3日前まで購入することができます。

バリ得こだまについて詳しく

(約7,300円~10,400円)新幹線ホテルパック

往復新幹線とホテルを同時に予約すると安い新幹線ホテルパック
「のぞみ」に乗っても往復+宿泊の合計料金は、これが最も安いです。
実際のパック料金を調べてみると、大阪発⇒博多行きで、1泊6,000円のホテルで宿泊するパックの料金は1人26,800円。
パック料金から宿泊費を引いた新幹線の片道料金は実質10,400円です。
そして、このパックは、2人以上で利用すると料金はさらに安くなります。
1人分の料金は往復+1泊で24,600円なので、片道料金は実質9,300円
そして、往復に「こだま」を利用すると、実質料金は片道7,300円と格安です!

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

指定席の料金を格安にするには?

新大阪-博多の所要時間は、「のぞみ・みずほ・さくら」で約2時間30分。
各駅停車の「こだま」に乗ると、片道4時間20分、往復なら8時間40分かかります。

新大阪-博多では、列車の本数が多く、便利なのは間違いなく「のぞみ
この「のぞみ」に安く乗る方法を考えたいものです。

大阪-福岡は飛行機との競合があるため、割引きっぷが多く「のぞみ」も安くなります。
特に安いのは「スーパー早特きっぷ」と「EX早特」。
しかし、「スーパー早特きっぷ」は10,480円と安いですが、購入期限は14日前まで。
それに対し「EX早特」は平日12,000円、土休日11,200円ですが、予約期限が3日前までなので利用しやすいでしょう。

そして、往復+宿泊するなら、この2つより安いのが新幹線ホテルパック
通常きっぷ(15,600円)で往復し1泊6,000円で泊まると、合計37,200円かかります。
しかし、これを新幹線パックで予約すると、往復+1泊で26,800円。
2人で利用すると、往復+1泊で1人24,600円と安いです。
1人で利用しても10,400円お得、2人なら合計25,200円お得
3日前まで予約でき、チケットも送ってくれるので使いやすいです。

なお、料金重視で「こだま」を利用する方は、片道が安いのは「バリ得こだま」。
しかし、「こだま」で往復+宿泊するなら、やはり新幹線ホテルパックが安いです。

新大阪-博多の往復+1泊(6,000円)料金の比較

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
のぞみ指定席 37,200円 なし
往復割引 のぞみ指定席 35,240円 ▲1,960円
学割×往復割引指定席(のぞみ) 31,700円 ▲5,500円
EX予約サービス(往復割引) 30,620円 ▲6,580円
EX早特(土休日) 28,400円 ▲8,800円
スーパー早特きっぷ 26,960円 ▲10,240円
新幹線パック(のぞみ1人) 26,800円 10,400円
新幹線パック(のぞみ2人) 24,600円 12,600円

新大阪-博多の「のぞみ」往復+1泊6,000円の合計料金を比較しました。
同じ「のぞみ」に乗っても、利用する方法によって料金はここまで変わります!

 

格安な新幹線ホテルパックはこれ!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線ホテルパック。
新大阪-博多「のぞみ」往復で通常きっぷより1人10,400円、2人なら25,200円お得!
ネット予約した新幹線チケットは自宅へ届くので、きっぷの購入は不要。
コンビニ・郵便局でもチケットの受取りが可能です!
3日前までの予約できますが、お得なプランは早く完売します。

 

新大阪-博多の新幹線料金について詳しく(Q&A)

新大阪-博多で使える「早割」は?

3つの「早割」と2つの方法で料金が安くなります。

新大阪-博多で使えるのは、「EX早特」「スーパー早特きっぷ」「こだまスーパー早特きっぷ」の3つ。

そして、早めの予約が可能なら、「バリ得こだま」「新幹線ホテルパック」を使うと安いです。

それぞれの予約期限と料金です。

14日前:スーパー早特きっぷ(10,480円)
14日前:こだまスーパー早特きっぷ(8,660円)
3日前:EX早特(平日12,000円・土休日11,200円)
3日前:バリ得こだま・ひかり(7,600円)
3日前:新幹線ホテルパック(実質7,300円~10,400円)

 

新大阪-博多で新幹線を予約する方法は?

エクスプレス予約・スマートEXとe5489・JR九州インターネット列車予約の4つで予約が可能です。

新大阪-博多の新幹線は、この4つの方法で予約ができます。

年会費無料で登録できるのは、スマートEXとe5489・JR九州インターネット列車予約。

スマートEXは片道200円安くなりますが、それ以外は割引なし。

往復割引を利用できるのみです。(スマートEXは往復割引の200円引き)

そして、安いのはエクスプレス予約。

年期費が1,100円かかりますが、通常予約で安くなるのは片道2,110円。

EX予約サービス(往復割引)で安くなるのは片道3,290円。

なお、e5489(J-WESTカード会員)とJR九州インターネット列車予約(JQカード会員)は、「eきっぷ」と往復割引を使うと、片道3,090円安くなります。

 

「みずほ・さくら」が安い方法は?

「みずほ・さくら」は「スーパー早特きっぷ」が安いです。

新大阪-博多は、九州・山陽新幹線の「みずほ・さくら」も利用できます。
この「みずほ・さくら」に安く乗れる方法は、ほとんど「のぞみ」と同じですが、「EX早特」は利用することができません

片道料金が最も安いのは「スーパー早特きっぷ」。

しかし、購入期限が早いため、予約できないこともあるでしょう。

もし、「みずほ・さくら」に乗りたい時、「スーパー早特きっぷ」が購入できなければ、新幹線ホテルパックを利用しましょう!
「のぞみ」より2,000円ほど料金はアップしますが、それでも他のチケットより安いです。

 

金券ショップの格安チケットはいくら?

回数券と同じくらいなので13,600円前後でしょう。

大阪市内や福岡市内の金券ショップでも、新幹線格安チケットが購入できます。

これは、回数券を6枚セットではなく、1枚単位で販売しているものです。

料金は回数券と近く、新大阪-博多なら13,600円くらいでしょう。

指定席に乗るために、当日購入するのはお得です。

(事前予約が可能なら、EX早特新幹線ホテルパックの方が安いです。)

 

自由席はどうすれば安くなる?

自由席の料金は、学割・往復割引やエクスプレス予約で安くなります。

学割で乗車券は2割引、往復割引で乗車券は2割引。

学生なら両方を同時に利用することができます。

往復割引だけなら自由席は13,770円ですが、学割の併用で12,000円。

また、エクスプレス予約のEX予約サービス(往復割引)で自由席に乗ると、片道料金は12,310円ですが、この料金で指定席にも乗れるのでメリットはありません。

ただし、幼児同伴の場合、幼児は自由席は無料なので、指定席に乗るよりも家族全体の旅行費用は安くなります。

 

子供料金と家族旅行費用

大阪から福岡へ、福岡から大阪へ家族で新幹線を利用する方も多いでしょう。
その時に気になるのは、子供料金を含めた家族全体の旅行費用ですね。

では、次に、子供料金と家族旅行の費用を考えてみましょう!
まずは、新大阪-博多の子供料金について。

新大阪-博多の子供料金は?

新大阪-博多の新幹線の子供料金(乗車券+特急券)は…

7,790円 のぞみ・みずほ指定席

7,630円 ひかり・こだま・さくら指定席

7,370円 自由席

以上、グリーン車を除いた新大阪-博多の子供料金(正規料金)です。
この子供料金も以下の方法で安くなります。

7,690円 スマートEXのぞみ・みずほ指定席
7,530円 スマートEXひかり・こだま・さくら指定席
7,300円 往復割引のぞみ・みずほ指定席
7,200円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ・みずほ
7,140円 往復割引ひかり・こだま・さくら指定席
7,040円 スマートEXサービス(往復割引)ひかり・こだま・さくら
6,880円 往復割引自由席
6,740円 エクスプレス予約
6,250円 e特急券・eきっぷ+往復割引
6,150円 EX予約サービス(往復割引)
6,000円 EX早特(平日)
5,600円 EX早特(土休日)
5,230円 スーパー早特きっぷ
4,850円 新幹線ホテルパック(のぞみ)
4,320円 こだまスーパー早特きっぷ
3,850円 バリ得こだま・ひかり
3,850円 新幹線ホテルパック(こだま)

子供料金の対象は小学生で、料金は大人の半額が基本。
乳幼児は自由席に乗れば無料ですが、指定席を確保すれば子供料金です。
(乳幼児は指定席でも座席を指定しなければ無料)

新大阪-博多の子供料金が安いのは…
「のぞみ・みずほ・さくら」は「スーパー早特きっぷ」。
「こだま」は「バリ得こだま」。

そして、宿泊する新幹線旅行なら、さらに安いのは新幹線ホテルパックです。

家族旅行の費用を格安にする!

新大阪-博多では、いくつかの方法で新幹線に安く乗ることができます。
そして、子供料金も安くなり、家族旅行費用も安くなります。
その中でも、往復+宿泊する旅行が安いのは新幹線ホテルパック

では、例として、新大阪-博多の大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人5,400円)の合計料金を比較してみましょう!

往復方法 3人の片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席 38,990円 94,180円
往復割引 のぞみ指定席 36,540円 89,280円
EX予約サービス(往復割引) 30,770円 77,740円
EX早特(土休日) 28,000円 72,200円
自由席往復割引(幼児) 27,540円 71,280円
スーパー早特きっぷ 26,190円 68,580円
新幹線パック(のぞみ) 23,350円 62,900円
バリ得こだま 19,050円 54,300円
新幹線パック(こだま) 18,350円 52,900円

往復+1泊の合計で比較すると、のぞみ・こだまとも最も安いのは新幹線ホテルパック
「のぞみ」で往復するパックなら、通常料金で往復+1泊するより31,280円お得

MEMO
幼児がいても新幹線パックで指定席がお得!

子どもが幼児であれば、自由席に乗ると無料です。
家族全員で自由席に乗れば、かかるのは大人の自由席料金だけで、新大阪-博多なら往復割引を使って2人で片道27,540円、往復55,080円。
1人1泊5,400円で3人で宿泊すると、往復+1泊の合計は71,280円です。
これを新幹線パックで予約すれば、3人で62,900円なので、自由席に乗るよりも新幹線ホテルパックで指定席に乗った方がお得です!

 

新大阪-博多のグリーン車料金

新大阪-博多のグリーン車通常きっぷの料金は…

21,670円 のぞみ・みずほ

21,350円 ひかり・さくら

これがグリーン車の正規料金です。
この料金も、学割を除いていくつかの方法で安くすることができます。

21,470円 スマートEXのぞみ・みずほ
21,150円 スマートEXひかり・さくら
20,690円 往復割引のぞみ・みずほ
20,490円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ・みずほ
20,350円 往復割引ひかり・さくら
20,150円 スマートEXサービス(往復割引)ひかり・さくら
18,910円 回数券(6枚113,460円)
18,890円 エクスプレス予約(EX予約サービス)
17,710円 EX予約サービス(往復割引)
15,670円 EX早特(平日)
14,870円 EX早特(土休日)
12,400円 新幹線ホテルパック(のぞみ)
8,100円 バリ得こだま・ひかり(ひかり限定)

新大阪-博多のグリーン車料金も、以上の方法で安くなります。

グリーン車料金を格安にするには?

まず、山陽新幹線でグリーン車があるのは「のぞみ・みずほ」と「ひかり・さくら」で、「こだま」にはグリーン車がありません

新大阪-博多のグリーン車料金も、往復割引や回数券の他、エクスプレス予約・スマートEXとバリ得こだま・新幹線ホテルパックなどで安くなります。

まず、片道料金だけなら、最も安いのは「バリ得こだま・ひかり」。
「こだま」には自由席がないので、利用できるのは「ひかり」。
指定席の500円アップで格安ですが、列車の本数が少ないです。

そして、「のぞみ」のグリーン車もいくつかの方法で安くなります。
片道料金が最も安いのは、エクスプレス予約・スマートEXで購入する「EX早特」。
平日と土休日で料金は違いますが、いずれもこれより安いチケットはありません。

往復+宿泊でグリーン車を利用するなら、やはり安いのは新幹線ホテルパック

例えば、大阪発⇒博多行きで、往復+1泊の料金は30,800円。
このパック料金から宿泊費6,000円を引くと、実質のグリーン車料金は12,400円

通常きっぷでの往復時(49,340円)よりも、1人18,540円お得です!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」プランでグリーン車パックを探す