新幹線格安チケットを金券ショップで買う※料金は本当に安い?

「金券ショップの新幹線格安チケットは本当に安いのか?」気になりませんか?
実際のところ、新幹線格安チケットの料金は回数券とほぼ同じ
残念ながら、それほど安いわけではありません

金券ショップの格安チケットで往復して安くなるのは…
東京-名古屋の往復で1,400円、東京-大阪で1,500円、東京-広島で2,700円程度。

 

そして、新幹線にはこれより安く乗る方法はいくつもあります。
その中でも、往復+宿泊する方はこれが安いです!

金券ショップのチケットよりこれが格安!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルを同時予約すると格安な新幹線ホテルパック。
往復+宿泊で新幹線に乗るなら、金券ショップよりこちらが格安!
東京-名古屋で約6,000円、東京-大阪で8,000円、東京-広島なら往復10,000円以上安くなります。
3日前までの予約で、新幹線チケットは自宅など指定場所へ無料宅配。
往復+宿泊する方は、これを利用するのが最も安いです!

では、まずは、この料金について詳しく解説!
そして、金券ショップで販売している「格安チケット」とはどのようなものなのか?
新幹線格安チケットの購入方法・使い方、メリット・デメリットなども解説します。

 

【必見!】新幹線格安チケットの料金は本当に安い?

新幹線は区間ごとにいろいろな方法で安く乗ることができます。
その中で、金券ショップの新幹線格安チケットの料金はお得なのか?
3つの区間を例に、料金を比較してみました。

チケット 東京-名古屋 東京-新大阪 東京-広島
通常きっぷ 11,090円 14,450円 19,080円
スマートEX 10,890円 14,250円 18,880円
往復割引 なし なし 17,910円
新幹線格安チケット 約10,400円 約13,700円 17,700円
学割 9,830円 12,700円 16,740円
のぞみファミリー・EX早特 9,770円 12,340円 15,500円(土休日)
EX早特21 8,800円 11,000円 14,000円
新幹線ホテルパック 約8,150円 約10,350円 約13,250円

【例1】東京-名古屋

東京-名古屋の「のぞみ」指定席料金は11,090円、回数券は1枚10,360円。
新幹線格安チケットの料金は、この回数券の料金と大体同じくらいです。
店舗によって料金は違いますが、東京-名古屋なら10,000円~10,500円くらいです。

しかし、学生なら学割で「のぞみ」指定席に乗ると9,830円です。
そして、エクスプレス予約を利用すると通常予約料金は10,110円、「早特」を利用すると安く、「EX早特21」は8,800円、「EXのぞみファミリー早特」は9,770円。
学割や「早特」を利用すると、新幹線格安チケットより安いです。

往復+宿泊で新幹線を利用する方は、新幹線ホテルパックが格安!

東京-名古屋なら1泊6,700円のホテルに泊まる新幹線ホテルパックが1人23,000円

この時の新幹線料金は実質片道8,150円です。
もし、新幹線格安チケットを10,400円で往復分購入し、1泊6,700円で泊まると、往復+1泊の合計料金は27,500円なので、新幹線パックを使った方が4,500円お得です!

【例2】東京-新大阪

東京-新大阪なら、「のぞみ」指定席料金は14,450円、回数券は13,690円。
金券ショップの格安チケットは、回数券と大差なく13,000円~13,800円くらい。

東京-新大阪で学割を利用して「のぞみ」指定席に乗ると12,700円。
エクスプレス予約の通常予約(EX予約サービス)で東京-新大阪は13,370円。
「EXのぞみファミリー早特」なら12,340円、「EX早特21」は11,000円。
やはり、学割や「早特」を利用すれば、金券ショップの格安チケットより安いです。

東京-大阪で、1泊6,800円で宿泊する新幹線ホテルパックは往復+1泊で27,500円

この時の新幹線料金は実質片道10,350円と格安です!

新幹線格安チケットを13,700円で購入し6,800円で泊まると、往復+1泊で34,200円

新幹線パックの方が、金券ショップの格安チケットよりも1人6,700円お得です。

【例3】東京-広島

東京-広島は「のぞみ」指定席通常きっぷが19,080円、回数券の料金は17,700円です。
金券ショップで新幹線格安チケットを買っても、17,500円~18,000円くらいでしょう。

東京-広島で学割を利用すると、「のぞみ」指定席は16,740円。
エクスプレス予約を利用すれば、通常予約は17,660円です。
そして、「EX予約サービス(往復割引)」なら片道料金は16,290円。
3日前に購入する「EX早特」は平日15,900円、土休日15,500円。
最も安い「EX早特21」なら14,000円。
学割や「EX予約サービス(往復割引)」「早特」は新幹線格安チケットよりも安いです。

東京-広島で1泊6,100円で泊まる新幹線ホテルパックは往復+1泊32,600円

さらに、2人で予約すると安く1人28,600円なので、新幹線料金は実質11,250円

新幹線格安チケットを17,800円で購入し、同じホテルに泊まると合計41,700円

1人でも新幹線パックの方が新幹線格安チケットよりも1人9,100円お得です。

区間ごとに料金を調べると、新幹線格安チケットより安い方法がいくつかあります。
その中でも、往復+宿泊で新幹線を利用するなら、新幹線ホテルパックを利用するのが最も安いです!

新幹線格安チケットよりこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

新幹線往復+宿泊の合計料金が安く、金券ショップの格安チケットで往復するより格安!
ほとんどの区間で最低価格で新幹線に乗ることができます。
ネット予約したチケットは自宅に届き、座席指定手続きも不要。

 

このように、金券ショップの格安チケットは、料金は他と比べれば安くはありません。
しかし、購入には会員登録も不要で、当日でも購入できるという便利な面もあります。
では、「新幹線格安チケット」について詳しくご紹介しましょう!

「新幹線格安チケット」とは?

「新幹線格安チケット」とは、金券ショップなどで発売されている、文字どおり通常料金より格安に購入できる新幹線チケット。

この新幹線格安チケットは、金券ショップが新幹線の回数券を1枚ずつバラ売りしていることがほとんどで、元のきっぷが回数券であれば使い方は新幹線の回数券と同じです。

まずは、購入方法・購入場所と使い方から簡単にご紹介しましょう!

「新幹線格安チケット」の購入方法と購入場所

新幹線格安チケットを購入する場所は、何でも通常価格より少し安い「金券ショップ」。
新幹線の駅近くの金券ショップであれば、大体の店舗で購入が可能です。

例えば、東京-名古屋間のチケットを購入しようと思えば、東京都内や名古屋市内の金券ショップへ行けば、この区間のチケットを購入することができます。
また、探せばネットで購入することも可能です。
そして、新幹線格安チケットは事前に購入する必要はなく、当日の購入が可能です。

新幹線格安チケットは誰でも購入することができますが、購入時の支払い方法は現金払いが原則で、基本的にはクレジットカード決済はできません
また、ネットで購入する時には、送料が別途必要な場合もあるので、この点にも注意しなければなりません。

座席は指定席・自由席・グリーン車も

金券ショップで購入できる新幹線チケットは、ほとんどが「回数券」のバラ売りなので、基本的に回数券の設定がある区間でチケットを購入することができます。
東京-金沢など回数券がない区間では、新幹線格安チケットの販売もありません

回数券には区間によって、指定席・グリーン車・自由席のものがあります。
指定席・グリーン車の設定がある区間なら、どちらのチケットも購入できるでしょう。
回数券の設定が自由席のみの区間は、新幹線格安チケットも自由席用のみの販売。
特に「こだま」しか停車しない駅の区間では自由席のチケットしか購入できません。

往復分の格安チケットを購入できる!

金券ショップで買う新幹線格安チケットが回数券なら、行き帰りどちらでも利用可能。
東京-名古屋間のチケットなら、東京発・名古屋発のどちらでも使えますので、金券ショップへ行って2枚購入すれば、行きも帰りも利用することができます。

ただし、金券ショップの新幹線格安チケットは決して安くありません。

もし、新幹線で往復+宿泊するなら、それよりも新幹線ホテルパックがお得!

例えば、東京-名古屋なら、新幹線格安チケットで安くなるのは往復約1,200円。

新幹線ホテルパックなら往復約6,000円くらい安くなります。

回数券は有効期間と使えない期間に注意!

新幹線の回数券には、有効期間と使えない時期がありますので注意が必要です。
まず、東海道・山陽新幹線などの回数券は、有効期間が3ヶ月です。
必ず乗車日がその期間内なのか確認して購入しなければなりません。

また、回数券は年末年始・GW・お盆など使えない時期が決まっています。
この期間中には「新幹線格安チケット」を使うことはできません。
その使えない期間は、JRのサイトで確認します。(⇒JR東海「回数券」

回数券以外の新幹線格安チケットもある

金券ショップでは、区間によって回数券以外の格安チケットを購入することができます。
このようなチケットの元はJRが販売する「お得なきっぷ」や「トクトクきっぷ」です。
参考⇒「お得なきっぷ」で新幹線に乗る!購入方法&購入場所は?

チケットが回数券以外の場合、きっぷによっては年末年始等も利用可能です。
例えば「新幹線自由席用早特往復きっぷ」などは通年利用することができるので、年末年始・GW・お盆でも新幹線に格安に乗ることができます。

なお、「お得なきっぷ」などは、駅の窓口等で誰でも購入することができます。

そして、金券ショップで購入するより料金は安いです。

しかし、「新幹線自由席用早特往復きっぷ」などは、完売してしまうと金券ショップでしか購入できないこともあります。

金券ショップでは株主優待券も買える

金券ショップでは、回数券やお得なきっぷ以外に、株主優待券の購入も可能です。
株主優待券を利用すると、JR東海で1割引、JR東日本で2割引、JR西日本・九州は5割引で新幹線に乗ることができ、乗車券・特急券の両方が安くなります。

「この割引を受けるための株主優待券が購入できる」というのが金券ショップ。
株主優待券は年末年始・GW・お盆でも利用できるので、この期間に利用するのはお得かもしれません。

参考⇒株主優待で新幹線も割引!株主優待券は購入してもお得か?

 

「新幹線格安チケット」の使い方は?

新幹線格安チケットは金券ショップへ行けば簡単に購入することができます。
使い方も簡単ですが、自由席用と指定席・グリーン車用では使い方が違います。

指定席・グリーン車は座席指定手続きが必要

「指定席・グリーン車の格安チケット」を購入し指定席やグリーン車に乗るためには、駅の窓口や指定席券売機などで、座席を指定するための手続きが必要です。

通常、駅の窓口や券売機で指定席きっぷを購入する場合、同時に列車・座席を指定します。ところが、金券ショップの格安チケットは列車と座席は指定されていません。
「回数券を1枚持っている」という状態なので、このチケットで指定席やグリーン車に乗るには、別途、列車と座席を指定する手続きが必要です。

券売機を利用するなら、金券ショップで買った回数券を投入し座席を指定。
駅の窓口なら、希望の列車の時間帯と座席を伝えて列車・座席を指定します。
そして、座席が指定されたチケットを受取り、改札を通ります。

なお、新幹線の指定席確保の手続きは、空席があれば当日でも可能です。
しかし、利用者が多い時間帯など、出発直前の新幹線には空席が少ないこともあるので、なるべく早めに座席指定手続きを行うことをお勧めします。

  1. 金券ショップでチケットを購入する
  2. 駅の窓口や券売機で座席指定手続きをする
  3. 指定した列車・座席に乗る

この流れで利用すれば、通常料金より安く新幹線に乗ることができます。
なお、万が一、指定済の新幹線に乗り遅れた場合でも、当日なら、後続する新幹線の自由席を利用することができます。

自由席ならそのまま改札へ

ご紹介した通り、指定席・グリーン車の利用には座席指定の手続きが必要です。
しかし、自由席を利用するなら座席指定は不要

自由席用の新幹線格安チケットを金券ショップで購入した場合や、指定席用で自由席に乗る場合は、そのまま改札を通り、空いている自由席に乗車することができます。

新幹線格安チケットのメリット・デメリットとは?

安い新幹線のチケットには、必ずメリットもあればデメリットもあります。
金券ショップで売っている新幹線格安チケットには、どんなメリット・デメリットがあるのか確認してみましょう。

メリット

新幹線格安チケットを利用するメリットは次の3つ。

  • 誰でも購入できる
  • 乗車する当日でも購入できる
  • 通常料金より間違いなく安く新幹線に乗れる

新幹線格安チケットは、現金払いが原則ですが、誰でも購入することができます。
ネット予約のように会員登録をする必要もありません。
チケットを販売している金券ショップなら当日でも購入することができます。
そして、通常きっぷの料金と比較すれば、料金は間違いなく安くなり、東海道・山陽新幹線ならスマートEXの通常予約料金(200円引き)よりも安いでしょう。

その反面、デメリットがあることも忘れてはいけません。
では、新幹線格安チケットにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット

デメリットを考えてみると、以下の5点でなないでしょうか。

  • 全区間で利用できるわけではない
  • ゴールデンウィーク・お盆・年末年始期間は利用できない
  • 子ども用は売っていない
  • 他の方法と比べると高い

まず、新幹線格安チケットは元がほとんど回数券なので、回数券の設定がない区間では格安チケットの販売がありません。そして、販売がある区間でも、年末年始・GW・お盆期間には利用することができません。

また、回数券は基本的に大人用なので、子ども用の格安チケットも販売されていません。

そして、最も手軽に購入することができる新幹線格安チケットですが、残念ながら他の方法と比べると料金的には安くはなく、回数券や新幹線格安チケットが、その区間で最も格安(最安値)であることはほぼありません。

もちろん、新幹線に乗るケースによっては例外もありますが、基本的には金券ショップの格安チケットよりも、他の方法で新幹線に乗った方が料金は安いです。

 

新幹線往復+宿泊ならこれが安い!

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

新幹線往復+宿泊の合計料金が超格安!
ほとんどの区間で最低価格で新幹線に乗ることができます。
新幹線とホテルをネットで同時に予約することができ、予約したチケットは自宅に郵送されます。