新幹線のグリーン車料金を格安にする手段いろいろ。

新幹線の座席は、基本的に指定席・自由席・グリーン車で構成されています。

東北新幹線や北陸新幹線など、一部の新幹線にはグランクラスというグリーン車より上の座席もありますが、この列車を除けば、最も料金が高いのがグリーン車。

料金が高いだけあって指定席や自由席ほどの混雑もなく、快適な時間が過ごせます。
このグリーン車にはどうすれば格安に乗ることができるのか?

新幹線のグリーン車に格安に乗りたい!

この新幹線グリーン車の料金を格安にするには、いつくかの手段があります。
あくまでも通常料金より安くなる方法であって、画期的に安くなるわけではありません。

しかし、チケットの購入方法によっては普通車の通常きっぷより安くなることも!
では、新幹線のグリーン車に格安に乗る方法をいくつかご紹介しましょう!

 

往復+宿泊ならグリーン車もこれが安い!

新幹線ホテルパック

往復新幹線と宿泊をセットで予約する格安新幹線パック。
このパックでグリーン車に乗ると、普通車との差額も少なく、他のきっぷよりも料金は格安です!
ネット予約したチケットは自宅に届きます。

 

グリーン車用の回数券・新幹線格安チケット

JRでは新幹線の回数券を販売していますが、その中にグリーン車の回数券があります。

設定区間は限られており、東海道・山陽新幹線でも、東京からは名古屋~博多の「のぞみ」停車駅の回数券がありますが、名古屋や京都からは小倉・博多と東京のみの販売。(東京との往復はこだま限定のグリーン車用回数券も有り)

回数券は全国の各新幹線で販売されていますが、グリーン車用回数券の設定区間についてはそれぞれ確認が必要です。

また、金券ショップでも回数券を1枚売りにした新幹線格安チケットが販売されています。
グリーン車用回数券の販売がある区間なら、グリーン車用の新幹線格安チケットを購入することもできますが、安くなるのは東京~大阪で500円から1,000円程度です。

なお、回数券・新幹線格安チケットは、グリーン車の切符であっても年末年始やお盆などには利用できず、有効期間も決まっていますので、利用できる期間については注意が必要です。

往復割引等の割引を使う

JRでは新幹線でも使えるいろいろな割引があります。
特に、新幹線のグリーン車で使いやすいのは往復割引

片道の営業距離が601キロ以上の区間を往復する時、同一区間の乗車券を往復分同時に購入すると、乗車券は1割引になります。

往復割引で割引になるのは乗車券だけですが、もし株主優待券を持っている方は、株主優待を利用すると乗車券・特急券の両方が割引になります。

会員制の新幹線割引サービスでネット予約

全国の新幹線は会員制の割引予約サービスでネット予約することができます。
新幹線予約サービスなら、普通車と同じくグリーン車料金を格安にすることができます

しかし、新幹線予約サービスはいくつかありますので簡単にご紹介しましょう!

エクスプレス予約・スマートEX

どちらも、東海道・山陽新幹線の予約ができるサービス。
エクスプレス予約の利用には年会費が必要ですが、通常予約も料金は格安。

それに対して、スマートEXは年会費もかかりませんが、通常予約時の料金は普通のグリーン車料金より200円安くなるのみです。

ところが、このエクスプレス予約・スマートEXには「早特」という早割のチケットがあり、これを利用するとグリーン車の料金もさらに安くなります。

例えば、東京から名古屋まで通常14,680円のところ、スマートEXの通常予約なら14,480円、エクスプレス予約では通常予約で13,700円。

そして、3日前までに予約する「EXグリーン早特」(朝6時台出発のぞみと終日ひかり)と「EXのぞみファミリー早特」(2名以上で土休日限定)で11,830円まで安くなります。

エクスプレス予約には、ポイントが貯まると普通車料金でグリーン車に乗れる特典も!

JR九州インターネット列車予約

また、九州新幹線も同じようにグリーン車を格安料金で予約することができます。
JR九州インターネット列車予約」を使えば、九州新幹線も九州新幹線&山陽新幹線のグリーン車も通常料金より安く予約することができます。

例えば、博多~熊本間のグリーン車料金は通常6,670円です。
これが、JQカード会員限定の「eきっぷ」を使うと6,570円。
九州ネットきっぷで5,560円、九州ネット早特3なら4,960円になります。

e5489

北陸新幹線と山陽・九州新幹線のグリーン車はe5489を利用しても安くなります。
グリーン車料金が安くなるのは「eきっぷ」というJ-WESTカード会員限定のきっぷ。

特急券部分のみ安くなるきっぷで、JQカード会員もJR九州インターネット列車予約から購入することができます。

例えば、新神戸-博多間の「のぞみ」グリーン車料金は19,770円です。
この料金は「eきっぷ」を利用すると17,360円になります。
さらに、乗車券を往復割引で購入すると、グリーン車片道料金は16,430円です。

えきねっと

えきねっと」を利用すると、「トクだ値・お先にトクだ値」で東北・上越・北陸新幹線のグリーン車に格安に乗ることができます。

グリーン車が安くなる列車は限られ、東北新幹線「やまびこ・なすの」、上越新幹線「とき・たにがわ」、北陸新幹線「あさま」。

「えきねっと」で安くなるのは、乗車当日の午前1時40分までに購入する「トクだ値」と、乗車日13日前の午前1時40分までに購入する「お先にトクだ値」。

「トクだ値」は10%または15%の割引、「お先にトクだ値」は30%または35%の割引でグリーン車に乗ることができます。

モバイルSuica特急券

モバイルSuica特急券では、えきねっとで予約できる東北・上越・北陸新幹線に加え、秋田・山形新幹線のグリーン車も割引料金で予約することができます。

モバイルSuica特急券には、当日予約可能な「モバトク」と、前日23時40分までに予約する「スーパーモバトク」がありますが、料金が安いスーパーモバトクが使える区間・列車は限定されます。

なお、えきねっと「トクだ値」は設定がある区間は少ないですが、モバイルSuica特急券「モバトク」は多くの範囲で利用することができます。

ただし、モバイルSuica特急券は会員本人以外は利用できません

新幹線パックでグリーン車に乗る

往復新幹線と宿泊をセットで予約する新幹線パック
新幹線で往復・宿泊する方なら、グリーン車に最も格安に乗れるのは新幹線パックです。

普通車指定席を利用するパックも安いですが、グリーン車利用のパック料金も格安!

特に、東海道・山陽新幹線の料金は格安で、往復割引やエクスプレス予約・スマートEXより間違いなく格安にグリーン車に乗ることができます。

 

以上がグリーン車料金を格安にする方法です。

日帰りの方は、金券ショップの格安チケットや新幹線予約サービス。
泊まりの方は、新幹線ホテルパックを使うとグリーン車料金が格安になります。

新幹線のグリーン車が最も格安な方法は?

ご紹介した通り、グリーン車に格安に乗る方法はいくつもあります。
しかし、それぞれ利用できる路線も区間も違うので、料金は利用する区間ごとに比較しなければなりません。

例えば、東海道・山陽新幹線なら、往復割引・回数券・新幹線格安チケット・エクスプレス予約・スマートEXと新幹線ホテルパックを比較します。

東北新幹線などは、回数券・新幹線格安チケットと、えきねっと・モバイルSuica特急券・新幹線ホテルパックの料金を比較しなければなりません。

では、実際に例を挙げて区間ごとに料金を比較してみましょう。

東海道・山陽新幹線(例:東京~広島)

東海道・山陽新幹線「東京-広島」のグリーン車料金は片道26,210円です。
このグリーン車料金はいくつかの方法で安くすることができます。

まず、往復割引を利用すると25,040円、回数券なら24,830円。
スマートEXの通常予約で26,010円、往復割引を使えば24,840円。
エクスプレス予約なら、通常予約で24,140円、往復割引で22,770円です。

そして、エクスプレス予約・スマートEXでは早特を利用すると安く、この区間で使える「EX早特」なら平日22,380円、土休日20,200円。

新幹線料金だけの比較は以上で、最も安いのはエクスプレス予約・スマートEXの「EX早特」。

しかし、往復+宿泊で新幹線に乗る場合、新幹線ホテルパックを含めて料金を比較しなければなりません。これを入れて「往復+1泊」で料金を比較します。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計 差額
通常きっぷ 26,210円 57,420円 なし
往復割引 25,040円 55,080円 ▲2,340円
EX予約往復割引 24,840円 54,680円 ▲2,740円
回数券 24,830円 54,660円 ▲2,760円
EX早特土休日 20,200円 45,400円 ▲12,020円
新幹線パック1人 約17,600円 40,200円 ▲17,220円
新幹線パック2人 約14,800円 34,600円 ▲22,820円

このように、片道料金だけでなく宿泊料金(1泊5,000円)も含めて比較すると、東京-広島では新幹線ホテルパックを利用するのが圧倒的に格安なのがわかります。

東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線(例:東京-青森)

東北・山形・秋田・上越新幹線の場合、回数券・格安チケットなどと、えきねっと・モバイルSuica特急券・新幹線ホテルパックの料金を比較します。

北陸新幹線の場合は、これにe5489の料金を合わせて比較します。

例えば、東京-新青森のグリーン車料金は片道21,970円です。
この料金は、往復割引を使えば片道20,950円になります。
また、モバイルSuica特急券「モバトク」を使うと片道20,570円になります。

なお、この区間には回数券の販売はなく、新幹線格安チケットも購入できません。
また、えきねっとでは「トクだ値」で普通車料金は安くなりますが、グリーン車は安くなりません。
そして、モバイルSuica特急券も「スーパーモバトク」の設定がありません。

したがって、東京-青森間のグリーン車が安くなるのは、往復割引・モバトクと新幹線ホテルパックのみです。

これを同じように一覧にして比較してみましょう。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計 差額
通常きっぷ 21,970円 49,440円 なし
往復割引 20,950円 47,400円 ▲2,040円
モバトク 20,570円 46,640円 ▲2,800円
新幹線パック1人 約19,100円 43,700円 ▲5,740円
新幹線パック2人 約17,100円 39,700円 ▲9,740円

このように、片道だけでなく往復+宿泊料金(1泊5,500円)で比較すると、新幹線ホテルパックを利用してグリーン車に乗るのが安いです。

なお、東北・・山形・秋田・上越新幹線でも、多くの区間でえきねっと「お先にトクだ値」を利用sてグリーン車に乗ることができます。もし、グリーン車に設定がある区間なら、1人で往復する場合には「お先にトクだ値」を使った方が安いです。

普通車指定席はすぐ満席になりますが、グリーン車の場合はそれほど完売は早くありません。
ただし、2人以上での往復には新幹線ホテルパックを使った方が安いです。

グリーン車も安い新幹線パック

日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

新幹線の往復と宿泊がセットの格安新幹線パックです。
このパックでグリーン車を利用すると、普通車との差額は少なく料金は格安です。
予約したチケットは指定場所へ無料で郵送。