新幹線の子供料金【自由・指定席】※注意点と格安にする方法

新幹線に子供と一緒に乗る時、知っておきたいのが、子供料金の年齢区分や料金。
いつからいつまでが子供料金なのか?子供料金はどのように計算すればいいのか?
未就学児を膝の上にのせると?指定席・自由席の違いは?

など、わかりにくいことが多いのが子供料金です。
ここでは、子供料金の基本から注意点、子供料金を格安にする方法などを解説します。

新幹線の子供料金について

まず、JRで定められている大人料金・子供料金の区分について確認しておきましょう。

おとな 12歳以上(小学校卒業前の12歳は「こども」)
こども 6歳から12歳未満(小学校入学前の6歳は「幼児」)
幼児 1歳から6歳未満
乳児 1歳未満

このように定められています。(引用元・参考:JR東日本おとなとこども

「おとな」はもちろん大人料金。
中学生以上であれば大人料金が適用されます。(学生は条件を満たせば学割利用可)

では、子供料金はどのように設定されているのでしょうか?

「こども」料金

基本的に「こども」の区分に当てはまるのは小学生です。
新幹線を利用する際も、普通車指定席・自由席を利用する場合は大人料金の半額

しかし、注意しなければならないのは、グリーン車に一緒に乗る場合。
小学生が一人でグリーン車に乗ることはないと思いますが、同伴の場合にグリーン車に乗って座席を利用すると子供料金は適用されません
グリーン車の場合は小学生でも「大人料金」が必要です。(乗車券は子供料金)

乳児・幼児の料金

原則、乳児・幼児は新幹線は無料です。

ただし、以下の場合に「こども」の料金になりますので注意が必要です。

幼児の人数が多い場合

「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合、3人目から「こども」の料金が必要。
お母さん一人で、幼児を3人連れて乗る場合、2人分は無料、1人は「こども」扱いということですね。

幼児・乳児が一人で指定席・グリーン車を利用する場合

例えば、両親と幼児一人が一緒に指定席に乗る場合、抱っこして乗れば無料、1席確保すれば「こども」の料金ということですね。

幼児が単独で乗る場合

駅のホームまで見送り、幼児が一人で新幹線に乗せる場合は「こども」の料金。

これが、小学生と乳幼児の料金の分け方です。
家族で新幹線に乗る場合、(人数を考慮しないなら)「幼児は膝の上に乗せて座るなら指定席でも無料、自由席に乗るなら無料」というのが基本です。

春休み中の子供料金は?

新幹線の子供料金は、小学校入学から中学校入学前までです。
では、入学前の料金はどうなるのか?

まず、料金が変わる基準となる日付は4月1日です。
例えば、小学生から中学生になる前の春休みの場合、3月31日までは子供料金、4月1日からはまだ春休み中でも大人料金ということです。(参考JR西日本

なお、新幹線の乗車券には有効期間があります。
この有効期間中に4月1日がある場合、それより前に子供料金の切符を購入していれば、そのまま利用することができるという特例がありますので、この時期に家族旅行に行く方は覚えていると少しお得ですね。(参考JR東海

新幹線の子供料金の計算方法

新幹線の子供料金は、普通車指定席・自由席なら基本的に大人料金の半額です。
正確には、乗車券の半額(1円単位の端数切り捨て)+特急券の半額(1円単位の端数切り捨て)
これで子供料金の計算ができます。

繁忙期・閑散期の子供料金を調べるには?

しかし、普通車指定席の料金は、繁忙期にはアップし、閑散期には安くなります。
この料金を正確に調べるにはどうすればいいのか?
参考JR西日本のJRおでかけネット

このサイトを利用すると、繁忙期・閑散期の子供料金も簡単に調べることができます。
ただし、子供料金が表示されるのは東海道・山陽・九州新幹線と北陸新幹線のみです。

往復割引適用時の子供料金は?

ご紹介したサイトの他、JRの公式サイトでも新幹線料金は簡単に調べることができます。
しかし、表示されるのは大人の通常きっぷの料金のみ。
往復割引や学割の料金は別で計算しなければなりません。

片道601キロ以上の長距離区間の往復では、子供料金にも往復割引が適用されます。
この往復割引の料金は、大人料金でも表示されるサイトは少ないので、子供料金は自分で計算せざるを得ません。(大人の往復割引料金は⇒スマートEX運賃ナビ

往復割引が適用されると、乗車券は1割引、特急券は割引なし。
往復割引の子供料金は「乗車券の半額×0.9(1円単位の端数切り捨て)+特急券の半額(1円単位の端数切り捨て)」で計算することができます。

 

新幹線子供料金の注意点

新幹線の通常きっぷの料金は、子どもは大人の半額です。
正確にはご紹介した通りの方法で計算することができます。

全国の新幹線には格安に乗る方法がいくつかありますが、そのほとんどの子供料金は大人の半額です。
エクスプレス予約・スマートEX・えきねっとトクだ値など会員制新幹線予約サービスの他、お得なきっぷなども、子供料金は大人料金の半額です。

しかし、中には大人料金の半額にならないもの子供料金の設定がないものなどがあります。このようなチケットは注意が必要です。

回数券に子供料金はない

新幹線料金が安くなる方法の一つに回数券があります。
しかし、回数券のほとんどは大人用のみで、子ども用の設定がありません。

回数券の販売がない区間では、金券ショップでも新幹線格安チケットの販売もほぼありません。

子供料金が設定されているのは定期券用などごく一部に限定されます。

モバイルSuica特急券が使えない・・・

東北新幹線や北陸新幹線などに安く乗ることができる「モバイルSuica特急券」。
しかし、このモバイルSuica特急券が利用できるのは会員本人のみです。
この会員登録にはクレジットカードが必要ですが、子どもはクレジットカードを持てないため、子供料金の設定はありません。

「ぷらっとこだま」は子供料金が半額ではない

東海道新幹線の「こだま」に格安に乗れる「ぷらっとこだま」。
大人の料金は格安ですが、子供料金はこの半額ではありません。

例えば、東京~名古屋なら大人は8,300円ですが、子どもは5,500円です。
通常きっぷの料金は「こだま」なら、大人10,880円、子ども5,440円。
「ぷらっとこだま」を利用すると、子供料金は通常きっぷより高くなることがあります
家族旅行の際には、子供料金も含めてチケット購入方法を考えなければなりません。

子供料金も合わせて新幹線に格安に乗るには?

小学生の子供を連れて一緒に新幹線に乗る場合、幼児を連れて指定席に乗る場合など、いくら料金が半額とはいえ、楽しい家族での旅行も出費が大きいですね。

そんな家族旅行で利用したいのが、新幹線ホテルパック
子供料金の設定もあり、家族での新幹線旅行もネットで予約することができます。
そして、何と言っても新幹線往復&宿泊の合計料金は抜群に格安

新幹線パックは格安!パックは新幹線に一番格安に乗る方法?

 

例えば、先ほど例に挙げた東京~名古屋で「のぞみ」の子ども料金が最も安くなるのは、エクスプレス予約・スマートEXの「EXのぞみファミリー早特きっぷ」です。

「EXのぞみファミリー早特きっぷ」の料金は、大人9,770円、子ども4,880円。
大人2人と子ども1人なら、片道24,420円、往復48,840円です。
3人で18,300円で宿泊したとすると、往復+1泊の合計は67,140円です。

これと同じ内容を新幹線ホテルパックで予約すると、大人1人22,100円、子ども14,100円の合計58,300円なので、片道料金が最も安い「EXのぞみファミリー早特きっぷ」より8,840円格安です!

家族旅行の費用は抜群に格安なので、一度価格をチェックしてみてください。
ほとんどの区間では、これが新幹線に最も格安に乗る方法です!

新幹線往復+宿泊ならこちらがお得!

新幹線ホテルパック

往復新幹線+宿泊予約なら、家族旅行もこちらが格安!
出発3日前まで予約でき、ネット予約した新幹線チケットは自宅に届くので、駅での切符購入は不要。
特に、東海道・山陽新幹線は料金が安いのでおすすめです!