新幹線のシニア割引について|全国シニア・シルバー割引情報

新幹線には「シニア割引」があります。
通常きっぷ自体が年齢によって一律割引にになるわけではありませんが、いろいろなシニア・シルバー割引で新幹線に乗ることができます。

新幹線に格安に乗れるJR各社のシニア割引制度には、どのようなものがあるのか?
順にご紹介していきましょう。

全国の新幹線共通のシニア割引がある

新幹線のシニア・シルバー割引は、JR各社で内容の違うものがあります。
しかし、全国共通で同じ名称・内容のサービスが2つありますのでご紹介します。

ジパング倶楽部

男性65歳、女性60歳以上の方を対象にした会員制のシニア割引。
JRで片道・往復・連続201キロ以上の利用で割引が適用されます。

新幹線に乗る時の割引率は、年間20回まで20%または30%。
新規入会後の利用回数が3回までは20%割引、それ以降は30%割引で、継続会員は全て30%割引で新幹線に乗ることができます。

このジパング倶楽部への入会には、個人会員3,770円、夫婦会員6,290円(税込み)の年会費が必要で、夫婦どちらかが65歳以上なら2人とも入会することができます。

詳しくはJR各社の公式サイト等を確認する必要がありますが、新幹線に関する部分の特徴を簡単にまとめてご紹介します。

  • 「JR乗車券購入証」を利用して駅の窓口等できっぷを購入する
  • 割引きっぷ購入には「会員証」および「会員手帳」が必要
  • 2割引または3割引になるのは乗車券・特急券の両方でグリーン車もOK
  • 「のぞみ・みずほ」とグランクラスは割引になるのは乗車券のみ
  • 4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~翌年1月6日は利用不可
  • 往復割引以外の割引は併用不可
  • 新幹線・在来線特急などの乗継ぎには、在来線特急に乗継割引適用
  • 乗車券のみジパング割引、特急券は「e特急券」の利用もできる

なお、ジパング倶楽部は基本的には共通の内容ですが、入会申込先などが違います。
各ジパング倶楽部の公式サイトをご確認の上ご利用ください。

JR東日本ジパング倶楽部 JR東海ジパング倶楽部 JR西日本ジパング倶楽部 JR九州ジパング倶楽部

フルムーン夫婦グリーンパス

夫婦二人の年齢の合計が88歳以上の場合、JRのグリーン車に一定期間自由に乗り降りできる割引きっぷが「フルムーン夫婦グリーンパス」。

現在販売中のものは、発売期間は平成30年5月31日まで、利用期間は6月30日まで。
(4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~翌年1月6日は利用不可)

有効期間が5日間・7日間・12日間用の3種類の設定があり、夫婦どちらかが70歳以上であれば、シルバー用を利用することができます。

料金は2人で、

5日間用で82,800円(シルバー用77,800円)
7日間用は102,750円(シルバー用97,750円)
12日間用は127,950円(シルバー用122,950円)

この連続した期間中なら、全国の新幹線のグリーン車に乗ることができます。
ただし、ジパング倶楽部と同じように、「のぞみ・みずほ」は利用できません。

JR東海(フルムーン夫婦グリーンパス)

長距離・乗継ぎのグリーン車ならお得

夫婦2人で5日間用のフルムーン夫婦グリーンパスを利用すると82,800円です。

例えば、仙台から大阪まで行くには、東京駅で新幹線を乗り継ぐ必要があります。
このような乗継ぎが必要な長距離区間で使える割引きっぷは少ないです。

仙台-新大阪で通常きっぷでグリーン車に乗ると、往復割引を使っても1人片道29,510円、往復59,020円です。(東北新幹線はやぶさ・東海道新幹線ひかり)

これが夫婦2人なら、往復の合計料金は118,040円。
ところが、フルムーン夫婦グリーンパスは82,800円なので、2人で35,240円お得です。

なお、普通車指定席を利用しても、夫婦2人で84,560円かかります。
フルムーン夫婦グリーンパスでグリーン車に乗った方が安いです。

 

次に、JR各社で違うシニア・シルバー割引をご紹介しましょう!

JR各社の新幹線シニア割引

ご紹介したジパング倶楽部・フルムーン夫婦グリーンパスは、基本的に内容は同じで、全国で利用することができます。

これからご紹介するシニア割引は、JR各社で内容も名称も違います。
では、シニア割引で新幹線に乗れるサービスを順にご紹介しましょう。

JR東海「50+(フィフティ・プラス)」

東海道エリアを中心にした旅行を楽しむための旅行クラブ。
国内在住の50歳以上の方なら誰でも入会することができ、年会費・入会金は無料。

この「50+(フィフティ・プラス)」に入会すると、主に会員専用のお得なツアー(添乗員同行プランやフリープランなど)を利用することができます。

また、Web会員限定で利用できる「for50+」という、いつでも同じ料金のツアーも利用することができます。このツアーは東海道新幹線の範囲内に限られ、列車も限定されますが、料金はお得です。

JR東日本「大人の休日倶楽部」

大人の休日倶楽部」とは、JR東日本が運営する会員制のサービス。
男性50~64歳、女性50~59歳が対象の「ミドル」と、男性65歳以上、女性60歳以上が対象の「ジパング」という2種類の設定があります。

「ミドル」「ジパング」ともはSuica付の「大人の休日倶楽部ミドルカード」への入会が条件で、きっぷの割引や旅行商品の割引が受けられます。

 項目 ミドル ジパング
年齢 男性50~64歳、女性50~59歳 男性65歳~、女性60歳~
年会費(カード含む) 2,575円(初年度無料) 4,285円
割引きっぷ(東日本・北海道) 5%割引(カード利用) 30%割引(カード利用)
割引きっぷ(全国) なし 20%または30%割引(ジパング倶楽部)

ミドル・ジパングで違いのある部分のみ一覧でご紹介しました。

この他にも、「会員限定きっぷ」や国内旅行商品が同行者も5%割引などのお得な特典があります。

JR西日本「おとなび」

JR西日本が運営する50歳以上の旅クラブ「おとなび」。
山陽新幹線が割引になるなどの特典があります。

「おとなび」に入会するのは簡単で、「e5489」を利用するJ-WESTネット会員に登録すると、満50歳以上の方はそのまま利用することができます。

会員の種類は「おとなび会員」「ジパング会員」「おとなび会員・ジパング会員」の3種類があり、会員の種類によって利用できるきっぷが違います。

「ジパング」はJR西日本ジパング倶楽部への入会が必要ですが、「おとなび会員」でも、7日前までの購入で山陽新幹線「のぞみ」が3割引、「こだま」が6割引になる「おとなびWEB早特」などの限定きっぷを購入することができます。

JR九州「ハロー!自由時間クラブ」

JR九州が運営する「ハロー!自由時間クラブ」。
入会資格は男性60歳以上、女性50歳以上で、年会費は無料。

この「ハロー!自由時間クラブ」に入会すると、お得な特典がありますが、中でもお得なのは「ハロー!自由時間パス」。

これを利用すると、3日間九州新幹線・特急に乗り放題。
通年利用可能で、3日間に普通車指定席を6回まで利用することができます。
この「ハロー!自由時間パス」は駅の窓口でも購入できますが、JR九州インターネット列車予約からの購入がお得。全九州が15,500円で乗り放題です。

例えば、博多-鹿児島中央の片道料金は10,450円、往復なら20,900円です。
この区間の往復だけで使っても5,400円お得です。

 

以上、新幹線でも使えるシニア割引のサービスをご紹介しました。

シニア割引のまとめ

JR各社が運営する「50+」「大人の休日倶楽部」「おとなび」「ハロー!自由時間クラブ」など、どれもお得なサービスで、大人の休日倶楽部を除けば年会費も無料です。

しかし、やはり新幹線料金が安くなってお得なのは「ジパング倶楽部」。
年会費はかかるものの、最大30%割引で何度も新幹線に乗れるのはお得です。

もし、ジパング倶楽部に入会し、30%割引で普通車指定席に乗ると、

区間 通常きっぷ ジパング割引
東京-京都(ひかり) 13,600円 9,510円
東京-新大阪(ひかり) 14,140円 9,890円
新大阪-博多(さくら) 15,000円 10,490円
東京-金沢 14,120円 9,870円

なかなかこれより安い割引きっぷを探すことはできません。

年に何度も新幹線で旅行に行く方にはお得なサービスです。
ただし、年に一度くらいしか新幹線で旅行に行かない方は、年会費がもったいないので、新幹線ホテルパックを利用した方がお得でしょう。

全国対応のおすすめ新幹線パック

日本旅行「新幹線+宿泊プラン」

往復と宿泊の合計料金は抜群に格安です!
列車の選択肢も多く、予約したチケットは自宅へ郵送。
窓口に並ぶ必要はなく、特に東海道・山陽新幹線は格安!
3日前までネット予約できますが、お得なプランはお早めに!