新幹線での往復時に使いたい!お得&格安な往復きっぷ

「新幹線で往復するときに格安な方法はないのか?」
「同じ区間の往復なら、何か安い方法があってもいいはず!」
と、お考えの方へ、新幹線の往復料金を格安にする方法を全て解説します!

新幹線の往復で使える格安な方法3つ!

新幹線には、片道で安く乗れる方法もあれば、往復が条件で安く乗れる方法もあります。

ここでは、新幹線の往復料金を安くする方法に絞ってご紹介していきます。
新幹線の料金は、往復きっぷが安いのか?それとも、片道×2の方が安いのか?

往復料金を安くするための方法を全て考えてみましょう!
同じ区間を往復する方、途中下車などをお考えの方も参考にしてください。

では、同じ区間の往復で料金が安くなるものをご紹介しましょう。

1.新幹線ホテルパック

まず、最初に料金をチェックしておきたいのが新幹線ホテルパック
往復というよりも「往復+宿泊」で、大半の区間で新幹線旅行代金が最も安くなります

ほぼ全国の新幹線で利用することができ、出発地・目的地・日程を決めてネット予約。
予約したチケットは自宅やコンビニでも受取り可能です。

基本的に、利用する区間は行きも帰りも同じ区間で、途中下車などはできません。
往復同じ区間新幹線を利用し、ホテルも予約する方にはこれが最も安いです!

新幹線往復+宿泊はこれが格安!

新幹線ホテルパック

新幹線の往復+宿泊を同時にネットすると合計料金が格安!
特に東海道・山陽新幹線はほとんどの区間で最低価格。
新幹線・ホテルの選択肢も多く自由に選択。
3日前まで予約することができます。

2.往復タイプのお得なきっぷ

JRが販売している「お得なきっぷ」等の中には、同じ区間の往復料金が安くなる「往復きっぷ」があります。
JR東海なら『東京ディズニーリゾート往復きっぷ』など。
JR九州なら『九州新幹線&のぞみ早特往復きっぷ』など。

これらの割引きっぷを利用すると、同じ区間の往復料金が安くなります。
「早特きっぷ」は購入期限があり、事前に購入する必要がありますが、基本的にそれ以外の往復きっぷは当日でも購入が可能です。

ただし、全区間分が販売されているわけではなく、販売があるのは一部の区間
新幹線に乗る区間に設定があれば、利用するとお得です。

「お得なきっぷ」で新幹線に乗る!購入方法&購入場所は?

また、このような往復きっぷの他に、回数券を利用するという選択肢もあります。
回数券は6枚セットでの販売が多いため、3人または6人での往復に利用できます。

新幹線の回数券ってお得?回数券のルールと料金を解説

3.往復割引

片道の距離が600キロを超えるような長距離の時に利用できるのが「往復割引」。
同じ区間の往復が条件ですが、唯一途中下車&途中乗車することもできます。

事前に予約・購入する必要もなく、利用する当日でも割引が効くのがこの制度。
条件をクリアすれば、全国どこでも使え、学割と同時に使うこともできます。

往復割引の条件は、601キロ以上の区間の乗車券を往復分購入すること。
これで乗車券が1割引になります。

なお、エクスプレス予約には「EX予約サービス(往復割引)」というきっぷがあり、エクスプレス予約と往復割引が併用されてお得です。

MEMO
スマートEXにも「スマートEX予約サービス(往復割引)」というきっぷがあります。
料金はエクスプレス予約ほど安くなく、往復割引乗車券との差額は片道200円です。
新幹線【往復割引】の基本と活用法※往復割引の料金は安くない!

往復きっぷの利用範囲が広いのは?

「往復割引」が利用できるのは、片道601キロ以上の区間のみ。
JRの割引制度なので、距離の条件をクリアすれば全国で利用することができます。

新幹線ホテルパックは主要都市間の往復なら、全国の多くの地域で利用可。
しかし、旅行会社の設定次第なので、利用できる区間と利用できない区間、料金が抜群に格安な区間もあれば、あまり安くならない区間もあります。

「お得なきっぷ」は設定がある区間とない区間があります。
特に利用者が多い、東京と名古屋・京都・大阪の間には格安なきっぷは存在しません。
それでも、長距離で利用する場合など、設定がある区間で利用すると料金は格安です。


同じ区間の往復が条件で安くなる方法は、大きくわけるとこの3つです。

しかし、新幹線のチケットは、当然、片道ずつでの購入が可能です。
往復きっぷを購入しなくても、片道きっぷを往復分購入するという方法もあります。

では、片道きっぷを往復分買うなら、どんなきっぷが安いのか?

片道の早割×2で新幹線の往復も格安

片道の料金が安いチケットを利用すれば、当然、往復料金も安くなります。
新幹線は往復きっぷを利用しなくても、この方法で安く往復することができます。

片道のみ新幹線に安く乗りたい!片道を格安にするには?

片道料金もいくつかの方法で安くなりますが、特に安いのは「早割」。
早めの購入が条件のきっぷは、間違いなく格安です。
特に、ネットで予約・購入する会員制新幹線割引予約サービスの早割は安いです!

エクスプレス予約・スマートEX

東海道・山陽新幹線で使えるエクスプレス予約・スマートEXには、6種類の「早特」きっぷがあり、料金も安いです。

「EX早特21」のみ購入期限は21日前で、それ以外は3日前まで購入可。
もちろん、利用できる区間など限定されますが、多くの区間で使うことができます。

例えば、東京-広島で「EX早特」を平日に使うと普通車指定席片道15,900円、往復31,800円。
往復きっぷ「EX予約サービス(往復割引)」は片道16,290円、往復32,580円。
往復切符よりも早割の方が格安に往復することができます

e5489・JR九州列車予約

山陽・九州新幹線と北陸新幹線が安くなる「e5489」。
九州・山陽新幹線が安くなる「JR九州インターネット列車予約」にも早割があります。

例えば、両方で販売している「スーパー早特きっぷ」は14日前までの購入が条件。
これを新大阪-小倉で利用すると、片道10,290円、往復20,580円です。
同じ区間で使える往復きっぷ「新幹線北九州割引きっぷ」「新幹線大阪割引きっぷ」は往復26,940円なので、片道の早割きっぷを往復で使った方が安いです。

えきねっと・モバイルSuica特急券

まず、えきねっと・モバイルSuica特急券が使える東北・北海道・秋田・山形・上越・北陸新幹線には、ほとんど往復きっぷがありません。

利用できるのは回数券や往復割引のみ。
往復割引で安くなるのは乗車券の1割ですが、えきねっと「トクだ値10」は乗車券・特急券の両方が10%割引なので、当然、これを利用した方が安いです。

また、東京-秋田で「こまち4枚回数券」を利用すると1枚14,260円と安いです。
しかし、「トクだ値10」の料金は片道16,000円なので、こちらの方が安いです。

なお、同じ区間に、えきねっと「お先にトクだ値」やモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」がある場合、間違いなくこちらの方が安いです。

 

このように、JRが販売している往復きっぷや往復割引よりも、片道の早割きっぷを往復で使った方が安い傾向にあります。

新幹線「早割」の徹底解説!早割の料金って本当に安いの?

ところが、1つ例外がありますので、料金を比較してみましょう!

新幹線の往復料金を比較!どれが格安?

料金を比較してみると、往復きっぷを買うよりも、早割の片道きっぷをネット予約した方が安いことが多いです。

ところが、新幹線パックを利用すると、片道の早割よりも格安
往復+宿泊で新幹線を利用するなら、新幹線パックの料金は必見です!

では、往復きっぷ・片道の早割・新幹線パックの料金を比較してみます。
料金は往復足す1泊の合計で比較してみましょう。

【例】東京-広島

東京-広島の普通車指定席料金は片道19,080円、往復38,160円です。
往復割引を利用すると、片道料金は17,910円、往復35,820円。
エクスプレス予約の「EX予約サービス(往復割引)」なら片道16,290円、往復32,580円。

この区間には、「EX早特」「EX早特21」という2つの早特があります。
「EX早特」は平日15,900円、土休日15,500円なので、土休日の往復は31,000円。
「EX早特21」は列車が限定されますが、片道14,000円、往復28,000円。

この料金に、1泊4,900円の宿泊費を合わせて比較してみます。

往復方法 往復+1泊合計 通常きっぷとの差額
通常きっぷ 43,060円 なし
往復割引 40,720円 2,340円
EX予約サービス往復割引 37,480円 5,580円
EX早特 35,900円 7,160円
EX早特21 32,900円 10,160円
新幹線パック 31,100円 11,960円

【例】新大阪-小倉

新大阪-小倉の「のぞみ」普通車指定席料金は片道14,450円、往復28,900円。
大阪発「新幹線北九州割引きっぷ」と小倉発「新幹線大阪割引きっぷ」は往復26,940円。

他にエクスプレス予約・スマートEX「EX早特」と「スーパー早特きっぷ」も利用可。
「EX早特」は平日11,780円、土休日11,000円なので、土休日の往復は22,000円。
「スーパー早特きっぷ」の料金は、片道10,290円、往復20,580円。

この料金に、1泊4,900円の宿泊費を合わせて比較してみます。

往復方法 往復+1泊合計 通常きっぷとの差額
通常きっぷ 33,800円 なし
新幹線北九州割引きっぷ 31,840円 1,960円
EX早特 26,900円 6,900円
スーパー早特きっぷ 25,480円 8,320円
新幹線パック 24,200円 9,600円

2つの区間で比較してみましたが、往復きっぷよりも、早割の片道きっぷが安いです。
しかし、それよりも新幹線ホテルパックが安いです。

なお、東北新幹線や秋田新幹線の場合、1人で新幹線を利用する時、往復とも「お先にトクだ値」が購入できた場合、新幹線パックより安いことが多いです。ただし、2人以上なら新幹線パックが安いことが多いです。

往復+宿泊ならこれが安い!

新幹線ホテルパック

新幹線の往復+宿泊を同時にネットすると合計料金が格安!
特に東海道・山陽新幹線はほとんどの区間で最低価格。
新幹線・ホテルの選択肢も多く自由に選択。
3日前まで予約することができます。