東北・上越・秋田・山形新幹線に格安に乗る方法(まとめ)

東北・北海道・上越・秋田・山形新幹線には格安に乗ることができるのか?
もし安く乗れるなら、それはどんな方法なのか?

そして、東北・上越・秋田・山形新幹線に最も格安に乗れる方法は?

 

往復+宿泊の料金が格安です!

 

新幹線ホテルパック

 

新幹線往復+宿泊をネットで同時予約すると料金は格安!
予約したチケットは自宅やコンビニで受取り可。
2人以上での往復+宿泊なら、安いのはこの方法
かがやきも選択可能で、出発3日前まで予約できます。

 

東北・上越・秋田・山形新幹線に格安に乗るには?

JR東日本の東北・上越・秋田・山形新幹線にも、いくつか格安に乗る方法があります。
特にチケットをネットで予約・購入すると、東海道・山陽新幹線などよりも料金は格安になります。

東北・上越・山形新幹線には、回数券等も販売されているため、設定がある区間であれば、金券ショップ等で新幹線格安チケットを購入しても安く乗ることができます。

しかし、これからご紹介するネット予約・購入の方が、料金は断然格安です。
では、東北・上越・秋田・山形新幹線の料金を格安にする方法をご紹介しましょう!

 

東北・上越・秋田・山形新幹線はネット予約が安い!

東北・上越・秋田・山形新幹線には、切符をネットで予約できる仕組みがあります。
それが「えきねっと」という会員制新幹線予約サービス。

新幹線の予約方法を解説※【路線別】安い予約方法は?

この2つでを予約・購入すると、格安に乗ることができます。
なお、北陸新幹線もこの2つの方法で格安に乗ることができますが、「e5489」という別の方法も利用できますので、別のページでご紹介しています。

北陸新幹線にも格安に乗る方法があります。

では、この2つと、その他の東北・上越・秋田・山形新幹線に格安に乗る方法について、簡単にご紹介しましょう。

えきねっと

えきねっと」とは、東北・上越・秋田・山形・北陸新幹線のチケットをネットで予約・購入できる仕組みで、事前に会員登録とクレジットカードの登録が必要です。
登録が済むと、PC・携帯・スマホから新幹線の座席を予約することができます。

そして、「えきねっと」では、「新幹線eチケットサービス」というチケットレスのサービスを利用すると、新幹線の指定席料金が割引になります。
さらに、区間によっては、列車・座席数限定の格安なチケットがあります。
それが、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」。
乗車券・特急券がセットで割引になるので、料金は格安です。

公式サイトJR東日本「えきねっと」

新幹線eチケットサービス

「えきねっと」では、発券機できっぷを発券しなくても、新幹線に乗ることができます。
これが「新幹線eチケットサービス」で、改札を通るのに利用するのは交通系ICカード。
事前に決済用クレジットカードと、交通系ICカードを登録すると利用できます。
チケットレスのこのサービスを利用すると、指定席・グリーン車は片道200円安くなります。

えきねっとトクだ値

乗車日の1ヶ月前の午前10時~当日の午前1時40分まで予約・購入可能。
列車によって割引率が違いますが、割引率は5・10・15%
利用できる区間は決められ、全区間で利用でいるわけではありません。

お先にトクだ値

1ヶ月前の午前10時~13日前の午前1時40分まで購入できる早割のきっぷ。
列車によって割引率は違いますが、割引率は25・30・35%

「お先にトクだ値」の方が安い分、申込み期限は短いです。
この割引率は、区間や利用する列車ごとに設定されています。
基本的に東北・上越・秋田・山形新幹線では、トクだ値とお先にトクだ値は同じ区間で設定されていますが、当然、安いお先にトクだ値から先に完売します。

トクだ値・お先にトクだ値を利用した料金は?

東北新幹線「やまびこ」で東京から仙台へ行くと、普通料金片道11,090円(通常期)が、「えきねっとトクだ値15」で9,250円、「お先にトクだ値35」なら7,070円になります。

上越新幹線「とき」で東京から新潟へ行くと、普通料金片道10,760円(通常期)が、「えきねっとトクだ値15」で8,970円、「お先にトクだ値35」なら6,850円になります。

回数券・新幹線格安チケット

東北・上越・秋田・山形新幹線にも、回数券を利用できる区間があります。
あまり多くの区間ではありませんが、回数券の販売がある区間なら、金券ショップでも新幹線格安チケットを購入することもできるでしょう。

回数券は6枚1セットでの販売が多く、例えば、東京-仙台6枚で65,700円。
1枚あたり10,950円なので、「はやぶさ」通常料金11,410円より460円お得です。

往復割引・学割

東北・上越・秋田・山形新幹線でも、条件を満たせば往復割引学割の利用も可能です。

往復割引片道601キロ以上の区間の往復で利用することができ、往復分の乗車券を同時に購入すると、乗車券が1割引になります。
また、学割片道101キロ以上の区間で利用することができ、事前に学割証の発行申請が必要ですが、学割で乗車券は2割引になります。

なお、往復割引も学割も、時期を問わず年間を通して利用することができ、学生であれば、往復割引と学割の併用が可能です。
この往復割引・学割を利用した時の料金は?、東京-新青森なら、はやぶさ通常料金17,670円が往復割引で16,630円に、学割を併用すると14,770円になります。

新幹線ホテルパック

また、東北・上越・秋田・山形新幹線でも新幹線ホテルパックは格安です。
ネットで新幹線とホテルを同時に予約できるのも便利です。

東北・上越・秋田・山形新幹線のホテルパックは1人で利用するよりも、2人以上で利用すると安く、片道料金が最も安い「お先にトクだ値」より安いことも多いです。

選択できる列車は区間によって違いますが、多くの列車の中から自由に選ぶことができます。

新幹線ホテルパックが格安!おすすめパック&旅行会社は?新幹線ホテルパックが格安!おすすめパック&旅行会社は?

格安な新幹線パック日本旅行『新幹線&宿泊』プラン

ネットでの切符購入が安い東北・上越・秋田・山形新幹線ですが、利用する区間・人数によって最も格安な手段が変わることもあります。料金の比較は、片道の料金だけで比較するのではなく、新幹線利用時にかかる「往復+宿泊」の合計を比較するようにしましょう。

東北・上越・秋田・山形新幹線の料金を比較!

東北・上越・秋田・山形新幹線のいくつかの区間で料金を比較してみましょう!

東北新幹線【例】東京-新青森

東北新幹線の東京-新青森間の通常料金は、はやぶさ普通車指定席で17,350円。
この料金は、往復割引・学割・えきねっと・モバイルSuica特急券で安くなります。

では、片道の料金と往復+1泊(7,000円)の料金を比較してみましょう。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計
通常きっぷ 17,670円 42,340円
トクだ値5 16,590円 40,180円
往復割引 16,630円 40,260円
往復割引+学割 14,770円 36,540円
新幹線パック1人 約14,400円 35,800円
お先にトクだ値25 13,090円 33,180円
新幹線パック2人 約12,400円 31,800円

2人以上での往復なら、新幹線ホテルパックが最も安いです。
なお、この区間には回数券やスーパーモバトクの設定はありません。

上越新幹線【例】東京-新潟

上越新幹線の東京-新潟間の料金は、とき普通車指定席で通常10,570円。
この料金は、回数券・学割・えきねっと・モバイルSuica特急券で安くなります。

では、同じように片道料金と往復+1泊(4,400円)の合計で比較します。

往復方法 片道料金 往復+1泊合計
通常きっぷ 10,570円 25,540円
回数券 9,770円 23,940円
トクだ値10 9,490円 23,380円
学割 9,440円 23,280円
新幹線パック1人 約7,900円 20,200円
お先にトクだ値30 7,380円 19,160円
新幹線パック2人 約6,400円 17,200円

2人での往復なら、最も安いのは新幹線ホテルパック
1人での往復なら安いのは「お先にトクだ値」。

 

このように、いろいろな区間で料金を比較しても、基本的に2人以上での往復なら新幹線ホテルパックが安いです。

しかし、1人での往復なら最も安いのは、ほとんどの区間で「お先にトクだ値」。
ただし、この「お先にトクだ値」は発売後にすぐ完売してしまうことが多く、なかなか往復分を購入することは困難です。

しかも、35%割引の列車は少なく、30%割引が基本と考えておいた方がいいでしょう。
このお先にトクだ値が確保できなかった場合、宿泊するなら、新幹線パックを利用するのがお得です。

 

2人以上の往復はこれがお得!

 

新幹線ホテルパック

 

新幹線往復+宿泊をネットで同時予約すると料金は格安!
予約したチケットは自宅やコンビニで受取り可。
2人以上で利用するなら、最も安いのはこの方法!
かがやきも選択可能で、出発3日前まで予約できます。