福山-博多(福岡)の新幹線【往復】料金を格安にする!

山陽新幹線の福山-博多の距離は383.7キロ。
所要時間は「のぞみ・さくら」約1時間30分、「こだま」約2時間20分~3時間。

指定席の料金は、「のぞみ」11,510円、「ひかり・こだま・さくら」11,300円。
そして、この新幹線料金は、いくつかの方法で安くなります

その中でも、博多-広島で新幹線に格安に乗れるのは…

 

「のぞみ」往復+宿泊が安いのはこれ!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線ホテルパック。
福山-博多の片道料金は、のぞみ約9,300円、こだま約7,200円
通常きっぷの往復より、1人約4,400円~8,600円お得!
往復+宿泊の合計料金で比較すると、これが一番格安
列車・ホテルの選択肢も多く、予算に合わせて選択が可能。
3日前までネット予約でき、新幹線チケットは自宅へ届きます。

 

ここでは、福山-博多の指定席・自由席・グリーン車料金を一覧で紹介!
通常きっぷから格安な割引きっぷまで、どれが最も安いのかがわかります。

 

福山-博多の新幹線料金(指定席・自由席)

福山-博多の通常きっぷ(乗車券+特急券)の料金は、

11,510円 のぞみ指定席

11,300円 ひかり・こだま・さくら指定席

10,770円 自由席

そして、この指定席・自由席料金はいくつかの方法で安くなります!

11,310円 スマートEXのぞみ
11,100円 スマートEXひかり・こだま・さくら
10,680円 回数券(6枚64,080円)
10,300円 eきっぷ+乗車券
10,300円 エクスプレス予約
10,190円 学割のぞみ指定席
9,980円 学割ひかり・こだま・さくら指定席
9,450円 学割自由席
9,300円 新幹線ホテルパック(のぞみ)
8,980円 学割+e特急券・eきっぷ
7,600円 バリ得こだま
7,200円 新幹線ホテルパック(こだま)

※上記は全て通常期の料金です。

では、福山-博多の通常きっぷと、割引きっぷについてそれぞれ解説します!

(11,510円)通常料金

福山-博多の通常きっぷ料金は、利用する列車・座席によって変わります。
のぞみ指定席11,510円、ひかり・こだま・さくら指定席11,300円、自由席は10,770円。
指定席の料金は、繁忙期には+200円、閑散期には-200円。
これが駅の窓口や券売機で購入する切符の正規料金です。

(11,310円)スマートEX

東海道・山陽新幹線の座席をネットで予約できるスマートEX
通常の片道予約で、指定席は通常きっぷの200円引き。
福山-博多は「のぞみ」11,310円、「ひかり・こだま・さくら」11,100円。
この指定席料金は、繁忙期は+200円、閑散期には-200円。
そして、自由席もチケットは予約できますが、割引はありません。
スマートEXは年会費無料で、クレジットカードと交通系ICカードがあれば、登録後すぐに列車の予約が可能です。

スマートEXについて詳しく

(10,680円)回数券

福山-博多では、普通車指定席の回数券を購入することができます。
回数券は6枚1セットでの販売で、1枚あたりの料金は10,680円。
有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用不可。
列車はどの列車でも利用でき、座席を指定しなければ自由席も乗車可。
金券ショップで1枚から購入することができますが、価格は多少アップします。

回数券について詳しく

(10,300円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引価格でネット予約できるエクスプレス予約
年会費が1,100円かかりますが、年間通して新幹線料金は安いです。
福山-博多で利用すると、指定席・自由席との10,300円。
時期による料金の変動もなく、当日に予約してもこの料金です。
福山-博多には「早特」の設定はなく、これ以上は安くなりません。

エクスプレス予約について詳しく

(10,190円)学割

片道101キロ以上の福山-博多では、学生は学割も利用できます。
学割の対象は中学生以上の学生で、購入には「学割証」が必要です。
学校で発行してもらった学割証を持って行くと、学割で乗車券が2割引。
学割を使うと、のぞみ指定席10,190円、ひかり・こだま・さくら9,980円、自由席は9,450円。
指定席の料金は、繁忙期+200円、繁忙期-200円で、年末年始等も利用可。
エクスプレス予約会員なら「e特急券」、J-WESTカード会員・JQカード会員は「eきっぷ」を購入し、学割で乗車券を購入すると、指定席・自由席とも8,980円になります。

学割について詳しく

(7,600円)バリ得こだま

山陽新幹線の「こだま」限定で格安に乗れる「バリ得こだま」。
福山-博多では「こだま」指定席が7,600円。
1人から利用することができ、さらにクーポンも付いていてお得です。
ネットで3日前10時までに予約すると、チケットは自宅に送ってくれます。

バリ得こだまについて詳しく

(約7,200円~9,300円)新幹線ホテルパック

福山-博多で往復+宿泊する時、最も格安なのは新幹線ホテルパック
例えば、福山発1泊2日で1人26,600円というパックがあります。
ここから、ホテルの1泊料金8,000円を引くと、「のぞみ」片道料金は実質9,300円
さらに、「こだま」で往復するパックはさらに安く、往復+1泊で1人22,400円。
この時の実質の「こだま」指定席の片道料金は7,200円と格安です。

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

指定席に格安に乗るには?

福山-博多で利用できる新幹線は、「のぞみ」と「ひかり・こだま・さくら」。
早いのは「のぞみ・さくら」で約1時間30分、「こだま」は2時間20分~3時間。

そして、指定席で使える割引きっぷは、利用する列車によって違います。

まず、「のぞみ」の片道料金が安くなるのは、スマートEX・回数券・エクスプレス予約。
しかし、最も安いエクスプレス予約でも、片道1,210円、往復2,420円しか安くなりません。
なお、この区間には「早特」がないため、これ以上片道料金は安くなりません

次に、「こだま」に限定すれば、「バリ得こだま」を使うとお得です!
各駅停車なので時間がかかりますが、片道の料金は安くなります。

ところが、往復+宿泊する場合には、新幹線ホテルパックの方がお得!
もし、のぞみ通常きっぷで往復し1泊8,000円で泊まると、1人31,020円かかります。
しかし、「のぞみ」新幹線パックで予約すると、往復+1泊で1人26,600円。
新幹線パックで予約するだけで、1人4,420円、2人なら8,840円安くなります!

さらに、「こだま」で往復するパックは安く、往復+1泊で1人22,400円。
バリ得こだまよりも安く、1人8,640円、2人で17,280円お得です。

 

福山-博多の往復+1泊(8,000円)料金の比較

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
のぞみ指定席 31,020円 なし
スマートEX(さくら) 30,200円 ▲820円
エクスプレス予約 28,600円 ▲2,420円
学割指定席(さくら) 27,960円 ▲3,060円
新幹線パック(のぞみ) 26,600円 4,420円
バリ得こだま 23,200円 ▲7,820円
新幹線パック(こだま) 22,400円 8,640円

福山-博多で往復+1泊8,000円の合計料金を比較しました。
格安なのは「バリ得こだま」と新幹線ホテルパック。
新幹線ホテルパックでは「のぞみ」に乗っても安いです!

 

格安な新幹線ホテルパックはこれ!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線ホテルパック。
通常きっぷ往復より、のぞみで1人約4,400円、2人なら8,800円お得!
ネット予約した新幹線チケットは自宅へ届くので、きっぷの購入は不要。
コンビニ・郵便局でもチケットの受取りが可能です!
3日前までの予約できますが、お得なプランは早く完売します。

 

福山-博多の新幹線について詳しく(Q&A)

新幹線を予約する方法は?

エクスプレス予約・スマートEX・e5489・JR九州インターネット列車予約の4つ。

東海道・山陽新幹線は、全区間エクスプレス予約とスマートEXで予約できます。
料金が安いのはエクスプレス予約ですが、年会費が1,100円かかり、登録してから列車を予約できるまでに時間がかかります。
スマートEXは、年会費が無料で、クレジットカードと交通系ICカードがあれば、登録後すぐに列車の予約も可能。
ただし、料金は安くなく、片道200円割引にしかなりません。
そして、e5489とJR九州インターネット列車予約でも予約はできますが、J-WESTカード会員・JQカード会員以外は割引はなし。
J-WESTカード会員・JQカード会員は「eきっぷ」を利用すると割引になります。

 

「早割」はある?

早めに予約すると安い方法は3つあります。

まず、福山-博多には、エクスプレス予約・スマートEXの「早特」がありません。
しかし、それ以外に、早めに予約・購入すれば安くなる方法が2つあります。

格安な方法 予約方法・期限 詳細
バリ得こだま 3日前までネット予約 「こだま」指定席、1人からOK
新幹線ホテルパック 3日前までネット予約 往復+宿泊がセットで「のぞみ」利用

 

金券ショップの格安チケットは安い?

回数券と同じくらいでしょう。

金券ショップへ行くと、新幹線格安チケットを購入することができます。
この金券ショップの格安チケットは、元は回数券で、1枚単位で購入可能。
販売価格は店舗によって違いますが、回数券より少し高いくらいが一般的。
福山-博多では回数券が1枚10,680円なので、1枚10,800円くらいでしょう。

 

自由席は安くなる?

学割・エクスプレス予約などで安くなります。

自由席は通常きっぷの料金は安いですが、指定席に比べてなかなか安くなりません。
それでも、学割を使うと乗車券が2割引になり、通常料金10,770円が9,450円になります。
これ以外に、回数券やエクスプレス予約でも安くなりますが、同じ料金で指定席にも乗れます。

 

子供料金と家族旅行費用

家族で新幹線に乗る時には、子供料金や家族旅行の費用も気になります。
そこで、子供料金と家族旅行費用について紹介します!

子供料金

福山-博多の通常きっぷの子供料金は…

5,750円 のぞみ指定席

5,650円 ひかり・こだま・さくら指定席

5,380円 自由席

以上が、福山-博多の通常きっぷの子供料金です。(グリーン車除く)
そして、この子供料金も以下の方法で安くなります。

5,650円 スマートEXのぞみ
5,550円 スマートEXひかり・こだま・さくら
5,150円 エクスプレス予約
4,300円 新幹線ホテルパックのぞみ
3,900円 バリ得こだま
2,800円 新幹線ホテルパックこだま

新幹線の子供料金は、基本的には大人料金の半額
子供料金の対象は小学生で、乳幼児は自由席に乗れば無料。
指定席で座席を確保すれば子供料金、確保しなければ無料です。

福山-博多で子供料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・バリ得こだま・新幹線ホテルパックです。

家族旅行費用を格安にする!

福山-博多では、家族で新幹線に乗るといくらかかるのか?
例として、大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人5,800円×3)の合計料金を比較します。

往復方法 3人の片道料金 往復+1泊合計
のぞみ指定席 28,770円 74,940円
スマートEX(さくら) 27,750円 72,900円
エクスプレス予約 25,750円 68,900円
新幹線パック(のぞみ) 約21,700円 60,800円
バリ得こだま 19,100円 55,600円
新幹線パック(こだま) 約14,200円 45,800円

往復+1泊の合計で比較すると、「のぞみ・こだま」とも最も安いのは新幹線ホテルパック
通常きっぷでの往復時と比べると、3人の合計料金は「のぞみ」で14,140円、「こだま」で29,140円お得です

 

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

福山-博多のグリーン車料金

福山-博多のグリーン車通常きっぷの料金は、

15,170円 のぞみグリーン車

14,960円 ひかり・さくらグリーン車

このグリーン車の正規料金も、いくつかの方法で安くなります。(学割除く)

14,970円 スマートEXのぞみ
14,760円 スマートEXひかり・さくら
13,960円 エクスプレス予約
10,750円 新幹線ホテルパック(のぞみ2人)
10,100円 バリ得こだま(ひかり)

福山-博多のグリーン車で使える割引きっぷは以上です。

「のぞみ」グリーン車に格安に乗るには?

福山-博多で利用できる新幹線の内、「こだま」には基本的にグリーン車がありません。
グリーン車のある列車は「のぞみ・ひかり・さくら」。

この区間でグリーン車料金が安くなるのは、学割を除くと、スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパック・バリ得こだま。
バリ得こだま」を使えば安くなりますが、本数が少ない「ひかり」限定。
回数券も早割もなく、「のぞみ」はエクスプレス予約でも、片道1,210円しか安くなりません。

ところが、往復+宿泊する場合は、新幹線ホテルパックを利用すると格安!
例えば、1泊8,000円のホテルに泊まるパックは往復+1泊で29,500円。
ここから、宿泊費8,000を引くと、実質のグリーン車料金は片道10,750円
2人以上でしか利用できませんが、通常きっぷでの往復+1泊料金(38,340円)より1人8,840円、2人なら合計17,680円お得です!

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン