新横浜-米原の新幹線【往復】料金を格安にする!

新横浜-米原の距離は445.9キロで、東海道新幹線「ひかり・こだま」で移動します。
所要時間は「ひかり」約1時間55分、「こだま」約3時間。

料金は、「ひかり・こだま」指定席12,080円、自由席11,550円。
そして、この新幹線料金は、いくつかの方法で安くすることができます

その中でも、新横浜-米原で新幹線に最も格安に乗れるのは、

 

往復+宿泊するならこれが格安!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルをネットで同時予約すると格安な新幹線パック!
新横浜-米原で利用すると、1人約6,500円、2人なら約13,000円お得
「ひかり」指定席の片道料金は、実質約8,800円最安値
「こだま」利用時の片道料金は約7,100円で、1人約9,900円お得!
往復+宿泊の合計料金を比較すると、これが最も安いです!
3日前までにネット予約すると、新幹線チケットは自宅に届きます。

 

ここでは、新横浜-米原の指定席・自由席・グリーン車料金を一覧で紹介。
通常料金からこの区間の割引きっぷまで、全ての新幹線料金がわかります。

 

新横浜-米原の新幹線料金(指定席・自由席)

新横浜-米原の新幹線の通常きっぷ(乗車券+特急券)料金は、

12,080円 指定席

11,550円 自由席

この通常きっぷの料金(正規料金)は、以下の方法で安くなります。

11,880円 スマートEX
10,880円 エクスプレス予約
10,690円 学割指定席
10,650円 自由席回数券(6枚63,900円)
10,160円 学割自由席
9,690円 学割+e特急券
約8,800円 新幹線ホテルパック(ひかり)
約7,100円 新幹線ホテルパック(こだま)

※料金は全て通常期の料金で、一部の指定席料金は、繁忙期・閑散期に増減があります。

では、この新横浜-米原の正規料金と、格安な方法について解説します!

(12,080円)通常料金

新横浜-米原の通常きっぷ料金は、指定席12,080円、自由席11,550円。
これが通常期の料金で、「ひかり・こだま」とも料金は同じです。
そして、指定席の料金は、繁忙期は+200円、閑散期は-200円。
これが駅の窓口や券売機で購入する通常きっぷの料金です。
なお、自由席の料金は時期によって変わることはありません。

(11,880円)スマートEX

東海道・山陽新幹線をネットで簡単に予約できるスマートEX
年会費は無料で、交通系ICカードで改札を通ることができます。
会員登録後すぐに列車の予約はできますが、安くなるのは指定席で片道200円。
新横浜-米原の指定席料金は11,880円で、繁忙期は+200円、閑散期は-200円。
なお、自由席に割引はなく、料金も年間通して変わりません。

スマートEXについて詳しく

(10,880円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引料金で予約できる会員制のエクスプレス予約
新横浜-米原は10,880円なので、指定席なら片道1,200円お得。
指定席・自由席とも同額で、年末年始・GW・お盆も同じ料金。
年会費は無料ですが、事前登録が必要で、登録直後に列車予約はできません。
なお、この区間には「早特」がないため、これ以上は安くなりません。

エクスプレス予約について詳しく

(10,690円)学割

片道101キロ以上の距離がある新横浜-米原では学割の利用も可能です。
学校で学割証を発行してもらい、駅の窓口できっぷを購入すると乗車券が2割引。
学割で新横浜-米原は、指定席10,690円、自由席10,160円。
指定席の料金は時期によって変わり、繁忙期は+200円、閑散期は-200円。
そして、エクスプレス予約会員なら学割+「e特急券」で9,690円になります。

学割について詳しく

(10,650円)回数券

新横浜-米原では、自由席回数券を購入することができます。
自由席回数券は6枚1セットで63,900円なので、1枚の価格は10,650円。
有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用できません。
金券ショップへ行くと1枚単位で購入できますが、料金は多少アップします。

回数券について詳しく

(約7,100円~8,800円)新幹線ホテルパック

往復新幹線+ホテルを同時にネット予約すると格安な新幹線ホテルパック
新幹線パックを利用した時、新横浜-米原の新幹線料金は最安値
例えば、横浜発⇒1泊2日で1人23,000円というパックがあります。
このパックで利用するのは、往復「ひかり」指定席と1泊5,400円のホテル。
ここから宿泊料金を引くと、実質の片道料金は8,800円と格安!
さらに往復「こだま」なら、往復+1泊で1人19,600円と安く、この時の片道料金は7,100円と格安です!

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

指定席に格安に乗るには?

新横浜-米原を直通移動できるのは「ひかり・こだま」とも1時間に1本。
通常料金はどちらも同じですが、所要時間は「ひかり」の方が1時間短いです。

新横浜-米原で指定席料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・学割と新幹線ホテルパック。

しかし、スマートEXで安くなるのは片道200円。
回数券を使うと安いですが、利用できるのは自由席のみ。
エクスプレス予約で安くなるのも片道1,200円。
学生は学割を使っても片道1,390円しか安くなりません。

ところが、往復+宿泊で新幹線に乗るなら、新幹線ホテルパックは格安!
例えば、指定席通常きっぷで往復し1泊5,400円で泊まると、1人29,560円かかります。
しかし、これを新幹線パックで予約すれば、往復+1泊で23,000円。
新幹線パックを利用すると、1人6,560円、2人なら13,120円お得

さらに、「こだま」往復のパックは19,600円なので、1人9,960円お得です!

このように、新幹線料金を片道ではなく、往復+宿泊の合計料金で比較すると…

 

新横浜-米原の往復+1泊(5,400円)の比較

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
指定席通常料金 29,560円 なし
スマートEX 29,160円 ▲400円
エクスプレス予約 27,160円 ▲2,400円
学割指定席 26,780円 ▲2,780円
新幹線パック(ひかり) 23,000円 6,560円
新幹線パック(こだま) 19,600円 9,960円

横浜発~米原行きで新幹線往復+1泊5,400円の合計料金を比較しました。
往復+宿泊で比較すると、最も安いのは新幹線ホテルパック

 

この格安は新幹線パックはこれ!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

横浜-米原では「ひかり」往復で1人約6,560円、2人で13,120円お得!
往復+宿泊するなら他のチケットより安く、この区間の最安値!
往復「こだま」なら1人約9,900円、2人で19,000円以上お得
ネットで予約した新幹線チケットは出発前に自宅に届きます。
3日前まで予約できますが、お得なプランは早く完売します。

 

横浜-米原の新幹線について詳しく(Q&A)

新幹線を予約する方法は?

エクスプレス予約・スマートEXで予約できます。

東海道新幹線の予約ができるのはエクスプレス予約・スマートEXの2つ。
新幹線料金が安いのはエクスプレス予約で、スマートEXは200円の割引のみ。
エクスプレス予約は年会費1,100円がかかりますが、年末年始等も割引料金。
しかし、登録後すぐに列車の予約ができません。
これに対して、スマートEXは、登録後すぐに列車の予約が可能。
年会費も無料ですが、自由席には割引がありません。

 

早割はある?

新横浜-米原で使える早割は「EXこだまグリーン早特」のみ。

エクスプレス予約・スマートEXでは「早特」を早めに予約すると安いです。
しかし、新横浜-米原の普通車には設定がなく、使えるのは「EXこだまグリーン早特」のみ。
「こだま」グリーン車限定ですが、料金は10,360円とお得です。
なお、普通車指定席は新幹線ホテルパックを、ネットで3日前まで予約すると安いです。

 

金券ショップの格安チケットは安い?

回数券より少し高いくらいでしょう。

新横浜-米原では、自由席の回数券が販売されています。
これを1枚単位で購入できるのが金券ショップの格安チケット。
価格は回数券より少し高い程度で、1枚10,700円~11,000円くらいでしょう。

 

自由席は安くなる?

学割・回数券で安くなります。

自由席の割引きっぷは少なく、この区間で安くなるのは学割・回数券のみ。
学割を利用すると、自由席11,550円が10,160円になります。
また、自由席回数券は6枚セットですが、片道10,650円で乗ることができます。

 

新横浜-米原の子供料金と家族旅行費用

家族で新幹線に乗る時には、子供料金や家族での旅行費用が気になります。
そこで、次に新横浜-米原の子供料金と家族旅行費用を紹介します。

子供料金

新横浜-米原の通常きっぷの子供料金は、(グリーン車除く)

6,030円 指定席

5,770円 自由席

この新横浜-米原の子供料金も、以下の方法で安くなります。

5,930円 スマートEX
5,430円 エクスプレス予約
約4,450円 新幹線ホテルパック(ひかり)
約3,600円 新幹線ホテルパック(こだま)

新幹線の子供料金は、基本的には大人の料金の半額で、対象は小学生。
乳幼児の場合、自由席に乗ると無料ですが、指定席に座ると子供料金です。

新横浜-米原で子供料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックのみ。
往復+宿泊する家族旅行なら、新幹線ホテルパックを利用するのがお得です!

家族旅行費用を格安にする!

新横浜-米原で家族で新幹線に乗ると、旅行費用はいくらかかるのか?
例として、大人2人・子ども1人の3人家族の片道料金と、往復+1泊(3人で19,900円)の合計料金を比較してみましょう。

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
指定席通常料金 30,190円 80,280円
スマートEX 29,690円 79,280円
エクスプレス予約 27,190円 74,280円
新幹線パック(ひかり) 約21,950円 63,800円
新幹線パック(こだま) 約17,700円 55,300円

大人2人・小学生1人合計料金を比較すると、最も安いのは新幹線ホテルパック。
通常きっぷでの往復料金と比較すると、「こだま」なら3人で24,980円、「ひかり」でも3人で16,480円お得です!

 

格安な新幹線パック ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

新横浜-米原のグリーン車料金

新横浜-米原のグリーン車通常料金は、

16,950円 ひかり・こだまグリーン車

このグリーン車の正規料金は、以下の方法で安くなります。(学割除く)

16,750円 スマートEX

15,740円 エクスプレス予約
約11,200円 新幹線ホテルパック(ひかり)
10,360円 EXこだまグリーン早特
約8,600円 新幹線ホテルパック(こだま)

新横浜-米原で、グリーン車の片道料金が安いのは「こだま」限定の「EXこだまグリーン早特」。
「ひかり」に限定すると、片道料金が安いのはエクスプレス予約。

しかし、往復+宿泊する場合、それ以上に新幹線ホテルパックが安いです!
「ひかり」往復+1泊5,400円のホテルに泊まるパック料金は1人27,800円。
ここから宿泊費を引いた「ひかり」グリーン車の料金は片道11,200円

なお、往復「こだま」を利用すると1泊2日パック料金は22,600円。
この時のグリーン車料金は片道8,600円と格安です!

格安な新幹線パック ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン