名古屋-京都の新幹線【片道・往復】料金を格安にする!

東海道新幹線の名古屋-京都の距離は147.6キロ。
所要時間は、のぞみ約35分、ひかり約40分~50分、こだま約50分。

料金は、のぞみ指定席5,600円、ひかり・こだま指定席5,390円、自由席5,070円。
この料金は、いくつかの方法で安くすることができます。

では、名古屋-京都の新幹線料金はどうすれば安くすることができるのか?

ここでは、名古屋-京都の指定席・自由席・グリーン車料金を一覧で紹介!
子供料金を含め、正規料金から割引きっぷの料金も全てわかります。

名古屋-京都の新幹線料金(指定席・自由席)

名古屋-京都の通常きっぷ(乗車券+特急券)料金は?

5,600円 のぞみ指定席

5,390円 ひかり指定席

5,070円 自由席

これが、通常期の通常きっぷ料金(正規料金)です。
この指定席・自由席料金はいくつかの割引きっぷで安くなります。

5,400円 スマートEXのぞみ
5,190円 スマートEXひかり・こだま
5,080円 学割のぞみ指定席

5,070円 回数券(6枚30,420円)
4,870円 学割ひかり・こだま指定席
4,820円 エクスプレス予約

4,550円 学割自由席
4,300円 学割e特急券
4,300円 ぷらっとこだま(繁忙期5,100円)
約4,200円~ 新幹線ホテルパック

4,100円 EXこだまファミリー早特

全て通常期の料金ですが、スマートEX・学割の料金は繁忙期・閑散期に変動。

では、この名古屋-京都で使える方法についてそれぞれ解説します!

(5,600円)通常料金

名古屋-京都の通常料金は普通車指定席で「のぞみ」5,600円。
「ひかり・こだま」の料金は210円安い5,390円。
これが通常期の料金で、繁忙期には+200円、閑散期は-200円の変動があります。
自由席の料金は全列車共通の5,070円で、時期による変動はありません。

(5,400円)スマートEX

年会費無料で東海道・山陽新幹線のネット予約ができるスマートEX
通常予約の「スマートEXサービス」を利用すると「のぞみ」指定席5,400円。
「ひかり・こだま」は5,190円、自由席は割引がなく5,070円です。
スマートEXの指定席料金は、繁忙期・閑散期には変動します。
名古屋-京都では「EXこだまファミリー早特」でさらに安くなりますが、通常予約の料金は片道200円しか安くなりません

スマートEXについて詳しく

(5,080円)学割

片道の距離が101キロ以上ある名古屋-京都では、学割の利用も可能。
学校で学割証を発行してもらい、駅の窓口で切符を購入すると乗車券は2割引。
名古屋-京都で学割を使うと、のぞみ5,080円指定席、ひかり・こだま指定席4,870円、自由席4,550円。
さらに、エクスプレス予約会員なら、「e特急券」と学割で乗車券を購入すると指定席・自由席とも4,300円になります。

学割について詳しく

(5,070円)回数券

名古屋-京都では、普通車指定席用の回数券を利用することができます。
回数券は6枚1セット30,420円で、1枚の料金は5,070円と自由席と同額。
回数券の有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆期間中の利用は不可。
なお、金券ショップでは回数券を1枚から購入可能(新幹線格安チケット)。
料金は回数券と同じくらいで、1枚5,100円前後でしょう。

回数券について詳しく

(4,820円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引料金でネット予約する会員制のエクスプレス予約
名古屋-京都は通常予約(EX予約サービス)で4,820円。
当日の乗車直前に予約しても安く、繁忙期・閑散期による料金変動もありません。
ただし、利用には年会費1,080円がかかります。
スマートEXと同じく、「EXこだまファミリー早特」でさらに安くなります。

エクスプレス予約について詳しく

(4,300円)ぷらっとこだま

名古屋-京都は「ぷらっとこだま」を利用しても安いでます。
通常期の料金は「こだま」指定席片道4,300円、繁忙期は5,100円。
事前の購入が必要で、店頭で前日まで、ネットで5日前まで購入可能。
料金は安いですが、指定した列車以外に乗ることはできません。
乗り遅れ等には十分な注意が必要です。

ぷらっとこだまについて詳しく

(約4,200円~)新幹線ホテルパック

往復新幹線とホテルを同時に予約すると安い新幹線ホテルパック。
実際のパック料金から宿泊費を引くと、「こだま」片道料金は実質4,200円くらい。
当然、列車の本数が多い「のぞみ」や「ひかり」の選択も可能です。
新幹線ホテルパックを利用するメリットは、一部の限定プランを除いて、新幹線に乗り遅れても、同等以下の列車なら後続列車の自由席に乗ることもできます
もちろん料金も安いですが、ぷらっとこだまやEXこだまファミリー早特との大きな違いはここでしょう!
なお、1人での旅行なら、これが最も安いです。

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

(4,100円)EXこだまファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEXで購入できる「EXこだまファミリー早特」。
名古屋-京都で利用した時の料金は大人4,100円と格安です。
ただし、2人以上の利用が条件で、3日前までの予約が必要です。
平日・土日祝どちらも利用できますが、年末年始・GW・お盆は利用不可。
「こだま」指定席・グリーン車で、子供料金の設定もあります。

EXこだまファミリー早特について詳しく

 

指定席料金の解説

名古屋-京都は「のぞみ・ひかり・こだま」のどの列車でも移動することができます。
所要時間は、一番早い「のぞみ」で約35分、「こだま」でも約50分。
どの列車でも、それほど大きな違いはありません。

大きな違いは列車の本数と、安くなる新幹線の料金。
「のぞみ」の本数は多いですが、この区間ではあまり料金は安くなりません。
それに対して「こだま」は1時間1本のみですが、料金は安くなります。

名古屋-京都で、特に料金が安いのは「ぷらっとこだま」「EXこだまファミリー早特」「新幹線ホテルパック」の3つ。
「ぷらっとこだま」は片道4,300円、「EXこだまファミリー早特」が4,200円、「新幹線ホテルパック」は約4,200円とほとんど変わりません。

日帰りで利用するなら「ぷらっとこだま」「EXこだまファミリー早特」。
宿泊する旅行なら「新幹線ホテルパック」は、観光で新幹線に乗り遅れても、後続列車の自由席を利用できるという安心感があります。

おすすめの格安新幹線パック

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

名古屋-京都では1人約2,800円、2人で5,600円お得
往復新幹線とホテルを同時にネット予約することができます。
もちろん、当日、駅でのきっぷ購入は不要。
3日前までの予約で、新幹線チケットは自宅に届きます。

 

名古屋-京都のグリーン車料金

名古屋-京都のグリーン車通常きっぷの料金は…

8,030円 のぞみ

7,820円 ひかり・こだま

このグリーン車料金もいろいろな方法で安くなります。

7,830円 スマートEXのぞみ
7,620円 スマートEXひかり・こだま
7,040円 エクスプレス予約
6,000円 ぷらっとこだま(繁忙期6,200円)
約6,000円 新幹線ホテルパック
5,220円 EXこだまグリーン早特
5,200円 EXこだまファミリー早特

以上が、名古屋-京都のグリーン車で使える割引きっぷです。

グリーン車料金を解説

名古屋-京都でも、学割を除けば、エクスプレス予約・スマートEX・ぷらっとこだまなどで、グリーン車料金は安くなります。

「のぞみ・ひかり」を利用するなら、最も安いのはエクスプレス予約。
そして、「こだま」を利用するなら、安いのは「EXこだまファミリー早特」と「EXこだまグリーン早特」の2つ。

どちらも、予約・購入期限は乗車日の3日前。
この2つの違いは、利用できる人数で、「EXこだまファミリー早特」は2人以上、「EXこだまグリーン早特」は1人でも利用することができます。

名古屋-京都では、「のぞみ」のグリーン車はほとんど安い方法がありません
グリーン車を利用するのであれば、「こだま」の方がお得です。

子供料金と家族旅行の費用

次に、名古屋-京都の子供料金と家族での旅行費用を考えてみます。

まずは、名古屋-京都の新幹線通常きっぷの子供料金は…

2,790円 のぞみ

2,690円 ひかり・こだま

2,530円 自由席

この子供料金もいろいろな方法で安くなります。

2,900円 ぷらっとこだま
2,690円 スマートEXのぞみ
2,590円 スマートEXひかり・こだま
2,400円 エクスプレス予約
2,100円 新幹線ホテルパック
2,050円 EXこだまファミリー早特

以上が、名古屋-京都で使える子供料金の割引きっぷです。

子供料金を解説

基本的に、新幹線の子供料金は大人の半額。
ぷらっとこだま・新幹線ホテルパックを除けば、片道料金は大人の半額です。

特徴的なのは「ぷらっとこだま」で、子供料金の設定はあるものの、料金は通常料金より高く、家族旅行で利用してもお得感はありません。

名古屋-京都で、子供料金が最も安いのは「EXこだまファミリー早特」。
大人の料金と同じく、これを利用するのが最もお得です。

家族旅行の費用を考えてみる

名古屋-京都を家族で旅行すると、旅行費用はいくらかかるのか?
大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人3,100円×3人)の合計料金を比較します。

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
のぞみ通常料金 13,990円 37,280円
エクスプレス予約 12,040円 33,380円
ぷらっとこだま 11,500円 32,300円
新幹線ホテルパック 約10,500円 30,300円
EXこだまファミリー早特 10,250円 29,800円
自由席(幼児) 10,140円 29,580円

もし、子どもが幼児だった場合は、自由席に乗るのが一番お得です。
そして、子どもが小学生の場合、最もお得なのはEXこだまファミリー早特」です。

「EXこだまファミリー早特」で注意しなければならないのが「乗り遅れ」。

乗り遅れた場合、後続列車には乗れませんので、列車の出発時刻前に変更手続きが必要です。

「スマートEX」を利用する場合、大人2人・子ども1人の合計は片道12,970円。
「EXこだまファミリー早特」「スマートEXサービス」+宿泊の合計は32,520円。

もし、乗り遅れると、新幹線ホテルパックやぷらっとこだまより高くなってしまいます。

このような心配がある方は、乗り遅れても後続列車の自由席に乗れる新幹線ホテルパックを使うのが正しい選択です。

 

名古屋-京都の新幹線料金(Q&A)

日帰りの往復料金が安いのは?

日帰りでも、安いのは「EXこだまファミリー早特」です。

大人だけでも、大人+子どもの料金も、これが最も安いです。

ただし、2人以上での利用が条件なので、1人での日帰りは利用不可。

1人の場合には「ぷらっとこだま」で往復するのが安いです。

なお、いずれも利用できるのは「こだま」限定。

「のぞみ」「ひかり」で往復するなら、安いのはエクスプレス予約です。

自由席に乗るのはお得?

学割を使う学生と、幼児はお得です。

学割を使って自由席に乗ると、片道料金は4,550円。

「こだま」に限らず「のぞみ・ひかり」もこの料金です。

また、乳幼児は自由席に乗ると料金は無料です。

乳幼児がいる家族は自由席に乗るのがお得!

特に「こだま」は自由席の車両が多いので座りやすいでしょう。

 

名古屋-京都の新幹線基本情報

名古屋-京都の新幹線について、距離や所要時間などのデータと、空席状況・時刻表などを簡単に調べることができるサイトをご紹介します!

距離・所要時間と停車駅

名古屋-京都の営業キロ数は147.6キロ。
片道101キロ以上なので、学割は利用可。
片道601キロに満たないため、往復割引は利用できません。

所要時間は列車によって違い、

のぞみ:約35分
ひかり:約35分~50分

こだま:約50分

名古屋-京都間は「のぞみ」停車駅はなくノンストップでの移動。
「ひかり」は列車により、岐阜羽島・米原にも停車。
「こだま」は各駅(岐阜羽島・米原)に停車。

時刻表と始発・終電

名古屋駅の時刻表 京都駅の時刻表
名古屋駅と京都駅の時刻表を確認することができます。

名古屋発:始発6:20、最終22:58
京都発:始発6:14、最終22:46

空席情報

JRサイバーステーション空席案内
このサイトで空席の有無を確認することができます。