大阪→ディズニー・舞浜の新幹線【往復】料金を格安にする!

大阪から新幹線・JRでディズニーへ行くには、東京駅で在来線で最寄駅の舞浜へ。
この間の所要時間は、利用する新幹線によって大きく変わります。
のぞみ利用で約3時間10分、ひかり約3時間40分、こだま約4時間40分。

料金は、のぞみ指定席14,660円、ひかり・こだま14,350円、自由席13,830円。
そして、この新幹線+JRの料金は、いくつかの方法で安くなります

その中でも、大阪-ディズニーの新幹線料金が最も安くなるのは

 

新幹線往復+宿泊なら安いのはこれ!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線+宿泊を同時に予約する新幹線ホテルパック
新大阪-ディズニーで利用すると1人約7,500円、2人で約15,000円お得
「のぞみ」利用時の片道料金約10,900円は、この区間の最安値
「こだま」での往復はさらに安く、実質の片道料金は約8,800円
ネット予約した新幹線チケットは自宅に届くので、駅での購入は不要。
3日前まで予約できますが、お得なプランは早めに完売します。

ここでは、新大阪-舞浜(ディズニー)の指定席・自由席・グリーン車料金を全て紹介!
この区間の、正規料金から割引きっぷまで全ての料金がわかります!

 

新大阪-ディズニー・舞浜の新幹線料金(指定席・自由席)

新大阪-舞浜(ディズニー)の新幹線+JRの通常料金(乗車券+特急券)は、

14,660円 のぞみ指定席

14,350円 ひかり・こだま指定席

13,830円 自由席

この新大阪-舞浜の正規料金は、以下の方法で安くなります。

14,470円 スマートEXのぞみ
14,160円 スマートEXひかり・こだま
13,830円 回数券
約13,720円 東京ディズニーリゾート往復きっぷ
13,590円 エクスプレス予約
12,860円 学割のぞみ指定席
12,560円 EXのぞみファミリー早特
12,550円 学割ひかり・こだま指定席
12,030円 学割自由席
11,980円 学割+e特急券
11,220円 EX早特21
約10,900円 新幹線ホテルパックのぞみ
10,720円 ぷらっとこだま(繁忙期12,220円)
10,120円 EXこだまファミリー早特
約8,800円 新幹線ホテルパックこだま

※全て通常期の料金で、通常きっぷ・スマートEX・学割の指定席料金は繁忙期・閑散期に変わります。

では、新大阪-舞浜の新幹線・JR料金について、それぞれ詳しくご紹介しましょう!

(14,660円)通常料金

新大阪からディズニー最寄駅「舞浜」までの料金は、列車・座席によって違います。
新幹線が「のぞみ」指定席なら14,660円、「ひかり・こだま」指定席は14,350円。
そして、指定席の料金は、繁忙期は+200円、閑散期は-200円と変わります。
自由席の場合、全列車料金は同じ13,830円で、年間通して変わることはありません。
これが、駅の窓口や券売機で購入する、新幹線+JRの片道きっぷの正規料金です。

(14,470円)スマートEX

東海道・山陽新幹線をネットで予約できる年会費無料の「スマートEX」。
スマートEXで指定席を予約すると、新幹線は通常料金より片道200円安くなります。
しかし、利用できるのは新幹線区間のみなので、在来線は別途220円の料金が発生。
在来線との合計料金は、のぞみ指定席14,470円、ひかり・こだま指定席14,160円。
そして、この指定席の料金は、繁忙期は+200円、閑散期-200円。
自由席の場合、チケットは購入できますが、通常きっぷより高くなってしまいます。
なお、新大阪-東京間の新幹線は「早特」を利用すると安くなります。

スマートEXについて詳しく

(約13,720円)東京ディズニーリゾート往復きっぷ

往復新幹線・JRと入場予約券がセットの「東京ディズニーリゾート往復きっぷ」。
新幹線は普通車指定席、入場予約券は1デーパスポートなら合計で34,840円。
入場券分を引いた実質の片道料金は13,720円で、子ども・学生の設定もあります。
駅の窓口等で購入できますが、年末年始・GW・お盆は利用できません。

東京ディズニーリゾート往復きっぷ(公式)

(13,830円)回数券

大阪-東京は、新幹線で普通車指定席用の「回数券」を利用することができます。
回数券を使って新幹線に乗り、舞浜まで行って乗り越し精算をすると13,830円。
回数券の有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用不可。
金券ショップでは1枚から購入できますが、販売価格は大して安くはありません。

回数券について詳しく

(13,590円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引料金で予約することができる「エクスプレス予約」。
年会費が1,080円かかりますが、新幹線料金は安く、1往復で元が取れます。
利用できるのは新幹線の区間のみで、舞浜までの在来線料金が別途220円必要です。
新大阪-東京は、指定席・自由席とも13,370円なので、在来線との合計は13,590円。
この新幹線の料金は、年末年始・GW・お盆も同じで、当日予約でも同額です。
なお、新大阪-東京の新幹線料金は「早特」を利用すると安くなります。

エクスプレス予約について詳しく

(12,860円)学割

片道101キロ以上の新大阪-舞浜では、学生は「学割」の利用が可能です。
学校で学割証を発行してもらい、新幹線・JRの切符を購入すると乗車券が2割引。
学割利用で、のぞみ指定席12,860円、ひかり・こだま12,550円、自由席は12,030円。
指定席料金は繁忙期・閑散期で変わりますが、学割は年間通して割引になります。
また、エクスプレス予約会員は「e特急券」+学割で、指定席も11,980円です。

学割について詳しく

(12,560円)EXのぞみファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる「EXのぞみファミリー早特」。
土休日のみ、2人以上での利用が条件で、「のぞみ」に安く乗ることができます。
利用できるのは新幹線区間で、新大阪-東京は指定席が12,340円。
在来線の料金を加算すると、新大阪-舞浜は12,560円です。
3日前までの予約が必要で、年末年始・GW・お盆は利用できません。

EXのぞみファミリー早特について詳しく

(11,220円)EX早特21

同じくエクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる「EX早特21」。
安くなるのは朝6時台・11時~15時台出発の「のぞみ」指定席のみ。
利用できるのは新幹線区間のみで、新大阪-東京は指定席が11,000円。
在来線の料金を加算しても、新大阪-舞浜は11,220円と安いです。
ただし、21日前までの予約が必要で、年末年始・GW・お盆は利用できません。

EX早特21について詳しく

(10,720円)ぷらっとこだま

東海道新幹線「こだま」限定で料金が安くなる「ぷらっとこだま」。
利用できるのは新幹線区間で、新大阪-東京は通常期10,500円、繁忙期12,000円。
在来線との合計料金は、通常期10,720円、繁忙期12,220円。
当日には購入できず、店頭で前日まで、ネットで5日前までの購入が必要です。
予約後の変更ができず、乗り遅れても後続列車の自由席にも乗れません。

ぷらっとこだまについて詳しく

(10,120円)EXこだまファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる「EXこだまファミリー早特」。
2人以上での利用が条件で、「こだま」の料金は「ぷらっとこだま」よりお得!
利用できるのは新幹線区間で、新大阪-東京は指定席が9,900円。
在来線の料金を加算すると、新大阪-舞浜は10,120円とお得です。
3日前までの予約が必要で、年末年始・GW・お盆は利用できません。

EXこだまファミリー早特について詳しく

(約8,800円~10,900円)新幹線ホテルパック

往復の新幹線とホテルを同時にネット予約すると安い新幹線ホテルパック
新幹線パックを利用すれば、ディズニーへの往復+宿泊の合計料金は最安値
例えば、大阪から土日1泊2日で、往復+1泊1人35,800円というパックがあります。
新幹線は往復「のぞみ」指定席、宿泊はディズニー周辺の1人1泊14,000円のホテル。
このパック料金から宿泊費を引くと、片道料金は実質10,900円と格安です!
そして、こだま往復のパックはさらに安く31,600円なので、片道料金は実質8,800円
新幹線パックなら、「のぞみ」往復でも1人7,520円、2人で15,040円安くなります

この格安パックは⇒ 日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

「のぞみ」指定席料金を格安にするには?

大阪からディズニーへ行く新幹線・JRの料金は、いくつかの方法で安くなります。
しかし、片道料金が安い「ぷらっとこだま・EXこだまファミリー早特」はいずれも「こだま」限定なので、片道4時間40分かかります。

大阪からは約3時間10分で到着し、本数も多い「のぞみ」の利用がおすすめです!
しかし、簡単に安くならないのが「のぞみ」指定席の料金です。

それでも、いくつかの方法で「のぞみ」指定席の新幹線料金は安くなります。
最も安いのは「EX早特21」ですが、列車の時間が限定され往復の利用には不便です。

次に安いのは「EXのぞみファミリー早特」で、土休日に利用すればお得!
エクスプレス予約かスマートEXの会員が1人いれば、6人分まで購入できます。

そして、往復+宿泊の旅行なら、それ以上に新幹線ホテルパックが格安!
もし、のぞみ通常きっぷで往復し1泊14,000円で泊まると、合計43,320円かかります。
しかし、新幹線パックなら、これが往復+1泊で1人35,800円。
新幹線パックを利用すると、1人7,520円、2人なら合計15,040円お得です!

 

このように、片道料金だけでなく、往復+1泊の合計で比較してみると…

新大阪-舞浜の往復+1泊(14,000円)の合計料金を比較!

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
のぞみ通常料金 43,320円  なし
スマートEXひかり 42,320円 ▲1,000円
エクスプレス予約 41,180円 ▲2,140円
EXのぞみファミリー早特 39,120円 ▲4,200円
学割自由席 38,060円 ▲5,260円
EX早特21 36,440円 ▲6,880円
新幹線パック(のぞみ) 35,800円 7,520円
ぷらっとこだま 35,440円 ▲7,880円
EXこだまファミリー早特 34,240円 ▲9,080円
新幹線パック(こだま) 31,600円 ▲11,720円

新大阪からディズニーの新幹線往復+1泊14,000円の合計料金を比較しました。
「のぞみ」でも「こだま」でも、宿泊するなら新幹線ホテルパックが一番安いです。

 

おすすめの格安新幹線パック

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

大阪-ディズニーで使うと、1人約7,500円、2人で15,000円お得
ネットで予約した新幹線チケットは出発前に自宅に届きます。
列車の選択肢も多く、のぞみ・ひかり・こだまも選択可。
3日前まで予約できますが、お得なプランは早く完売します。

大阪-ディズニーの新幹線・JRについて詳しく(Q&A)

新幹線を予約する方法は?

エクスプレス予約・スマートEXの2つ。

新大阪-東京で新幹線が予約できるのは、エクスプレス予約とスマートEX。
年会費が1,080円かかりますが、エクスプレス予約の方が料金は安いです。
そして、スマートEXは年会費無料ですが、指定席が200円しか安くなりません。
スマートEXは会員登録すればすぐに新幹線の予約は可能ですが、エクスプレス予約は予約開始までに日にちがかかります。
なお、どちらも予約は新幹線区間のみで、在来線チケットは購入できません。

 

新幹線で使える「早割」は?

5つの「早割」を使うことができます。

新大阪-東京で使える「早割」は基本的に5つ。

  • EX早特21:のぞみ指定席、朝6時台と11~15時台出発限定
  • EXのぞみファミリー早特:のぞみ指定席・グリーン車、2人以上・土休日限定
  • EXグリーン早特:グリーン車のみ、朝6時台のぞみ・終日ひかり
  • EXこだまファミリー早特:こだま指定席・グリーン車、2人以上
  • EXこだまグリーン早特:こだまグリーン車のみ

利用できるのはエクスプレス予約・スマートEX会員のみ。
「EX早特21」のみ21日前、それ以外は3日前まで予約できます。

基本的に年末年始・GW・お盆は利用できません。

 

そして、ぷらっとこだま新幹線ホテルパックも早めの予約が必要ですが料金は安くなります

 

自由席の料金は安くなる?

学割などで安くなります。

まず、学割で乗車券が2割引になり、自由席通常料金13,830円が12,030円に。
そして、エクスプレス予約でも自由席に安く乗れますが、指定席も同じ料金です。
なお、往復+宿泊する方は、自由席より新幹線ホテルパック指定席に乗った方が安いです。

 

金券ショップの新幹線格安チケットは安い?

片道500円くらい安くなります。

金券ショップでは通常料金より安い「新幹線格安チケット」が販売されています。
この新幹線格安チケットは、回数券を1枚単位で販売しているもので、1枚13,800円前後でしょう。
在来線と合わせれば14,000円くらいなので、通常料金より少しは安くなります。
ただし、回数券は年末年始・GW・お盆は使えません。

 

日帰りで格安にディズニーまで往復するには?

東京行き「日帰りツアー」で安くなります。

大阪からディズニーへ日帰りで行くなら、東京行きの日帰りツアーが安いです。
【例】新大阪発⇒日帰り「東京ブックマークプラン」は、往復「のぞみ」で18,600円。
早朝6~7時台に出発する列車で行き、20時以降発の列車で帰れるので、日帰りのディズニーも格安に行くことができます!
大阪⇒東京往復日帰りの格安ツアーを探す(日本旅行)

 

大阪-ディズニーの子供料金と家族旅行費用

子ども連れのディズニー旅行では、子供料金や家族での旅行費用も気になります。
そこで、大阪-ディズニー(舞浜)の子供料金と家族旅行費用についてご紹介します。

まずは、新幹線・JRの子供料金から確認しましょう。

子供料金

新大阪-舞浜の新幹線・JRの子供料金(乗車券+特急券)は、(グリーン車除く)

7,330円 のぞみ指定席

7,170円 ひかり・こだま指定席

6,910円 自由席

そして、この子供料金も、いくつかの方法で安くなります。

7,310円 ぷらっとこだま
7,230円 スマートEXのぞみ
7,070円 スマートEXひかり・こだま
6,790円 エクスプレス予約
6,270円 EXのぞみファミリー早特
5,850円 新幹線ホテルパックのぞみ
5,060円 EXこだまファミリー早特
約4,650円 新幹線ホテルパックこだま

全て通常期の料金で、通常きっぷ・スマートEXなど指定席料金は繁忙期には+100円、閑散期には-100円。

新幹線・JRの子供料金は、基本的には大人の半額で、対象は小学生。
乳幼児の場合、自由席は無料ですが、指定席で座ると子供料金です。

そして、大阪からディズニーへの往復料金は、エクスプレス予約・スマートEXの早特・新幹線ホテルパックなどで安くなります。

家族旅行費用を格安にする!

大阪から家族でディズニーへ、新幹線で旅行に行くといくらかかるのか?
例として、大人2人・子ども2人の片道料金と、往復+1泊(1人9,500円)の合計料金を比較します。

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
のぞみ通常料金 43,980円 125,960円
エクスプレス予約 40,760円 119,520円
EXのぞみファミリー早特 37,660円 113,320円
ぷらっとこだま 36,060円 110,120円
自由席(幼児1人) 34,570円 107,140円
新幹線パック(のぞみ) 約32,700円 103,400円
EXこだまファミリー早特 30,360円 98,720円
新幹線パック(こだま) 約26,400円 90,800円

大阪からディズニーへの家族旅行も、宿泊するなら新幹線ホテルパックが最も格安!
もし、子どもの内1人が幼児だった場合、幼児は自由席に乗ると無料です。
しかし、子どもが幼児でも、自由席に乗るより、往復+宿泊するなら新幹線ホテルパックで指定席に乗った方が安くなります

「のぞみ」の新幹線パックなら、通常きっぷで往復するより4人で22,560円お得です!

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

新大阪-舞浜(ディズニー)のグリーン車料金

新大阪-舞浜の新幹線グリーン車+JRの通常料金は、

19,440円 のぞみ

19,130円 ひかり・こだま

このグリーン車料金も、いくつかの方法で安くなります。(学割除く)

19,240円 スマートEXのぞみ
19,060円 回数券
18,940円 スマートEXひかり・こだま
18,360円 エクスプレス予約(EX予約サービス)
14,620円 EXのぞみファミリー早特
14,620円 EXグリーン早特
12,900円 新幹線ホテルパックのぞみ
12,620円 ぷらっとこだま(繁忙期13,720円)
11,420円 EXこだまグリーン早特
11,120円 EXこだまファミリー早特

以上が、新大阪-舞浜の新幹線グリーン車・JRで使える割引きっぷです。

「のぞみ」グリーン車料金を安くするには?

新大阪-東京では、新幹線のグリーン車料金はいくつかの方法で安くなります。
特に「ぷらっとこだま」と「EXこだまファミリー早特EXこだまグリーン早特」は安いです。
しかし、これらの片道料金が安くなるのは全て「こだま」です。

それよりも、1時間以上早く到着する「のぞみ」に乗りたいものです。
「のぞみ」のグリーン車には、「EXのぞみファミリー早特」と「EXグリーン早特」で安く乗ることができます。

しかし、往復+宿泊するなら、それ以上に安いのが新幹線ホテルパック
1泊14,000円のホテルに泊まるパックは、「のぞみ」往復で1人39,800円。
この時のグリーン車片道料金は、実質12,900円と「のぞみ」の最安値です!

東京ブックマークならグリーン車も格安!

ディズニー周辺のホテルに泊まるプランよりも、「トーキョーブックマーク」プランを利用すると、グリーン車料金も格安
このプランで、東京都内のホテルで宿泊し、往復にグリーン車を利用するとお得です。
例えば、ディズニーまで無料送迎バスがあるホテルでも、往復+1泊で1人29,600円。
ここからホテルの1泊料金8,400円を引くと、グリーン車料金は実質10,600円と格安!

⇒格安なトーキョーブックマークプランを探す