東京・品川-姫路の新幹線【往復】料金を格安にする!

東京・品川-姫路は東海道・山陽新幹線「のぞみ・ひかり」で移動します。
東京-姫路間の距離は644.3キロ。
所要時間は「のぞみ」で約3時間、「ひかり」で約3時間40分。

料金は、「のぞみ」指定席16,160円、「ひかり」15,640円、自由席15,120円
この料金は、いくつかの方法で安くすることができます。

その中でも、東京-姫路の新幹線に最も格安に乗れるのが…

 

往復+宿泊するならこれが格安!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

東京・品川-姫路で利用すると、1人約9,600円、2人で19,000円以上お得
往復+宿泊の合計料金を比較すると、これが最も格安!
東京-姫路の新幹線料金は、実質
ネット予約した新幹線チケットは自宅に届くので、切符の購入は不要。
3日前まで予約できますが、お得なプランは早めの予約を!

 

ここでは、東京・品川-姫路の指定席・自由席・グリーン車料金を全て紹介。
正規料金から割引きっぷまで、どれを利用すると格安なのかがわかります。

 

東京・品川-姫路の新幹線料金(指定席・自由席)

東京-姫路の通常きっぷ(乗車券+特急券)料金は、

16,160円 のぞみ指定席

15,640円 ひかり指定席

15,120円 自由席

これが東京・品川-姫路の通常期の正規料金です。
この料金は、いくつかの方法で格安にすることができます。

15,960円 スマートEXのぞみ
15,440円 スマートEXひかり
15,170円 往復割引のぞみ指定席
14,970円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ
14,970円 回数券(6枚89,820円)
14,920円 エクスプレス予約
14,650円 往復割引ひかり指定席
14,450円 スマートEXサービス(往復割引)ひかり
14,190円 学割のぞみ指定席
14,130円 往復割引自由席
13,730円 エクスプレス予約EX予約サービス(往復割引)
13,670円 学割ひかり指定席
13,400円 学割往復割引のぞみ指定席
13,150円 学割自由席
12,880円 学割往復割引ひかり指定席
12,360円 学割往復割引自由席
12,160円 学割往復割引e特急券
10,700円 新幹線ホテルパック

以上、全て通常期の料金ですが、スマートEX・学割・往復割引など、指定席の料金は繁忙期・閑散期に変動します。

では、通常料金と、東京・品川-姫路で使える格安な方法をそれぞれ解説します。

(16,160円)通常料金

東京・品川-姫路の指定席通常きっぷ料金は、「のぞみ」と「ひかり」で違います。
「のぞみ」指定席は16,160円、「ひかり」指定席は15,640円。
この指定席料金は、繁忙期には+200円、閑散期には-200円。
自由席は「のぞみ・ひかり」共通で15,120円、時期による変動もありません。
これが駅の窓口や券売機で片道きっぷを購入した時の料金です。

(15,960円)スマートEX

東海道・山陽新幹線はスマートEXで座席を予約することができます。
年会費は無料で、通常予約(スマートEXサービス)は通常きっぷの200円引き。
東京・品川-姫路は、「のぞみ」15,690円、「ひかり」15,440円。
スマートEXの料金も、繁忙期・閑散期には変動します。
そして、往復分を購入すると往復割引が適用される「スマートEXサービス(往復割引)」なら、「のぞみ」14,970円、「ひかり」14,450円。
なお、自由席のチケットも購入できますが、割引にはなりません。

スマートEXについて詳しく

(15,170円)往復割引

片道601キロ以上の東京・品川-姫路では、往復割引が使えます。
往復分の乗車券を同時に購入すると、往復割引で乗車券は1割引。
東京・品川-姫路の往復割引適用後の料金は、「のぞみ」15,170円、「ひかり」14,650円、自由席14,130円。
当日、切符を購入しても割引になり、年末年始・GW・お盆も利用可。
ただし、指定席の料金は繁忙期・閑散期に変動します。
また、学生は学割と同時に利用するとお得です。

往復割引について詳しく

(14,970円)回数券

東京-姫路では、普通車指定席の回数券を利用することができます。
回数券は6枚1セットで89,820円なので、1枚の料金は14,970円。
有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用不可。
回数券は金券ショップへ行くと1枚で購入できますが、価格は回数券より少し高く15,100円くらいでしょう。

回数券について詳しく

(14,920円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引価格で予約できるエクスプレス予約。
年会費1,080円がかかりますが、新幹線料金は年間通してお得。
東京・品川-姫路は通常予約(EX予約サービス)で14,920円。
往復分を購入する「EX予約サービス(往復割引)」なら13,730円。
指定席・自由席共通で、時期による料金変動もありません。
当日の乗車直前に予約しても、この料金で新幹線に乗れます。
なお、東京-姫路には、これより安くなる「早特」がありません。

エクスプレス予約について詳しく

(14,190円)学割

片道101キロ以上の東京・品川-姫路では、学生は学割も利用できます。
学割証を持って切符を購入すると、乗車券は2割引。
学割利用時の東京・品川-姫路の料金は、「のぞみ」14,190円、「ひかり」13,670円、自由席は13,150円。
さらに、往復分の乗車券を同時に購入すると、往復割引も適用されます。
学割・往復割引で「のぞみ」指定席13,400円、「ひかり」12,880円、自由席12,360円。
そして、エクスプレス予約会員の方は「e特急券」を購入し、乗車券は学割・往復割引を利用すると12,160円まで安くなります。

学割について詳しく

(約10,700円)新幹線ホテルパック

往復新幹線と宿泊を同時予約すると格安な新幹線ホテルパック
東京⇒姫路行きパックで、1泊2日1人26,500円というパックがあります。
このパックで利用するのは「のぞみ・ひかり」指定席と、1泊5,100円のホテル。
パック料金から宿泊費を引いた実質の片道料金は10,700円と格安!
新幹線パックを使うと、東京-姫路の新幹線に最も格安に乗ることができます。

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

「のぞみ・ひかり」指定席に格安に乗るには?

東京・品川-姫路は「のぞみ」または「ひかり」で移動します。
姫路駅に停車する「のぞみ」「ひかり」は1時間に各1本ずつ。
料金は「ひかり」が多少安いですが、早いのは「のぞみ」です。

ご紹介した通り、東京・品川-姫路では、いくつかの方法で新幹線に格安に乗ることができます。
その中でも、学割を除いて、片道料金が最も安くなるのはエクスプレス予約「EX予約サービス(往復割引)」の13,730円。
これで、片道2,430円、往復4,860円安くなります。

しかし、エクスプレス予約・スマートEXに「早特」がない東京・品川-姫路の料金は、これ以上には安くなりません

ところが、往復+宿泊する場合、新幹線ホテルパックを利用すると格安!
例えば、通常きっぷで往復し5,100円で1泊すると、往復+1泊で37,420円かかります。
しかし、これを新幹線パックで予約すると、往復+1泊の料金は26,500円。
パックで予約するだけで、1人10,920円、2人なら21,840円お得

このように、片道料金だけでなく、往復+宿泊の合計料金で比較すると…

東京-姫路の往復+1泊(5,100円)の比較

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
のぞみ通常料金 37,420円  なし
往復割引のぞみ指定席 35,440円 ▲1,980円
エクスプレス予約 34,940円 ▲2,480円
スマートEX往復割引ひかり 34,000円 ▲3,420円
EX予約サービス(往復割引) 32,560円 ▲4,860円
学割+往復割引のぞみ 31,900円 ▲5,520円
新幹線ホテルパック 26,500円 10,920円

東京-姫路で新幹線往復+1泊5,100円の合計料金を比較しました。
往復+宿泊の合計を比較すると、新幹線ホテルパックが格別に安いです!

 

おすすめの格安新幹線パック

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

東京-姫路では1人約10,000円、2人で20,000円以上お得
往復+宿泊するなら、これを利用するのが最も安いです。
3日前までの予約で、新幹線チケットは自宅に届きます。

東京発日本旅行(⇒姫路行き)新幹線+宿泊の格安プランを探す

姫路発日本旅行(⇒東京行き)新幹線+宿泊の格安プランを探す

東京-姫路の新幹線について詳しく(Q&A)

東京-姫路の新幹線について、予約方法や早割・新幹線格安チケットについても、整理して詳しくご紹介します!

東京-姫路での新幹線予約方法は?

エクスプレス予約・スマートEXで予約できます。

東海道・山陽新幹線はいくつかの方法で予約ができます。
特に、エクスプレス予約・スマートEXは料金も割引になります。
この他に、えきねっと・e5489でも予約はできますが、割引にはならず、チケットの受取りも不便です。

エクスプレス予約は、料金は安いですが、年会費1,080円が必要。
そして、登録後、列車の予約開始までに時間がかかります。

それに対して、スマートEXは年会費が無料。
交通系ICカードとクレジットカードがあれば、登録後すぐに列車の予約が可能です。
参考エクスプレス予約とスマートEXを比較!これから使うならどちら?

 

東京-姫路に「早割」はある?

早割の片道きっぷはありません。

東京から新大阪や広島への往復には、エクスプレス予約・スマートEXで「早特」を利用すると安くなります。
しかし、この「早特」が東京-姫路にはありません。
東京-姫路で、早く予約して安くなるのは新幹線ホテルパックのみ。
これが最も格安です!

 

金券ショップの格安チケットは安い?

東京-姫路では1枚15,100円前後でしょう。

金券ショップでは新幹線格安チケットを購入することができます。
この格安チケットは元は回数券で、セットではなく1枚で購入可能。
料金は回数券より少し高いくらいですが、東京-姫路は回数券が14,970円なので、金券ショップでは15,100円くらいでしょう。

 

自由席は安くなる?

学割・往復割引などで安くなります。

自由席が安くなるのは学割・往復割引の他、回数券・エクスプレス予約など。
回数券とエクスプレス予約は、座席を指定しなければ自由席にも乗れますが、料金は指定席と同額です。
自由席が無料になる乳幼児同伴の場合以外にはあまりメリットはありません。

 

東京・品川-姫路の子供料金と家族旅行費用

次に、東京・品川-姫路の子供料金と、家族旅行の費用をご紹介しましょう!
子供料金と家族旅行費用はどうすれば安くなるのか?
まずは、子供料金の確認から。

東京-姫路の子供料金

東京・品川-姫路の通常きっぷ(乗車券+特急券)の子供料金は、(グリーン車除く)

8,070円 のぞみ指定席

7,810円 ひかり指定席

7,550円 自由席

この東京・品川-姫路の子供料金もいくつかの方法で安くなります。

7,970円 スマートEXのぞみ指定席
7,710円 スマートEXひかり指定席
7,570円 往復割引のぞみ指定席
7,470円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ
7,450円 エクスプレス予約
7,310円 往復割引ひかり指定席
7,210円 スマートEXサービス(往復割引)ひかり
7,050円 往復割引自由席
6,860円 エクスプレス予約EX予約サービス(往復割引)
5,500円 新幹線ホテルパック

子供料金の対象は小学生で、料金は大人の半額が基本です。
乳幼児の場合、自由席は無料、指定席は座席を確保すれば子供料金。

そして、東京-姫路の子供料金が安くなるのは、往復割引・スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックなど。
エクスプレス予約・スマートEXには「早特」がなく、子供料金もこの区間ではこれ以上安くはなりません。

しかし、家族で往復+宿泊する旅行は、新幹線ホテルパックを使うと格安です!

家族旅行の費用を格安にする!

東京-姫路では、大人も子ども新幹線料金は大幅には安くなりません。
しかし、往復+宿泊する旅行なら、新幹線ホテルパックで格安!

大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人4,100円×3)の合計料金を比較してみましょう!

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
のぞみ通常料金 40,390円 93,080円
往復割引のぞみ指定席 37,910円 88,120円
エクスプレス予約 37,290円 86,880円
スマートEX往復割引ひかり 36,110円 84,520円
EX予約サービス(往復割引) 34,320円 80,940円
往復割引自由席(幼児) 28,260円 68,820円
新幹線ホテルパック 約26,550円 65,400円

子どもが幼児の場合、自由席に乗ると無料です。
大人2人・幼児1人なら、自由席でかかるのは大人料金のみ。

しかし、子どもが幼児でも、自由席に乗るより新幹線ホテルパックで指定席に乗った方が安いです!

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

東京・品川-姫路のグリーン車料金

東京・品川-姫路のグリーン車通常きっぷ料金は、

22,120円 のぞみグリーン車

21,600円 ひかりグリーン車

これが東京・品川-姫路のグリーン車の正規料金です。
この料金もいくつかの方法で安くなります。

21,920円 スマートEXのぞみ
21,400円 スマートEXひかり

21,130円 往復割引のぞみ
20,920円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ
20,610円 往復割引ひかり
20,400円 スマートEXサービス(往復割引)ひかり

20,880円 エクスプレス予約(EX予約サービス)

19,690円 エクスプレス予約EX予約サービス(往復割引)

14,050円 新幹線ホテルパック

以上が、東京・品川-姫路のグリーン車正規料金と、この区間の格安な方法です。

グリーン車に格安に乗るには?

東京・品川-姫路のグリーン車料金が安くなるのは、学割を除けば、往復割引・スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックです。

まず、スマートEXで安くなるのは、片道で200円、往復400円。
スマートEXサービス(往復割引)でも、往復割引乗車券より200円安いのみ。

往復割引は乗車券が1割引になり、東京-姫路では片道990円、往復1,980円の割引。
エクスプレス予約で「スマートEXサービス(往復割引)」を使っても、「ひかり」でも片道1,810円、往復3,620円しか安くなりません。

ところが、往復+宿泊するなら、グリーン車も新幹線ホテルパックが格安
例えば、1泊6,800円のホテルに泊まるパック料金は、往復+1泊で34,900円。
ここから宿泊費を引いた実質の片道料金は14,050円と格安です!

グリーン車にも「早特」がない東京・品川-姫路では、宿泊する方はこれを利用するとグリーン車にも格安に乗ることができます。

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

東京-姫路の新幹線基本情報

東京-姫路の新幹線について、距離・所要時間などのデータと、空席状況・時刻表などを簡単に調べることができるサイトをご紹介します!

距離・所要時間と停車駅

東京-姫路の営業キロ数は644.3キロ。
片道101キロ以上なので、学割は利用可。
片道601キロ以上なので、往復割引も利用できます。(学生は同時利用可)

所要時間は列車によって違い、東京-姫路は、

のぞみ:約3時間
ひかり:約3時間40分

東京-姫路間の「のぞみ」停車駅は、品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪・新神戸。
姫路駅に停車する「のぞみ」は少なく、東京との直通列車は1時間におよそ1本。

東京-姫路を直通で移動できる「ひかり」は、上りは東京行き、下りは岡山行き(一部広島行き)。
「のぞみ」停車駅以外に、小田原・三島・静岡・浜松・豊橋の駅と、西明石に停車。
停車駅が多いため「のぞみ」より所要時間がかかります。

時刻表と始発・終電

東京駅の時刻表 品川駅の時刻表 姫路駅の時刻表
東京・品川駅と姫路駅の時刻表を確認することができます。

東京発:始発6:00、最終20:50
品川発:始発6:00、最終20:57
姫路発:始発6:00、最終20:33

空席情報

JRサイバーステーション空席案内
このサイトで空席の有無を確認することができます。