新大阪→ハウステンボスの新幹線【往復】料金を格安にする!

大阪からハウステンボスは、博多で新幹線と特急「ハウステンボス」を乗り継ぎます。
この区間の距離は731.3キロで、所要時間は「のぞみ」利用で約4時間30分。

料金は、のぞみ・みずほ指定席18,450円、さくら18,130円、全て自由席なら17,070円。
そして、この新幹線+特急の料金はいくつかの方法で安くなります

そのうち、新大阪-ハウステンボスで新幹線・JRに最も格安に乗れるのは

 

往復+宿泊の最安値はこれ!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」プラン

 

往復新幹線とホテルを同時に予約する新幹線ホテルパック。
新大阪-ハウステンボスの指定席片道料金は、実質約9,300円~12,900円
通常きっぷでの往復より、1人約11,100円~18,300円お得!
「のぞみ+特急」往復+宿泊の合計料金は、最も格安になります!
ネット予約した新幹線チケットは自宅へ届くので、きっぷの購入は不要。
3日前までの予約できますが、お得なプランは早く完売します。

この新幹線パックは、Go To トラベルキャンペーンの割引対象です!
新幹線とホテルの両方が割引になるので、別で予約するよりお得です。

 

ここでは、新大阪-ハウステンボスの指定席・自由席・グリーン車料金を一覧で紹介。
新幹線+JRの正規料金から、この区間の割引きっぷまで全ての料金がわかります。

 

新大阪-ハウステンボスの新幹線料金(指定席・自由席)

新大阪-ハウステンボスの料金は、新幹線・特急の列車・座席によって変わります。

この区間の新幹線+JR通常きっぷ(乗車券+特急券)料金は、

18,450円 のぞみ・みずほ指定席
18,130円 さくら指定席

17,070円 自由席

これが正規料金ですが、いくつかの割引きっぷで格安になります。

18,370円 スマートEX(往復割引)のぞみ・みずほ
18,050円 スマートEX(往復割引)さくら
17,440円 エクスプレス予約+指定席
17,360円 往復割引のぞみ・みずほ指定席
17,040円 往復割引さくら指定席
16,270円 学割のぞみ・みずほ指定席
16,260円 EX予約サービス(往復割引)+指定席
16,090円 回数券+2枚きっぷ
15,980円 往復割引自由席
15,950円 学割さくら指定席
15,950円 EX早特(平日)+指定席
15,810円 eきっぷ+乗車券
15,400円 学割+往復割引のぞみ・みずほ指定席
15,150円 EX早特(土休日)+指定席
15,080円 学割+往復割引さくら指定席
14,890円 学割自由席
14,720円 eきっぷ+往復割引
14,020円 学割+往復割引自由席
13,630円 学割+eきっぷ
13,010円 スーパー早特きっぷ+在来線
12,900円 新幹線ホテルパック(のぞみ2人)
12,760円 学割+往復割引+eきっぷ
11,550円 バリ得こだま・ひかり+指定席

9,300円 新幹線ホテルパック(限定のぞみ2人)

以上、全て通常期の料金で、指定席の通常きっぷ・往復割引・学割などの料金は、繁忙期・閑散期に変わります。

では、新大阪-ハウステンボスの通常きっぷと、格安な方法について解説します!

(18,450円)通常料金

新大阪-ハウステンボスは、博多で新幹線と特急「ハウステンボス」を乗り継ぎます。
通常料金は、のぞみ・みずほ指定席+特急指定席で18,450円、ひかり・こだま・さくら指定席なら18,130円、全て自由席なら17,070円。
そして、指定席を利用した料金は、繁忙期は+200円、閑散期は-200円です。
これが、駅の窓口や券売機で片道切符を購入した時の通常料金です。
なお、特急は自由席を利用すると、指定席より530円安くなります。

(18,370円)スマートEX

東海道・山陽新幹線をネットで予約できる「スマートEX」。
片道の通常予約では安くなりませんが、往復分を予約する「スマートEXサービス(往復割引)」を利用するとお得です。
新幹線は往復割引乗車券を利用するよりも、片道200円の割引。
新大阪-ハウステンボスの新幹線+特急料金は、のぞみ・みずほ18,370円、ひかり・こだま・さくら18,050円。
また、新幹線区間は「EX早特」を利用すると安いです。

スマートEXについて詳しく

(17,440円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引価格でネット予約できるエクスプレス予約
利用できるのは新幹線区間のみで、新大阪-博多は指定席・自由席とも13,490円。
これに特急の料金を加算すると、指定席17,440円、自由席は16,910円です。
そして、往復分を予約する「EX予約サービス往復割引」は新大阪-博多はで12,310円。
在来線の料金を加算すると、在来線指定席16,260円、自由席は15,730円です。
なお、新大阪-博多では「EX早特」を利用すると、新幹線料金は安くなります。

エクスプレス予約について詳しく

(17,360円)往復割引

片道601キロ以上の新大阪-ハウステンボスは、往復割引が適用されます。
往復分の乗車券を同時に購入すれば、往復割引で乗車券が1割引に。
往復割引を利用した料金は、のぞみ・みずほ指定席17,360円、ひかり・こだま・さくら指定席17,040円、全て自由席なら15,980円です。
指定席の料金は繁忙期・閑散期で変わりますが、一年中利用が可能。
当日に切符を購入しても安くなり、学割とは同時に使えます。

往復割引について詳しく

(16,270円)学割

片道101キロ以上の新大阪-ハウステンボスでは、学割も利用できます。
学割証を学校で発行してもらい、窓口で切符を購入すると乗車券が2割引。
新幹線・特急とも指定席なら、のぞみ・みずほ16,270円、さくら15,950円。
特急が自由席なら530円安くなり、全て自由席なら14,890円です。
さらに、この区間では、往復分の乗車券を購入すると、往復割引も適用されます。
往復割引+学割で、全て指定席なら、のぞみ15,400円、ひかり・こだま15,080円、全て自由席なら14,020円です。
また、J-WESTカード会員またはJQカード会員は「eきっぷ」と、学割・往復割引で乗車券を購入すると、さらに安くなります。

学割について詳しく

(16,090円)回数券+2枚きっぷ

新大阪-博多では普通車指定席用の回数券を、博多-ハウステンボスでは「2枚きっぷ」を利用することができます。
新幹線の回数券は1枚13,520円、2枚きっぷは指定席1枚2,570円の合計16,090円。
新幹線の回数券は、有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用不可。
「2枚きっぷ」は通年で利用が可能で、当日の購入も可能です。

回数券について詳しく

(15,150円・15,950円)EX早特

エクスプレス予約・スマートEXの会員の方は「EX早特」を利用しても安いです。
利用できるのは新幹線区間(新大阪-博多)のみで、3日前までの予約が必要。
新幹線は「EX早特」で乗ると、平日12,000円、土休日が11,200円。
在来線の料金を加算すると、指定席なら平日15,950円、土休日15,150円です。
なお、在来線特急が自由席なら、指定席より530円安くなります。

EX早特について詳しく

(15,810円)eきっぷ

JR西日本のe5489とJR九州インターネット列車予約で購入できる「eきっぷ」。
ネット限定の割引特急券で、乗車券と併せて利用します。
新大阪-ハウステンボスで利用すると、乗車券との合計は15,810円。
そして、往復割引乗車券と同時に利用すると、片道料金は14,720円。
ただし、これが購入できるのはJ-WESTカード会員とJQ CARD会員のみです。

eきっぷについて詳しく

(13,100円)スーパー早特きっぷ

新大阪-佐世保で使えるネット限定の早割「スーパー早特きっぷ」。
購入できるのはe5489またはJR九州インターネット列車予約で、購入期間は乗車日の1ヶ月前から14日前までです。
新大阪-佐世保は12,730円で、佐世保-ハウステンボスは在来線利用で合計13,100円。
新幹線・特急とも指定席を利用することができます。
予約後の変更はできず、乗り遅れても後続列車の自由席にも乗れません。

スーパー早特きっぷについて詳しく

(11,550円)バリ得こだま・ひかり

「こだま」と一部「ひかり」限定で安くなる「バリ得こだま・ひかり」。
チケットはネットで出発3日前まで購入することができます。
利用できるのは新幹線区間で、新大阪-博多の料金は片道7,600円。
特急ハウステンボスとの合計料金は、特急指定席なら11,550円、自由席11,020円。
料金は安いですが、新幹線だけで「こだま」は片道約4時間20分かかります。

バリ得こだまについて詳しく

(約9,300円~12,900円)新幹線ホテルパック

往復新幹線とホテルを同時に予約すると安い新幹線ホテルパック
新幹線パックを使った時、新大阪-ハウステンボスの料金は最安値
例えば、大阪発1泊2日で、2名1室で1人33,300円というパックがあります。
このパック料金から、宿泊費7,500円を引いた片道料金は実質12,900円
そして、限定列車のパックを利用すると、さらに安く1人26,100円。
ここから宿泊料金を引くと、「のぞみ+特急」の片道料金は実質9,300円と格安です!

この格安パックは ⇒日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

 

新幹線「のぞみ」+特急に格安に乗るには?

大阪からハウステンボスへは、新大阪-博多は「のぞみ」で約2時間30分。
博多から特急「ハウステンボス」で約2時間なので、所要時間は約4時間30分。

この「のぞみ+特急ハウステンボス」の片道料金は、学割を除くと、エクスプレス予約・eきっぷ・往復割引・早割などで安くなります。
まず、片道料金が最も安いのは「スーパー早特きっぷ」ですが、佐世保から在来線への乗継ぎが必要です。
新幹線は安くなりますが、予約期限は14日前まで。

次に安いのは「eきっぷ+往復割引」ですが、「eきっぷ」はJ-WESTカード会員・JQ CARD会員限定。
次に安い「EX早特」はスマートEX・エクスプレス予約会員なら購入できます。

そして、往復+宿泊するなら、それ以上に安いのが新幹線ホテルパック
もし、通常きっぷで往復し1泊7,500円で泊まると、1人44,400円かかります。
ところが、2人1室で新幹線パックで予約すると、往復+1泊で1人33,300円。
通常料金の往復時と比較すると、1人11,100円、2人なら合計22,200円お得です!

さらに、列車が限定された新幹線パックは安く、のぞみ利用で1人26,100円。
この時の片道料金は9,300円と抜群に安く、1人18,300円、2人なら合計36,600円お得です!

 

このように、片道ではなく「往復+宿泊」で料金を比較すると…

新大阪-ハウステンボス往復+1泊(7,500円)料金の比較

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
のぞみ+特急指定席 44,400円 なし
往復割引 のぞみ指定席 42,220円 ▲2,180円
EX早特(土休日)+指定席 37,800円 ▲6,600円
eきっぷ+往復割引 36,940円 ▲7,460円
学割+往復割引自由席 35,550円 ▲8,860円
スーパー早特きっぷ 33,520円 ▲10,880円
新幹線パック(2人) 33,300円 11,100円
バリ得こだま 30,600円 ▲13,800円
新幹線パック(限定列車) 26,100円 18,300円

新大阪-ハウステンボスの往復+1泊7,500円の合計料金を比較しました。
2人以上で往復+宿泊するなら、最も安いのは新幹線ホテルパックです。

 

おすすめの格安新幹線パック

 

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

新大阪-ハウステンボスでは、1人約11,100円~18,300円お得
往復+宿泊の合計で比較すると、他のチケットよりも安いです。
実質の新幹線・特急の片道料金約9,300円~12,900円は、この区間の最安値
3日前までの予約で、新幹線チケットは自宅に届きます。

この新幹線パックは、Go To トラベルキャンペーンの割引対象です!
新幹線とホテルの両方が割引になるので、別で予約するよりお得です。

 

大阪-ハウステンボスの新幹線・JRについて詳しく

新大阪-ハウステンボスで使える「早割」は?

2つのチケットと新幹線パックの事前予約がお得です!

まず、新大阪-佐世保で「スーパー早特きっぷ」が使えます。
また、新幹線区間は「EX早特」を利用すると安くなります
そして、宿泊するなら、3日前までに新幹線ホテルパックを予約するとお得です!

それぞれの予約期限と料金です。

14日前:スーパー早特きっぷ(13,010円)
3日前:EX早特(平日15,950円、土休日15,150円)
3日前:新幹線ホテルパック(実質9,300円~12,900円)

 

新幹線を予約する方法は?

e5489かJR九州インターネット列車予約で予約できます。

どちらも、基本的には年会費無料で新幹線・特急の予約が可能です。
そして、割引きっぷを利用しないで予約すれば、料金は通常料金です。
会員登録すれば「スーパー早特きっぷ」も購入可能。
そして、J-WESTカード会員とJQ CARD会員は「eきっぷ」も利用できます。
なお、エクスプレス予約・スマートEXで予約できるのは、新幹線のみです。

 

金券ショップで格安チケットは買える?

新幹線区間は購入可能です。

金券ショップで販売されている格安チケットは、基本的には回数券です。
回数券があるのは新幹線区間のみで、金券ショップでも新幹線のチケットは購入できます。

 

自由席は安くなる?

往復割引・学割・eきっぷなどで安くなります。

自由席は通常料金は指定席より安いですが、割引きっぷは少ないです。

それでも、いくつかの方法で安くなります。
まず、往復割引なら乗車券が1割引、学割なら乗車券は2割引になります。
学生は往復割引・学割を同時に使うと、両方の割引が適用されます。
また、「eきっぷ」でも自由席は安くなりますが、料金は指定席と同じです。

 

新大阪-ハウステンボスの子供料金と家族旅行費用

家族で新幹線に乗る時には、子供料金や家族旅行費用も気になります。
そこで、次に、新大阪-ハウステンボスの子供料金と家族旅行費用についてご紹介します。

子供料金

新大阪-ハウステンボスの新幹線・JR特急の通常きっぷ子供料金は、

9,220円 のぞみ・みずほ指定席

9,060円 ひかり・こだま・さくら指定席

8,530円 自由席

以上が、新大阪-ハウステンボスの子供料金です。(グリーン車除く)
そして、この子供料金も以下の方法で安くなります。

9,170円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ・みずほ
9,010円 スマートEXサービス(往復割引)さくら
8,710円 エクスプレス予約+指定席
8,670円 往復割引のぞみ・みずほ指定席
8,510円 往復割引ひかり・こだま・さくら指定席
7,980円 往復割引自由席
7,900円 eきっぷ+乗車券
7,350円 eきっぷ+往復割引
8,120円 EX予約サービス(往復割引)+指定席
7,970円 EX早特(平日)+指定席
7,570円 EX早特(土休日)+指定席
6,500円 新幹線ホテルパック(のぞみ)
5,370円 スーパー早特きっぷ
5,770円 バリ得こだま・ひかり
4,700円 新幹線ホテルパック(限定のぞみ)

新幹線・JRの子供料金は、基本的に大人料金の半額で、対象は小学生。
乳幼児の場合、自由席は無料ですが、指定席で座席を確保すると子供料金です。

家族旅行費用を格安にする!

名古屋からハウステンボスへ、家族で新幹線旅行に行くと費用は?
例として、大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人7,800円×3)の合計料金を比較します。

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
のぞみ+特急指定席 46,120円 115,640円
往復割引 のぞみ指定席 43,390円 110,180円
EX予約サービス往復割引+指定席 40,640円 104,680円
EX早特(土休日)+指定席 37,870円 99,140円
往復割引自由席(幼児) 31,960円 87,320円
スーパー早特きっぷ+在来線 31,390円 86,180円
新幹線パック(限定のぞみ) 23,100円 69,600円

子どもが幼児なら自由席は無料なので、必要な新幹線料金は大人分のみ。
しかし、幼児と一緒に自由席に乗るより、新幹線パックで家族全員で指定席に乗った方が安いです!

なお、限定「のぞみ」の新幹線パックは、通常きっぷの往復より3人で合計46,040円お得です

日本旅行「新幹線+宿泊」プランで料金をチェックする

 

新大阪-ハウステンボスのグリーン車料金

新大阪-ハウステンボスの新幹線・JRのグリーン車通常きっぷの料金は、

25,590円 のぞみ・みずほグリーン車

25,270円 ひかり・さくらグリーン車

これが新幹線+特急「ハウステンボス」グリーン車の正規料金です。(学割除く)
この料金も、いくつかの方法で安くすることができます。

25,510円 スマートEXサービス(往復割引)のぞみ・みずほ
25,170円 スマートEXサービス(往復割引)ひかり・さくら
24,500円 往復割引のぞみ・みずほ
24,180円 往復割引ひかり・さくら
23,910円 エクスプレス予約+グリーン車
22,730円 EX予約サービス(往復割引)+グリーン車
22,710円 eきっぷ+乗車券
21,620円 eきっぷ+往復割引
20,690円 EX早特(平日)+グリーン車
19,890円 EX早特(土休日)+グリーン車

新大阪-ハウステンボスのグリーン車料金も、以上のような方法で安くなります。

この区間でグリーン車が安くなるのは、往復割引・eきっぷと、山陽新幹線でエクスプレス予約・EX早特。
この中でも、新幹線でエクスプレス予約・スマートEXの「EX早特」を利用し、特急「ハウステンボス」のチケットを別で購入すると安いです。