東京・品川-新大阪の新幹線【往復】料金を格安にする!

東京・品川-新大阪を新幹線で格安に往復したい方へ!

ここでは、指定席・自由席・グリーン車の通常料金から割引きっぷまで全て紹介!
東京・品川-新大阪で、新幹線に格安に乗る方法がわかります

東京-新大阪の指定席料金は、のぞみ指定席14,450円、ひかり・こだま14,140円。
この料金は、いくつかの方法で安くすることができます。

 

その中でも、東京・品川-新大阪で格安に「のぞみ」に乗れるのは、

 

「のぞみ」往復+宿泊はこれが格安!

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルを同時予約すると格安な新幹線ホテルパック。
東京-大阪で利用すると1人約9,000円、2人なら約19,000円お得
実質の新幹線料金「のぞみ」片道9,500円はこの区間の最安値!
3日前までの予約で、新幹線チケットは自宅に届きます。
往復+宿泊する方は、これを利用するのが最も安いです!

 

東京・品川-新大阪の新幹線料金(指定席・自由席)

東京-大阪の所要時間は、のぞみ約2時間30分、ひかり3時間、こだま約4時間。
圧倒的に本数が多く到着も早い「のぞみ」を利用するのが便利です。

東京発着と品川発着の料金は同じですが、列車によって料金が違います。

東京・品川-新大阪の通常きっぷ(乗車券+特急券)料金は、

14,450円 のぞみ指定席

14,140円 ひかり・こだま指定席

13,620円 自由席

この東京・品川-京都の正規料金は、以下の方法で安くなります。

14,250円 スマートEXのぞみ
13,940円 スマートEXひかり・こだま
13,690円 回数券(6枚82,140円)
13,370円 エクスプレス予約(EX予約サービス)
12,700円 学割のぞみ指定席
12,390円 学割ひかり・こだま指定席
12,340円 EXのぞみファミリー早特
11,870円 学割自由席
11,820円 学割e特急券
11,000円 EX早特21
10,500円 ぷらっとこだま(繁忙期12,000円)
9,900円 EXこだまファミリー早特
約9,500円 新幹線ホテルパックのぞみ
約7,900円 新幹線ホテルパックこだま

※全て通常期の料金で、通常きっぷ・スマートEX・学割の指定席料金は繁忙期・閑散期に変動します。

では、東京・品川-新大阪の通常料金と、格安な方法について解説!

(14,450円)通常料金

東京・品川-新大阪の通常料金は、のぞみ指定席14,450円、ひかり・こだま14,140円。
この通常期の料金は、繁忙期には+200円、閑散期には-200円。
自由席は全列車共通の13,620円で、時期による料金の変動はありません。
これが駅の窓口や券売機で購入する切符の料金です。
参考新幹線の通常期・繁忙期・閑散期はいつ?料金は?

(14,250円)スマートEX

東海道・山陽新幹線をネットで簡単に予約できるスマートEX
年会費は無料ですが、通常予約(スマートEXサービス)は片道200円引き。
東京・品川-新大阪の料金は、のぞみ指定席14,250円、ひかり・こだま13,940円。
そして、指定席料金は繁忙期には+200円、閑散期には-200円の変動があります。
自由席のチケットも購入できますが、割引はなく全列車13,620円です。
そして、東京-大阪に3つある「早特」を利用すると、さらに料金は安くなります。

スマートEXについて詳しく

(13,690円)回数券

東京・品川-新大阪では普通車指定席用の回数券を購入することもできます。
回数券は6枚1セットでの販売で、1枚あたりの料金は13,690円。
「のぞみ」でも利用でき、片道760円、往復1,520円お得。
回数券の有効期間は3ヶ月で、年末年始・GW・お盆は利用不可。
金券ショップへ行くと1枚単位で購入できますが、料金は多少アップします。

回数券について詳しく

(13,370円)エクスプレス予約

東海道・山陽新幹線を割引価格でネット予約できる会員制のエクスプレス予約
年会費が1,080円かかりますが、料金は年間通して安いです。
通常予約(EX予約サービス)で東京・品川-新大阪は13,370円。
指定席・自由席共通で、列車による差額もなく、時期による変動もありません。
年末年始でも、乗車当日の直前予約でも料金は同じ。
そして、東京-大阪では3つの「早特」でさらに安くなります。

エクスプレス予約について詳しく

(12,700円)学割

片道101キロ以上の距離がある東京・品川-新大阪では、学割の利用も可能。
学割の対象は中学生以上の学生で、学校で学割証を発行してもらいます。
そして、学割証を持って切符を購入すれば、学割で乗車券は2割引。
学割利用時の東京-新大阪の料金は、のぞみ指定席12,700円、ひかり・こだま指定席12,390円、自由席は11,870円。
繁忙期・閑散期に指定席料金は変動しますが、年末年始・GW・お盆も利用可。
そして、エクスプレス予約会員なら「e特急券」と学割を使うと11,820円です。

学割について詳しく

(12,340円)EXのぞみファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEX会員のみ購入できる「EXのぞみファミリー早特」。
利用できるのは土休日限定で、2人以上での予約が条件。
東京・品川-新大阪の料金は12,340円なので、片道2,110円、往復4,220円お得。
「のぞみ」指定席・グリーン車で利用でき、空席があれば予約は3日前まで。
子供料金もあり家族旅行にも使えますが、年末年始・GW・お盆は利用できません。

EXのぞみファミリー早特について詳しく

(11,000円)EX早特21

エクスプレス予約・スマートEX会員限定で購入できる「EX早特21」。
東京・品川-新大阪の「のぞみ」片道料金は11,000円と最も安いです。
ただし、予約期限は21日前で、朝6時台と11~15時台出発の列車限定。
利用できるのは、この時間帯の「のぞみ」指定席のみ。
子供料金やグリーン車の設定もなく、年末年始・GW・お盆は利用不可。

EX早特21について詳しく

(10,500円)ぷらっとこだま

東海道新幹線の「こだま」限定の格安なチケット「ぷらっとこだま」。
東京・品川-新大阪の料金は「こだま」指定席で通常期10,500円。
繁忙期(年末年始・GW・お盆など)には料金が変わり12,000円。
JR東海ツアーズ等の店頭で前日まで、ネットで5日前までの購入が必要です。
「ぷらっとこだま」の料金は格安で購入しやすいですが、指定した列車・座席以外には乗れず、途中駅での乗降車もできません。

ぷらっとこだまについて詳しく

(9,900円)EXこだまファミリー早特

エクスプレス予約・スマートEX会員限定の「EXこだまファミリー早特」。
2人以上での購入が条件ですが、平日・土休日とも利用できます。
予約・購入はエクスプレス予約・スマートEXから3日前まで。
「こだま」限定ですが、東京-新大阪の片道料金では最も安い9,900円。
子供料金・グリーン車の設定もありますが、年末年始・GW・お盆は利用不可。

EXこだまファミリー早特について詳しく

(約7,900円~9,500円)新幹線ホテルパック

往復新幹線と宿泊を同時に予約すると安い新幹線ホテルパック。
これを利用した時、東京・品川-新大阪の新幹線料金は最安値
例えば、東京発⇒大阪行きで往復+1泊1人24,300円というパックがあります。
このパックで泊まるホテルは1泊5,300円で、往復の列車は「のぞみ」指定席。
パック料金からこの宿泊費を引くと、実質の「のぞみ」片道料金は9,500円
そして、「こだま」を利用するパックはさらに安く往復+1泊21,100円なので、この時の片道料金は実質7,900円と格安です!

この格安パックは⇒ 日本旅行『新幹線&宿泊』セットプラン

 

「のぞみ」に格安に乗るには?

東京-新大阪は「のぞみ」なら約2時間30分、各駅停車の「こだま」は約4時間。
「こだま」は1時間に2本しか運行がなく、列車の本数が圧倒的に多いのは「のぞみ」。

何とか「のぞみ」に格安に乗る方法を探したいところですが、片道料金が安い「EXこだまファミリー早特」「ぷらっとこだま」は「こだま」限定…。

「のぞみ」の片道料金が安いのは「EX早特21」の11,000円。
しかし、21日前までの予約が必要で、列車の時間帯も限定されます。
次に安いのは「EXのぞみファミリー早特」の12,340円。
しかし、これも土休日のみ、2人以上での利用が条件で、平日や1人利用は不可。

この2つ以外に安いのはエクスプレス予約・回数券などですが、差額は片道1,000円程度。
東京・品川-新大阪では「のぞみ」の料金がなかなか安くなりません。

ところが、往復+宿泊する方は、新幹線ホテルパックなら「のぞみ」も格安!
例えば、通常きっぷで往復し5,300円で泊まると、往復+1泊34,200円かかります。
しかし、これを新幹線パックで予約すると、往復+1泊で24,300円。
当然、往復で利用するのは「のぞみ」の指定席。
新幹線パックで予約するだけで、1人9,900円、2人なら19,800円お得
パック料金から宿泊費を除いた実質の片道料金9,500円は東京-大阪の最安値。
この料金は「EXこだまファミリー早特」「ぷらっとこだま」より安いです。

 

新幹線料金だけでなく、往復+1泊の合計で比較してみると…

東京-京都の往復+1泊(5,300円)の合計を比較!

往復方法 往復+1泊の合計 通常料金との差額
のぞみ通常料金 34,200円  なし
スマートEXひかり指定席 33,180円 ▲1,020円
エクスプレス予約 32,040円 ▲2,160円
学割自由席 29,040円 ▲3,920円
EXのぞみファミリー早特 29,980円 ▲4,220円
EX早特21 27,300円 ▲6,220円
ぷらっとこだま 26,300円 ▲7,220円
EXこだまファミリー早特 25,100円 ▲8,220円
新幹線パック(のぞみ) 24,300円 7,320円
新幹線パック(こだま) 21,100円 11,420円

東京-大阪で、新幹線往復+1泊5,300円の合計料金を比較しました。
宿泊するなら、「のぞみ」も「こだま」も最も安いのは新幹線ホテルパックです!

 

おすすめの格安新幹線パック

 

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線とホテルを同時予約するだけで、料金は格安!
東京-大阪で利用すると、1人約9,000円、2人で19,000円以上お得
ネットで予約した新幹線チケットは出発前に自宅に届きます。
列車の選択肢も多く、のぞみ・ひかり・こだまの選択が可能。
3日前まで予約できますが、お得なプランは早く完売します。

 

東京・品川-新大阪の新幹線について詳しく(Q&A)

東京・品川-新大阪の指定席・自由席料金についてご紹介しました。
これをもう少し整理して、早割や金券ショップの格安チケット、予約方法のどについても詳しくご紹介しましょう。

東京-大阪で新幹線を予約する方法は?

エクスプレス予約・スマートEXで予約できます。

東海道新幹線はエクスプレス予約とスマートEXで予約することができます。
どちらも、会員登録すれば、ネットで指定席の座席予約が可能。
エクスプレス予約は、年会費が1,080円かかりますが、料金は一年中安いです。
東京-大阪は、年末年始などいつ予約しても13,370円と片道1,080円お得。
ただし、会員登録後すぐに列車の予約をすることができません。
これに対してスマートEXは年会費無料で、登録後すぐに列車の予約が可能。
クレジットカードと交通系ICカードを登録するだけで、簡単に予約ができます。
ただし、通常予約料金は片道200円しか安くなりません。
参考エクスプレス予約とスマートEXを比較!これから使うならどちら?

 

東京・品川-新大阪に「早割」はある?

エクスプレス予約・スマートEXで、5つの「早特」が利用できます。

  • EX早特21:のぞみ指定席、朝6時台と11~15時台出発限定
  • EXのぞみファミリー早特:のぞみ指定席・グリーン車、2人以上・土休日限定
  • EXグリーン早特:グリーン車のみ、朝6時台のぞみ・終日ひかり
  • EXこだまファミリー早特:こだま指定席・グリーン車、2人以上
  • EXこだまグリーン早特:こだまグリーン車のみ

この5つが購入できるのは、エクスプレス予約・スマートEX会員のみ。
購入期限は「EX早特21」のみ21日前、その他は3日前まで。
「のぞみ」普通車指定席で使えるのは「EX早特21・EXのぞみファミリー早特」の2つ。
それぞれ利用条件等が違い、年末年始・GW・お盆は利用できません。

 

そして、これ以外に、「ぷらっとこだま」はネットで5日前まで予約OK。

宿泊する方は、新幹線ホテルパックを3日前までに予約すると安いです!

 

「ひかり・こだま」が格安な方法は?

「EXこだまファミリー早特」「ぷらっとこだま」で「こだま」は安くなります。

東京-大阪で「こだま」が安いのは、9,900円の「EXこだまファミリー早特」と10,500円の「ぷらっとこだま」。
1人で新幹線に乗る時は「ぷらっとこだま」、2人以上なら「EXこだまファミリー早特」が安いです。
そして、往復+宿泊で「こだま」に乗るなら、それ以上に新幹線ホテルパックが安いです。
「ひかり」の指定席が安くなる方法は少なく、学割やエクスプレス予約で安くなりますが、エクスプレス予約の料金は「のぞみ」と同額です。
なお、新幹線ホテルパックで「ひかり」の選択もできますが、料金は「のぞみ」と同じです。

 

金券ショップの格安チケットはいくら?

東京・品川-新大阪では13,800円くらいでしょう。

東京都内や大阪市内の金券ショップへ行くと、新幹線格安チケットを購入することができます。
この格安チケットは、基本的に回数券がほとんどで1枚単位での販売。
料金は回数券より少し高いくらいが一般的で、東京-大阪の回数券は1枚13,690円なので、金券ショップでは13,800円くらいでしょう。
なお、有効期間は回数券と同じで、年末年始・GW・お盆にも利用できません。

 

日帰りで格安に往復するには?

「日帰りツアー」を利用すると安いです!

東京-新大阪は「こだま」なら往復8時間かかりますが、「のぞみ」なら約5時間。
日帰りで往復できない時間ではありません。
「のぞみ」の片道料金が安いのは「EX早特21」で、往復22,000円。
しかし、列車の時間帯が朝6時台と11~15時台出発限定なので無理があります。
土休日で2人以上なら「EXのぞみファミリー早特」で片道12,340円、往復24,680円。

 

そして、これ以上に日帰りツアーは格安です!
東京発⇒大阪行き、大阪発⇒東京行きとも、「のぞみ」往復で21,000円台!
基本的に、行きの新幹線は早朝、帰りは夕方~夜出発。
日帰りでの往復はツアーがお得です!
日帰りツアー【日本旅行】日帰りの格安ツアーを探す

 

自由席は安くなる?

自由席は「学割」などで安くなります。

指定席より通常料金は安い自由席ですが、安くなる方法は少ないです。
東京-大阪では学割で自由席も安くなります。
学割なら乗車券が2割引になり、通常料金13,620円が11,870円になります。

それ以外に、エクスプレス予約でも自由席に安く乗ることはできます。
しかし、指定席と同額なので、自由席が無料の乳幼児と一緒の場合以外はあまりメリットはありません。

 

東京-大阪の子供料金と家族旅行費用

東京-大阪で、家族で新幹線に乗る時には、子供料金や家族旅行の費用も気になります。
そこで、東京・品川-新大阪の子供料金と家族旅行費用を考えてみましょう。
まずは、子供料金の確認から!

東京・品川-新大阪の子供料金

東京・品川-新大阪の通常きっぷ子供料金は、(グリーン車除く)

7,220円 のぞみ指定席

7,060円 ひかり・こだま指定席

6,800円 自由席

この東京・品川-新大阪の子供料金も、いくつかの方法で安くなります。

7,200円 ぷらっとこだま
7,020円 スマートEXのぞみ
6,860円 スマートEXひかり・こだま
6,680円 エクスプレス予約
6,160円 EXのぞみファミリー早特
4,950円 EXこだまファミリー早特
4,950円
 新幹線ホテルパックのぞみ
4,150円 新幹線ホテルパックこだま

全て通常期の料金ですが、通常きっぷ・スマートEXなど指定席料金は繁忙期には+100円、閑散期には-100円。

子供料金について解説

新幹線の子供料金は、基本的に大人料金の半額で、対象は小学生
小学生未満の子どもは、自由席に乗ると無料。
指定席は座席を確保して座ると子供料金がかかります。

東京・品川-新大阪で子供料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・新幹線ホテルパックの3つ。
「ぷらっとこだま」も子供料金はありますが、通常料金より140円高いです。

スマートEXで子供料金が安くなるのは片道100円。
エクスプレス予約で安くなるのは、片道540円、往復1,080円。
そして、2つの「早特」(EXのぞみファミリー早特・EXこだまファミリー早特)を利用すると、子供料金も安くすることができます。

しかし、往復+宿泊する家族旅行は新幹線ホテルパックの方が格安です!

家族旅行費用を格安にする!

家族で新幹線旅行に行く時には、全体の旅行費用を考えなければなりません。
そこで、東京-大阪の大人2人・子ども1人の片道料金と、往復+1泊(1人4,000円×3)の合計料金を比較します!

往復方法 大人2・子ども1片道 往復+1泊合計
のぞみ通常料金 36,120円 84,240円
スマートEXひかり指定 34,740円 81,480円
エクスプレス予約 33,420円 78,840円
EXのぞみファミリー早特 30,840円 73,680円
ぷらっとこだま 28,200円 68,400円
自由席(幼児) 27,240円 66,480円
EXこだまファミリー早特 24,750円 61,500円
新幹線パック(のぞみ) 約24,350円 60,700円
新幹線パック(こだま) 約20,350円 52,700円

東京-大阪で往復+1泊料金を比較すると、家族旅行も安いのは新幹線ホテルパック。
子どもが幼児なら自由席に乗ると無料ですが、自由席よりも新幹線ホテルパックで指定席に乗った方が安いです!

通常きっぷで往復+宿泊した合計料金(84,240円)と比較すると、「のぞみ」のパックで3人で23,540円お得、「こだま」パックで31,540円お得です!
子どもが小さい家族なら、時間がかからない「のぞみ」パックがおすすめ!

この格安パックは⇒ 日本旅行『新幹線&宿泊』セットプラン

 

東京・品川-新大阪のグリーン車料金

東京・品川-新大阪のグリーン車通常きっぷの料金は、

19,230円 のぞみ

18,920円 ひかり・こだま

このグリーン車料金も、いくつかの方法で安くすることができます。(学割除く)

19,030円 スマートEXのぞみ
18,920円 回数券(6枚113,520円)
18,720円 スマートEXひかり・こだま
18,140円 エクスプレス予約(EX予約サービス)
14,400円 EXのぞみファミリー早特
14,400円 EXグリーン早特
12,000円 ぷらっとこだま(繁忙期13,500円)
約11,900円
 新幹線ホテルパックのぞみ
11,200円 EXこだまグリーン早特
10,900円 EXこだまファミリー早特
約9,400円 新幹線ホテルパックこだま

以上が、東京・品川-新大阪のグリーン車で使える割引きっぷです。

グリーン車に格安に乗るには?

東京・品川-新大阪で、グリーン車料金が安くなるのは、スマートEX・エクスプレス予約・回数券・ぷらっとこだま・新幹線ホテルパック。

まず、回数券は「ひかり・こだま」と同額なので、「のぞみ」利用時のみお得。
スマートEXで安くなるのは、普通車と同じく片道200円。
エクスプレス予約でも、安くなるのは片道1,090円、往復2,180円のみ。

しかし、東京・品川-新大阪のグリーン車は「早特」で安くなります。
「のぞみ」が安くなるのは「EXのぞみファミリー早特」と「EXグリーン早特」。
3日前まで予約できますが、「EXグリーン早特」は朝6時台「のぞみ」と終日「ひかり」。
「EXのぞみファミリー早特」は2人以上で土休日、「EXグリーン早特」は1人・平日も利用可。

また、「こだま」が安くなるのは「EXこだまファミリー早特」と「EXこだまグリーン早特」。
どちらも3日前まで予約可能で、「EXこだまファミリー早特」は2人以上、「EXこだまグリーン早特」は1人でも利用できます。

そして、往復+宿泊するなら、グリーン車が安いのも新幹線ホテルパック
「のぞみ」グリーン車で往復し1泊5,300円のホテルで1泊するパックは29,100円。
ここから宿泊費を引くと、実質のグリーン車片道料金は11,900円と格安!

さらに、往復「こだま」利用のパックは安く1人24,100円。
この時の「こだま」グリーン車料金は実質9,400円で「早特」より安いです!

この格安パックは⇒ 日本旅行『新幹線&宿泊』セットプラン

 

東京・品川-新大阪の新幹線基本情報

東京・品川-新大阪の新幹線について、距離や所要時間、空席状況・時刻表などを簡単に調べることができるサイトをご紹介します!

距離・所要時間と停車駅

東京-新大阪の営業キロ数は556.4キロ。
片道101キロ以上なので、学割は利用可。
片道601キロに満たないため、往復割引は利用できません。

所要時間は列車によって違い、

のぞみ:約2時間30分
ひかり:約3時間

こだま:約4時間

東京-新大阪間の「のぞみ」停車駅は、品川・新横浜・名古屋・京都のみ。
「ひかり」は列車により、小田原・三島・静岡・浜松・豊橋・岐阜羽島・米原などに停車。
停車駅が多いため「のぞみ」より所要時間が若干かかります。
そして、「こだま」は各駅に停車し「のぞみ・ひかり」の通過を待ちます。

時刻表と始発・終電

東京駅の時刻表 品川駅の時刻表 新大阪駅の時刻表
東京・品川駅と新大阪駅の時刻表を確認することができます。

東京発:始発6:00、最終21:23
品川発:始発6:00、最終21:30
新大阪発:始発6:14、最終21:37

空席情報

JRサイバーステーション空席案内
このサイトで空席の有無を確認することができます。